戻る

東京駅100年の謎 近代建築の父・辰野金吾の暗号

まずはお試し

  • 2週間お試し体験
  • Web割キャンペーン 1,000円割引! ご好評につき延長!加入料0円

©BS朝日

1914年に開業した東京駅の設計者は、近代建築の父・辰野金吾。今回の丸の内駅舎保存復原工事の際、辰野が東京駅に仕掛けた謎のレリーフが復原された…8つしか揃わない十二支、そして豊臣秀吉のカブトなど。それらが導くものとは一体!? 東京、大阪、九州に残る明治、大正期の名建築を巡り、建物に秘められたロマンと謎に迫る。 案内役は東京大学工学部建築学科を卒業した菊川怜。

放送チャンネル

  • スカパー!
  • プレミアムサービス
  • プレミアムサービス光

12/19(金)後8:30~10:30
〔再放送〕12/20(土)後9:30~11:30

  • HD

12/19(金)後8:30~10:30
〔再放送〕12/20(土)後9:30~11:30

  • HD

12/19(金)後8:30~10:30
〔再放送〕12/20(土)後9:30~11:30