マンション向けサービスのしくみ

「マンション向けサービス(スカパーJSAT施設利用サービス)」は、受信拠点にて受信したスカパー!プレミアムサービス光(CSデジタル放送)/地上デジタル/BSデジタル/スカパー!/FMラジオの電気信号を光信号に変換して、光ファイバーで各集合住宅へ伝送します。

そして、集合住宅に設置されたV-ONU:回線終端装置(TV用)にて光信号を通常の電気信号に再変換し、同軸ケーブルで各ご家庭までお届けします。

 

全放送サービスに対応

従来、標準的なテレビ共聴システムである同軸ケーブル1本の方式(1軸方式)では、スカパー!プレミアムサービスの約半分のチャンネルしか受信できず、スカパー!を全チャンネル受信するには同軸ケーブルが2本、さらにスカパー!まで受信するには3本必要となり膨大なコストがかかっていました。

「マンション向けサービス(スカパーJSAT施設利用サービス)」なら、同軸ケーブル1本で全放送サービスに対応します。

※棟内設備が対応していることが前提となります。

 

このページの先頭へ

パススルー方式

「マンション向けサービス(スカパーJSAT施設利用サービス)」は、地上デジタル/BSデジタル/スカパー!/FMラジオは周波数を変えずに伝送します(パススルー方式)。したがって、お部屋のTV端子に市販の対応TVまたはチューナーを接続するだけで、地上デジタルやBSデジタルをご覧いただけます。

※「スカパー!プレミアムサービス光(CSデジタル放送)」は、「スカパー!プレミアムサービス光チューナー(レンタル)」でご覧いただけます。

 

このページの先頭へ

伝送方式

「マンション向けサービス(スカパーJSAT施設利用サービス)」は、IP放送(インターネット放送)とは違い、普通のテレビ受像機で見られる形式の放送を、光ファイバーを使って伝送するものです。

インターネット放送は、放送番組をIP方式(インターネットで流せる形式)に変換して送りますが、「マンション向けサービス(スカパーJSAT施設利用サービス)」は、一般家庭で受信している放送業界標準方式のままで伝送します。「マンション向けサービス(スカパーJSAT施設利用サービス)」は放送業界標準方式だからこそ、従来のテレビラジオ放送と同じように「放送」としてサービスを提供することができるわけです。

インターネット放送の場合、ユーザーのアクセスが集中すると通信速度が遅くなり、十分な画像・音声品質が得られない場合がありますが「マンション向けサービス(スカパーJSAT施設利用サービス)」は、インターネット放送では無いため、アクセスの集中による影響を受けることはまったくありません。

 

このページの先頭へ