1月◆舞台・ステージ

宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-(’10年星組・東京・千秋楽)

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/20(土) 02:00~03:00

歌舞伎のエッセンスを盛り込み格調高く華やかに繰り広げられる、宝塚ならではの日本物レビュー。'10年星組/東京・千秋楽/出演:松本悠里/柚希礼音、夢咲ねね 他(49分)

はじまりの時~新生宙組 真風涼帆~

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/20(土) 19:00~19:30

©宝塚歌劇団  ©宝塚クリエイティブアーツ

東京国際フォーラム公演『WEST SIDE STORY』が、お披露目公演となる宙組新トップスター・真風涼帆の姿を追った特別番組。

[初]舞台◆明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴~江戸川乱歩作「黒蜥蜴」より~

CS314 女性チャンネル♪LaLa TV(HD)

01/20(土) 23:00~01:00

©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ

時代を先の大戦後に移し、憂いを秘めた名探偵・明智小五郎と、洋装から和装へと変幻自在に姿を変える女賊・黒蜥蜴との愛の物語として展開。(花組・2007年・宝塚大劇場)

宝塚をどり('14年月組・宝塚 柚希礼音特別出演版)

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/21(日) 08:00~09:00

宝塚百年にちなんで百獣の王・獅子や、百花の王・牡丹などを題材にした日本物ショー。'14年月組/宝塚/出演:松本悠里/龍真咲、愛希れいか/柚希礼音 他(51分)

ふたりのビッグショー 石井好子・美輪明宏

CS314 女性チャンネル♪LaLa TV(HD)

01/21(日) 18:45~19:45

© NHK

日本を代表する二人のエンターテイナーが競演、そして共演する華やかで楽しいステージショー!

風の錦絵(’09年雪組・東京・千秋楽)

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/22(月) 00:00~00:45

(C)宝塚歌劇団  (C)宝塚クリエイティブアーツ

「風」のイメージを様々な角度から捉えた、伝統的な中にも新しい息吹を感じる日本物のショー。'09年雪組/東京・千秋楽/出演:轟悠、/水夏希、白羽ゆり 他(38分)

さくら-妖しいまでに美しいおまえ-(’07年星組・東京・千秋楽)

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/22(月) 02:00~03:00

(C)宝塚歌劇団  (C)宝塚クリエイティブアーツ

「桜花」、その妖しいまでに美しい世界の中で、愛、命を謳歌する人々の姿を描いた舞踊詩。'07年星組/東京・千秋楽/出演:安蘭けい、遠野あすか 他(48分)

雪華抄('17年花組・東京・千秋楽)

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/22(月) 08:30~09:30

(C)宝塚歌劇団  (C)宝塚クリエイティブアーツ

「花鳥風月」という日本ならではの風雅な趣をテーマに華麗に格調高く繰り広げる舞踊絵巻。'17年花組/東京・千秋楽/出演:松本悠里/明日海りお、花乃まりあ 他(49分)

金色の砂漠('17年花組・東京・千秋楽)

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/22(月) 09:30~12:00

(C)宝塚歌劇団  (C)宝塚クリエイティブアーツ

架空の古代世界を舞台に繰り広げられる、愛と憎しみが壮絶に交錯するオリジナル・ミュージカル。'17年花組/東京・千秋楽/出演:明日海りお、花乃まりあ 他(150分)

第54回『宝塚舞踊会』('17年・宝塚)

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/22(月) 23:30~03:00

(C)宝塚歌劇団  (C)宝塚クリエイティブアーツ

10月17日に開催された、第54回「宝塚舞踊会」。'17年/宝塚/出演:松本悠里、轟悠、珠城りょう、愛希れいか、望海風斗、真彩希帆、紅ゆずる、綺咲愛里 他(210分)

盲長屋梅加賀鳶~加賀鳶<TV初放送> 出演:松本幸四郎(現・松本白鸚 )

CS219 衛星劇場

01/23(火) 16:00~17:45

(C)松竹株式会社

河竹黙阿弥が江戸の人々を生き生きと描いた、世話物の名作。(平成28年11月 歌舞伎座) 2016年 92分 放送日:1・12・23

はじまりの時~新生宙組 真風涼帆~

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/23(火) 18:00~18:30

©宝塚歌劇団  ©宝塚クリエイティブアーツ

東京国際フォーラム公演『WEST SIDE STORY』が、お披露目公演となる宙組新トップスター・真風涼帆の姿を追った特別番組。

門出祝寿連獅子 出演:松本金太郎(現・市川染五郎)

CS219 衛星劇場

01/24(水) 17:15~18:00

(C)松竹株式会社

親子孫三代共演で四代目金太郎(現・染五郎)の初舞台を寿ぐ。(平成21年6月・歌舞伎座) 2009年 37分 放送日:2・11・24

はじまりの時~新生宙組 真風涼帆~

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/25(木) 13:30~14:00

©宝塚歌劇団  ©宝塚クリエイティブアーツ

東京国際フォーラム公演『WEST SIDE STORY』が、お披露目公演となる宙組新トップスター・真風涼帆の姿を追った特別番組。

特選歌舞伎 道行旅路の嫁入

CS219 衛星劇場

01/26(金) 17:30~18:15

(C)松竹株式会社

加古川本蔵の後妻の戸無瀬が大星由良之助の子息・力弥と許婚の約束を交わした娘の小浪を伴い、京都山科へ向う。途中、街道の向こうに嫁入り行列を見、本来なら華々しく嫁ぐ筈だった小浪の沈む心を戸無瀬は優しく思いやる…。道中、奴が現れ戸無瀬と小浪を気遣い滑稽な手踊りを踊り、これを見送った二人は再び山科へ足を早めるのだった。

舞台◆明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴~江戸川乱歩作「黒蜥蜴」より~

CS314 女性チャンネル♪LaLa TV(HD)

01/27(土) 01:15~03:15

©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ

江戸川乱歩作「黒蜥蜴」をミュージカル化。時代を先の大戦後に移し、憂いを秘めた名探偵・明智小五郎と、洋装から和装へと変幻自在に姿を変える女賊・黒蜥蜴との愛の物語として展開。宝塚歌劇ならではの結末へと進んでゆく。

雪華抄(東京・千秋楽)

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/28(日) 21:00~22:00

(C)宝塚歌劇団  (C)宝塚クリエイティブアーツ

宝塚歌劇団で日本最初のレビュー『モン・パリ』が上演されて90年。 20世紀初頭のパリで興った“レビュー”と、“日本舞踊”というわが国の文化が融合し、「日本物レビュー」が誕生した。 日本舞踊を洋楽で踊るという美しさ、豪華さ、格調高さ―。 宝塚歌劇が誇る「日本物レビュー」を、初春に一挙放送でお届け! 「花鳥風月」という日本ならではの風雅な趣をテーマに、華麗に格調高く繰り広げる舞踊絵巻。 華やかな初春に始まり、きらめく夏の波濤、秋の月、そして雪の華の舞う世界から桜花夢幻の春へ・・・。 日本の美しい四季を、絢爛豪華な場面で表現するレビュー作品。 「KEITA MARUYAMA」ブランドを展開するトップデザイナー・丸山敬太氏が衣装デザイン・監修を担当。 伝統的な宝塚歌劇の「日本物ショー」に新たな色彩を加えた。

金色の砂漠(東京・千秋楽)

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/28(日) 22:00~00:30

(C)宝塚歌劇団  (C)宝塚クリエイティブアーツ

架空の古代世界を舞台に繰り広げられる物語。 2017年の東京宝塚劇場幕開けを飾った作品の千秋楽公演が、オリジナル収録映像でいよいよ登場! この公演をもって宝塚歌劇団を退団した、前トップ娘役・花乃まりあ(かの まりあ)の「サヨナラショー付」でTV初放送。 古代世界の架空の国を舞台に、愛と憎しみが壮絶に交錯するオリジナル・ミュージカル。 奴隷として育てられた少年は、長じるにつれ美しい王女に心惹かれるようになる。 やがて王女に対する怒りにも似た愛が、王国をも飲み込む報復の嵐となってゆく・・・。

宝塚ジャポニズム~序破急~(’13年星組・東京・千秋楽)

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/29(月) 01:00~02:00

(C)宝塚歌劇団  (C)宝塚クリエイティブアーツ

日本の芸能の原点でもある能楽、その基礎である“序破急”をテーマにした日本物レビュー。「序」「破」「急」、それぞれが独立した世界観を持つ三部で構成された、新しい宝塚の日本物レビューのあり方を模索する意欲作。宝塚、東京に続き、宝塚歌劇初の台湾公演でも上演された。

はじまりの時~新生宙組真風涼帆~

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/29(月) 02:00~02:30

©宝塚歌劇団  ©宝塚クリエイティブアーツ

1月12日に初日を迎える宙組東京国際フォーラム公演『WEST SIDE STORY』で、宙組新トップスターに就任する真風涼帆(まかぜ すずほ)。 番組では真風涼帆のインタビューを中心に、お披露目公演が初日を迎えるまでの様子をお届けする。

第54回宝塚舞踊会

CS290 TAKARAZUKA SKY STAGE

01/29(月) 08:30~12:00

(C)宝塚歌劇団  (C)宝塚クリエイティブアーツ

タカラジェンヌが、日頃の日本舞踊の稽古の成果を発表する「宝塚舞踊会」。 昭和28年に第1回が開催されて以来、回を重ねられてきた伝統ある舞台。 2017年10月に開催された第54回が、早くもTV初放送。 第54回は『魁花絢爛競絵姿(さきがけてけんらんきそうはなのえすがた)』と題し、専科・月組・雪組・星組から総勢33名が出演した。 月組トップスター・珠城りょうは常磐津「三人形」を。 星組トップスター・紅ゆずると雪組トップスター・望海風斗は、二人で長唄「橋弁慶」に挑戦し、夫々に日頃の成果を披露した。 専科・轟悠は常磐津「箙源太」を妖艶に舞い、客席を魅了。 最後は宝塚らしく出演者全員による「フィナーレ」で幕を閉じた。

特選歌舞伎~高麗屋特集~ 彦山権現誓助剱~毛谷村

CS219 衛星劇場

01/29(月) 16:00~17:30

(C)松竹株式会社

吉岡一味斎の弟子、毛谷村の六助は、微塵弾正の「親孝行をしたい」という願いを聞き入れ、剣術の試合にわざと敗れる。ところがその後、一味斎の娘お園が現れ、自分が六助の許嫁であること、一味斎が京極内匠に暗殺されたことを語る。実は微塵弾正こそ一味斎の仇である京極内匠と知った六助は、仇討ちへと旅立つのだった…。

もっと見る

密着!シンガポールライブ!乃木坂46の挑戦が詰まったドキュメント番組を日本初テレビ独占放送!

第7回AKB48紅白対抗歌合戦 独占放送!メンバーの新しい魅力が発見できる、年に一度の特別なコンサートをお見逃しなく!

「なぜ日本のテレビは、スカパー!入りなのか?」堺議員出演スカパー!最新CMを公開中