SF、ホラー、バイオレンス…一点突破のエンタメ作品!ファンタスティック映画のキワドイ面白さ

SF、ホラー、バイオレンス…一点突破のエンタメ作品!ファンタスティック映画のキワドイ面白さ

「ファンタスティック映画コレクション2022」よりクセ強めなジャンル作品を紹介!(『スプートニク』)

  • ファンタスティック映画って何だ?

SF、ホラー、バイオレンス…一点突破のエンタメ作品!
ファンタスティック映画のキワドイ面白さ

2022/06/27 公開

アメリカをはじめ、アジア、北欧、中東など世界中から集められた15本の劇場未公開映画を特集した「ファンタスティック映画コレクション2022」が、7月4日(月)から31日(日)の期間にスターチャンネルで放送される。

ファンタスティック映画とは、ジャンルを問わず個性派エンターテインメント作品を集めた「面白ければ何でもあり」の映画祭として、ヨーロッパを中心に多くの国で賑わいを見せてきたファンタスティック映画祭によって定着した呼び名。スティーヴン・スピルバーグやジョージ・ミラー、デヴィッド・クローネンバーグ、ジェームズ・キャメロン、サム・ライミといった数多くの巨匠も、無名時代にファンタスティック映画祭で受賞を果たしてきた。日本でも1985年に東京国際ファンタスティック映画祭がスタート(現在は休止)し、1990年からはゆうばり国際ファンタスティック映画祭が開催されている。

悪魔崇拝者の女性3人組が行きずりの男性3人を監禁する『サモン・ザ・ダークネス』

そんなファンタスティック映画の魅力を、映画館主体で発信しているのが「劇場発信型映画祭」だ。個性的な編成で人気のあるミニシアターが独自に開催している映画祭がおもであり、日本では劇場公開されなかったクセの強い作品をセレクトした未公開系プログラムが注目を浴びている。

上映される作品は、題材やキャストが日本ではなじみがなかったり、コアな層に向けたニッチな作品だったり、一般向けに公開するにはあまりに内容が過激すぎるなど、様々な理由で劇場公開が見送られてきた。しかし、「日本におけるビジネス」視点で見れば、海外では話題を呼んだり大ヒットした作品も少なくなく、隠れた逸品に出会えたり、知られざる才能を発見できるなど、一般的な話題作とはまた違った喜びが味わえる。SFやホラー、アクション、バイオレンスなどジャンルに特化した一点突破のエンタメ作品も多いため、純粋に観ていて楽しい作品がそろっているのも人気が高い理由と言える。

15歳、思春期の少女の身に起きた奇妙な出来事を描く異色の青春ドラマ『ブルー・マインド』

そんな劇場発信型映画祭の楽しさを、自宅で味わえるのが今回の「ファンタスティック映画コレクション2022」。ラインナップされた作品の中からいくつかピックアップして紹介していきたい。

北極に潜伏していたナチス残党が、不死身のゾンビ兵を乗せたジェット戦闘機サメで世界を恐怖に陥れる『スカイ・シャーク』

肉食エイリアンと人類との戦いを描くSFホラーやガールズバンドのメンバーが改造されるバイオレンス

『スプートニク』(2020年)は、宇宙で謎の生物に寄生された宇宙飛行士が地球に帰還したことから始まる恐怖を描いたロシア製SFホラー。宇宙飛行士を宿主にした生物は、次々と人間を捕食していく―ロシア版「エイリアン」と呼ばれて欧米で話題を呼んだ本作は、不気味な捕食生物の優れたデザインや残酷描写だけでなく、陰影を強調した撮影など凝ったビジュアルも魅力の一つ。寄生された飛行士を診断する女性医師と生物の兵器利用を狙う軍部の対立など、スリリングな人間のドラマも楽しめる。

冷戦時代のソ連を舞台に、宇宙飛行士の体内に寄生して飛来した肉食宇宙人と人類との戦いを描くロシア発のSFホラー『スプートニク』

とびきりパンクなガールズバンド4人組が大暴れするカナダの近未来アクション『マシンガール DEAD OR ALIVE』(2020年)。ガールズバンドを組む4人がライブの直後に誘拐されたうえ、改造手術を施されて「マシンガール」になってしまう。体が武器になった4人はジャンクヤードの格闘場で過酷なデスマッチを強いられることに…。バイオレンスな血みどろバトルだけでなく、戦いの中で覚醒していく主人公の生き様も見どころだ。

誘拐されて体を武器に改造された女性たちが、服役中の凶悪犯との死闘を繰り広げる『マシンガール DEAD OR ALIVE』

『タイガーハンター 水滸外伝』(2020年)は、酒に目がない「水滸伝」の拳法の達人、武松の活躍を描く中国の武侠アクション。祖国を目指して旅をしていた武松が、中国北方の王朝の対立に巻き込まれ大活躍する話だ。獰猛な人喰いトラとの死闘などダイナミックなアクションはもちろん、お人好しな熱血漢の武松と、男勝りなヒロイン・三娘のコンビネーションにも注目したい。

中国のおなじみの古典文学「水滸伝」に登場する無類の酒好きである豪傑・武松が人喰い虎を退治する『タイガーハンター 水滸外伝』

人気監督やスター俳優出演のサスペンス、賞レース多数ノミネートの力作までもラインナップ

「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズで、美しきドラゴン使い・デナーリスを演じてブレイクしたエミリア・クラーク主演のサスペンスが『エージェント・スミス』(2019年)。FBIの情報提供者となった麻薬密売人スーザン・スミスが、その美貌を武器に「ある計画」を実行する。実話をモチーフにした本作は、『ボーン・コレクター』(1999年)や『ソルト』(2010年)などアンジェリーナ・ジョリーとのコンビで知られるフィリップ・ノイス監督作。小気味よいストーリーテリングと、二転三転していく先読みできない展開が魅力の作品だ。

麻薬に依存してきたヒロインが、野心的なFBI捜査官に弱みを握られて情報提供者となるも、次第にロマンティックな関係に…(『エージェント・スミス』)

スペインの『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』(2017年)は、題名の通り連続殺人事件に挑む刑事を描いたサスペンス。前代未聞の難事件に挑む、吃音症の知性派と熱血系の肉体派という凸凹刑事のバディものとしても見応えあり。いかにも劇場未公開なタイトルだが、スペイン・アカデミー賞で6部門にノミネート、主演男優賞を獲得した力作である。

老女ばかりを狙った連続強姦殺人事件を知性派と肉体派の凸凹刑事コンビが追う『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』

シリア内戦を題材にした『エスケイプ・フロム・シリア』(2021年) は、日本では目にする機会の少ないモロッコ製作の戦場ドラマ。家を飛び出し過激派組織イスラム国に加わった息子を取り戻すため、ジャーナリストとしてシリアに渡った母親の過酷な旅が始まる。激しいアクションやリアルな戦場描写だけでなく、家族の絆を描いた人間ドラマとしても見応えがある。

過激派組織イスラム国に加わった息子を取り戻すため、母親がジャーナリストとしてシリアに渡る『エスケイプ・フロム・シリア』

デンゼル・ワシントン、マーク・ウォールバーグ共演の『2ガンズ』(2013年)で絶賛を浴びたバルタザール・コルマウクル監督が母国アイスランドで製作したサスペンス・スリラーが『殺意の誓約』(2016年)。外科医として成功を収めた男が、娘の夫であるドラッグディーラーの殺人を計画する。スリル満点の展開に加え、北欧ならではの寒々としたビジュアルが雰囲気を盛り上げる。

愛する娘を悪党から守るため、医師の男がある完全犯罪を思いつくが、事態は思わぬ方向へ転がってしまう『殺意の誓約』

ほかにもとびきり美人の悪魔崇拝者の凶行を描いた『サモン・ザ・ダークネス』(2019年)、思春期の少女の変化をファンタジーとして描いた異色の青春ドラマ『ブルー・マインド』(2017年)、北極で発見されたナチス第三帝国の巨大な戦艦からゾンビが乗ったサメの戦闘機が出現する『スカイ・シャーク』(2019年)など、ひと癖もふた癖もある異色作が目白押し。この機会に、ファンタスティック映画ならではの自由さや奥深さを味わってはいかがだろうか。

文=神武団四郎

神武団四郎●映画ライター。「映画秘宝」「MOVIE WALKER PRESS」「シネマトゥデイ」などへの寄稿、パンフレットの執筆、編集など。編書に「別冊映画秘宝 絶対必見!SF映画200」(洋泉社)など。監修書に「テック・ノワール ジェームズ・キャメロン コンセプトデザイン画集」(玄光社)、「メイキング・オブ・007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」(玄光社)など。ゴジラよりコング派。

<放送情報>
スプートニク
放送日時:2022年7月7日(木)21:00~、18日(月・祝)11:00~

マシンガール DEAD OR ALIVE
放送日時:2022年7月4日(月)21:15~、30日(土)2:30~

タイガーハンター 水滸外伝
放送日時:2022年7月14日(木)21:15~、27日(水)1:45~

エージェント・スミス
放送日時:2022年7月15日(金)21:00~、31日(日)1:00~

エスケイプ・フロム・シリア
放送日時:2022年7月20日(水)20:45~

殺意の誓約
放送日時:2022年7月19日(火)21:00~、28日(木)3:15~

ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件
放送日時:2022年7月21日(木)20:45~、31日(日)3:00~

アルカディア
放送日時:2022年7月18日(月・祝)21:00~、26日(火)11:00~

ブルー・マインド
放送日時:2022年7月6日(水)21:00~、14日(木)9:00~

ザ・ナンバー
放送日時:2022年7月13日(水)21:15~、18日(月・祝)7:15~

復讐の十字架
放送日時:2022年7月8日(金)21:00~、17日(日)8:00~

バッド・ヘアー
放送日時:2022年7月22日(金)21:00~、29日(金)1:15~

サモン・ザ・ダークネス
放送日時:2022年7月11日(月)21:15~、22日(金)9:15~

ストレンジ・アフェア
放送日時:2022年7月12日(火)21:15~、29日(金)3:15~

スカイ・シャーク[R15+指定版]
放送日時:2022年7月5日(火)21:00~、11日(月)9:00~
チャンネル:スターチャンネル1

(吹)スプートニク
放送日時:2022年7月9日(土)21:00~、16日(土)1:20~

(吹)エージェント・スミス
放送日時:2022年7月17日(日)22:40~、21日(木)20:00~

(吹)エスケイプ・フロム・シリア
放送日時:2022年7月23日(土)23:40~、26日(火)17:20~

(吹)アルカディア
放送日時:2022年7月20日(水)20:00~、24日(日)1:45~
チャンネル:スターチャンネル3

※放送スケジュールは変更になる場合があります