ヒットメーカー×豪華キャスト陣 巨大ダイヤを狙う泥棒チームが活躍する『10人の泥棒たち』

ヒットメーカー×豪華キャスト陣 巨大ダイヤを狙う泥棒チームが活躍する『10人の泥棒たち』

本国でも大ヒットしたアクション・エンターテインメント『10人の泥棒たち』

  • 今月の韓国映画

ヒットメーカー×豪華キャスト陣
巨大ダイヤを狙う泥棒チームが活躍する『10人の泥棒たち』

2022/08/01 公開

一筋縄ではいかない男たち女たちの思惑が交錯する

この映画の制作が発表された当時、出演者の名前を見て「この俳優たちが全員、同じ映画に出るの!」と驚いた記憶がある。韓国版『オーシャンズ11』(2001年)と言っても過言ではない、豪華でインパクトのあるキャスティングだった。さらに驚かされるのは、それから約10年を経た現在も、彼ら彼女らがさらに魅力を増して活躍を続けていることだろう。

ワイヤーセッティングの名手ポパイ、そのワイヤーを伝ってどんな場所にも潜入できるイェニコール、ワイヤー調整担当のザンパノ、口がうまくターゲットを騙す才能に長けたガム。それぞれの才能を生かして国宝級の美術品を盗むことに成功した彼らのもとに、かつてポパイの仲間だったマカオ・パクから大仕事へのお呼びがかかる。仮出所した金庫破りのプロ、ペプシも加わって香港へと渡ったポパイたちの前に現れたマカオ・パクは、地元のメンバー4人と共に巨大なダイヤモンドを盗み出す計画を披露する。お互いに対する不信感を隠して犯罪の舞台となるマカオのカジノに潜入した10人は、ダイヤの持ち主の行動を注視しながら、機会をうかがう。

ダイヤ強奪のため集められた泥棒たちは、クセの強いキャラクターばかり

韓国銀行を狙った壮大な詐欺とその裏でうごめく人間模様をスタイリッシュに見せたデビュー作『ビッグ・スウィンドル!』(2004年)で、韓国の犯罪映画に新風を巻き起こしたチェ・ドンフン監督。「国民マンガ」と呼ばれるほど人気を博したキム・セヨンの原作を映像化した次作『タチャ イカサマ師』(2006年)では、画面分割やスローモーションといった手法を駆使し、騙し騙される花札賭博師たちの駆け引きをスリリングに描いた。トップスター、カン・ドンウォンを起用したアクション・ファンタジー『チョン・ウチ 時空道士』(2009年)に続く『10人の泥棒たち』(2012年)は、「犯罪とアクション、欲望と挫折、そして、華麗なキャスティングと速い編集、ジャンル的な快感が共存する」彼の作品の集大成と評され、韓国では1200万人以上の観客を集める大ヒットとなった。

伝説の泥棒マカオ・パクが、腕のいい泥棒たちを召集してチームを結成する

正体不明の男マカオ・パクを筆頭に、過去からの因縁を持つ犯罪者たちが手を組み、疑心暗鬼の中で進んでいく犯罪劇は、経過を見守る観客にも「誰が言っていることが本当なのか?」という疑問を最後まで抱かせ続ける。ソウルから香港、マカオ、そして、釜山へと次々と背景を移しながら、一筋縄ではいかない男たち女たちの思惑が描かれていく。香港国際映画祭を訪れた際に「ここで映画を撮りたい」という欲望が湧き上がったというチェ・ドンフン監督は、ジョニー・トー作品でおなじみのサイモン・ヤム、『あなたを、想う。』(2015年)のアンジェリカ・リーら中国系のキャストも起用し、国際色の感じられる作品となっている。

多彩なキャラクターを演じる主演級スターの絶妙なアンサンブル

マカオ・パクを演じているのは、最新作の『モガディシュ 脱出までの14日間』(2021年)が日本でも公開されたばかりのキム・ユンソク。チェ・ドンフン監督とは『ビッグ・スウィンドル!』、『タチャ イカサマ師』でタッグを組んでおり、特に悪役アグィに扮してアクの強い演技見せた『タチャ』は、映画俳優キム・ユンソクを強く印象付ける記念碑的な作品となった。そんなパクに強い恨みを持つポパイ役は、ドラマ「イカゲーム」で一躍、ワールドワイドな俳優の仲間入りを果たしたイ・ジョンジェ。自分のチームを堂々と率いるリーダーながら、パクに対する劣等感が垣間見える複雑なキャラクターになりきっている。パク、ポパイの2人と組んだ仕事が失敗し、刑務所暮らしを送っていたペプシ役はキム・ヘス。80年代から活躍する俳優である彼女は、『タチャ イカサマ師』で魅惑的なチョン・マダムを演じ、俳優として新境地を拓いた。最新作のドラマ「未成年裁判」では、裁判官に扮し、深みのある演技を見せている。今作では、2人の男たちとの関係に加え、年上のガムと年下のイェニコール、さらに中国チームのジュリーといった女性同士のやりとりにも注目してほしい。

キム・ヘスが金庫破りに扮して鮮やかな腕前を披露

予測不能な行動で、コメディリリーフの役割も担うイェニコールに扮しているのは、前回の本コラムで紹介した『猟奇的な彼女』(2001年)で、はつらつとした魅力を発揮していたチョン・ジヒョン。今作で見事なアクションを見せた彼女はチェ・ドンフン監督が2015年に発表し、これまた観客1200万人という大ヒットとなった『暗殺』で、凄腕のスナイパーを演じた。自らの本心を隠して行動する泥棒たちの中で唯一、イェニコールへの好意を隠さない(隠せない?)ザンパノ役のキム・スヒョンとは、翌年、ドラマ「星から来たあなた」でも共演しているので、2人の関係の違いを比べながら見るのも楽しい。

艶やかなイェニコールと、彼女に恋するザンパノの関係性にも注目

そして、多くのドラマのお母さん役でおなじみのベテラン、キム・ヘスクがガム役で登場。他の作品では見たことのない濃いメイクで、日本人女性になりすまし、サイモン・ヤム演じる夫役のチェンと「本気」になってしまう姿を貫禄たっぷりに見せている。

香港のベテラン俳優サイモン・ヤムと、韓国で「国民の母」と呼ばれるキム・ヘスク

コロナ禍の苦境をようやく抜け出し、劇場に観客が戻り出した韓国では、チェ・ドンフン監督の最新作『宇宙+人』に大きな期待が集まっている。キム・テリ、リュ・ジュンヨル、ソ・ジソプといった、これまでよりも年齢層の低いスターたちの共演による2部作のSFファンタジーは、いったいどんな映画として私たちの前に現れるのか。「韓国を代表するヒットメーカー」としての彼の評価を、揺るぎなきものにした『10人の泥棒たち』を見直しながら、楽しみに待ちたい。

文=佐藤結

佐藤結●映画ライター。韓国映画やドキュメンタリーを中心に執筆。「キネマ旬報」「韓流ぴあ」「月刊TVnavi」などの雑誌や劇場用パンフレットに寄稿している。共著に「『テレビは見ない』というけれど エンタメコンテンツをフェミニムズ・ジェンダーから読む」(青弓社)がある。

<放送情報>
10人の泥棒たち
放送日時:2022年8月29日(月)6:00~

(吹)10人の泥棒たち
放送日時:2022年8月2日(火)21:00~
チャンネル:チャンネルNECO

※放送スケジュールは変更になる場合があります

©2012 showbox/mediaplex and caper film ALL RIGHTS RESERVED. /