”ココロ動く瞬間”体験レポート プロ野球観戦ツアーレポート2015

2015シーズンは、
プロ野球セットのご契約者様を
特別な観戦ツアーに
ご招待しました!

選手や関係者しか入ることのできない
スタジアムの裏側に入り、
憧れの選手の練習風景などを間近で見学したり…。
時には思いがけないサプライズも?

ますます野球が大好きになる
観戦ツアーをレポート!

15年8月7日 ナゴヤドーム親子でスタジアム観戦ツアーレポート

8月7日(金)、14:45。この日の夜に行われる「中日ドラゴンズvs東京ヤクルトスワローズ」の試合開始まであと3時間ほどありますが、本日のスタジアム観戦ツアーに参加いただく4名の子供たちがお父さんとともに集合しました!

この日は気温38度の炎天下。にもかかわらず、4名の子供たちの目は期待に輝いている様子。それもそのはず、本日のツアーでは、普段は選手や関係者しか入ることのできないスタジアムの裏側に入り、選手の練習風景などを間近で見学することができるのです!
尚、このツアーに参加できるのは小学生以下のお子さんのみで、親御さんは参加できません。お父さんたちからは「わたしも見学したい・・・」という羨む声が・・・お気持ちはよく分かります!(笑)

ツアー開始前に球団スタッフのお姉さんから、3つのお約束ごとの説明がありました。「大きな声で『こんにちは』を言いましょう!」「大声で騒がないようにしましょう!」「選手を見かけても、呼び捨てしないようにしましょう!」。さぁ、みんな、お約束守れるかな?

説明を受けたら、いよいよ見学ツアーのスタート!ここからはお父さんと離れて、引率のスタッフさんとチアドラゴンズのお姉さんと一緒に行動です。みんな最初はちょっと緊張気味だったけど、お姉さんたちが優しくサポートしてくれたおかげで、すぐに緊張も解けたようです。

普段は選手や関係者しか通らない通路を、みんなで一列になって進んでいくと、グラウンドの入口へ。安全のためのヘルメットをかぶり、みんなで大きな声で「よろしくおねがいします!」と一礼してグラウンドへ。するとそこでは、ちょうどドラゴンズの選手たちが試合前のバッティング練習中でした!憧れの選手たちがホームラン級のバッティングを連発している姿を、間近で見れるなんて・・・さらに、子供たちが通されたのは、なんと1塁側ベンチ!ドラゴンズの監督や選手と同様、ベンチに座って練習を見学できるのです。子供たちは騒ぐことも忘れた様子で、真剣なまなざしで見学していました。

子供たちが見学している横を、練習を終えたドラゴンズの選手たちが次々と通り過ぎていきます。選手のみなさんから「こんにちは!」と言われたこどもたちは、若干緊張しながらも、ちゃんとお約束を守って「こんにちは!」と言えていましたよ!選手のみなさんは、試合前にも関わらず気さくに子供たちに接してくれて、中には握手やハイタッチ、さらには一緒に記念撮影に応じてくれる選手も!一生の思い出、間違いなしだね!

ドラゴンズの練習が終わったところで、グラウンドに一礼して、再びスタジアム内見学へ。その後、子供たちは当日の放送アナウンスルームを見学。大人は中に入れなかったのですが、出てきた子供たちから話を聞くと、アナウンス用の設備をいろいろ触らせてもらったりしていたらしく、とても楽しかったそうです。

そうこうするうちに、見学ツアーは終了。ツアーを終えた子供たちには、お土産に非売品のドラゴンズ・クリアファイルとシールがプレゼントされました。球団スタッフ・チアドラゴンズのお姉さん、さらには選手の皆さんに優しくしていただき、子供たちにとって、忘れられない夏の思い出になったに違いありません。うーむ、やっぱり子供たちが羨ましい(笑)。

子供こどもたちとお父さんには、当日の試合観戦チケットもJスポーツさんからプレゼント。肝心の試合も、6‐1で見事ドラゴンズが勝利しました!

今回のイベントを通じて、子供たちはドラゴンズがますます好きになったことでしょう。これからも、ベンチから見た練習風景を思い出しながら、プロ野球セットでドラゴンズを応援しようね!

“ココロ動く瞬間体験”レポート

スカパー!公式サイト

スマートフォンPC