”ココロ動く瞬間”体験レポート プロ野球観戦ツアーレポート

2016シーズンも、プロ野球セットの
契約者様を特別な観戦ツアーにご招待しました!

選手や関係者しか入ることのできない
スタジアムの裏側に入り、憧れの選手の
練習風景などを間近で見学したり…。
時には思いがけないサプライズも?

6/26 フジテレビTWO ドラマ・アニメ presents 埼玉西武ライオンズvs千葉ロッテマリーンズ 西武プリンスドーム観戦ツアー

6/26(日)、本日は埼玉西武ライオンズ(以下、ライオンズ)vs千葉ロッテマリーンズ(以下、ロッテ)の3連戦最終日。前々日(6/24)は6-7でロッテが勝利、前日(6/25)は10-9でライオンズが勝利、と激戦が続いた後ということもあり、西武プリンスドームの周辺には朝早くから多くのライオンズファンの姿が見られました。そんな中、試合開始約3時間前の9:45に、今回のスペシャル見学ツアーに見事当選されたお客さまたちが集合しました。めったに入ることのできないスタジアムの裏側を見学できるとあって、みなさま期待に胸が膨らんでおります! それでは、さっそく見学ツアー開始!

まずは本日の試合を全国に中継する、中継車を見学。当然、中継車の中に入るのはみなさま初めての体験。いつもプロ野球セットで楽しんでいる試合の映像が、一体どのように中継されているのか、興味津々のご様子でした。

次に向かったのは、普段はV.I.Pの方しか入れない、スイートルーム!眺めが良いのももちろんですが、壁際にはライオンズの栄光の歴史を収めた写真・記念品がズラリ。ライオンズファンなら必ず“グッ”とくる展示品の数々に、お客さまたちも興奮して写真撮影していました。

スイートルームの上階に位置するのが、「オーナーズレストラン」。シーズンシート・ボックスシート・ネット裏スペシャルシート・ロイヤルシートの観客のみが入れる特別なレストランで、落ち着いた雰囲気の素敵なレストランです。ふと上を見上げると、上部の壁には、ライオンズのメモリアルゲームのスコアボードなどが刻まれておりました。

オーナーズレストランから続く通路を渡ると、そこはバックネット裏にあるボックスシート席。最上級のシートが並ぶエリアの中央には、ライオンズファンにはおなじみの「ビクトリーロード」がグラウンドまで続いています。

ここでちょっと面白い(?)場所にご案内いただきました。ライオンズが試合に勝利した日は、選手たちはこのビクトリーロードを通って、ボックスシートの観客とハイタッチしながらロッカールームに向かうのですが、残念ながら試合に負けてしまった日にはビクトリーロードは通りません。では、果たしてどこを通ってロッカールームに向かうのか?
ということで、試合に負けてしまった日に選手たちが通る通路を特別に見せていただきました。実は(というよりは当然ですが)、スタジアムの内部には観客の目に触れずにグラウンドからロッカールームに向かう通路があるのです。敗北に悔しさを滲ませながらこの通路を通る選手たち・・・そんな姿を想像すると、胸が熱くなってきます。貴重なスタジアムの裏側を見学させていただきました。(尚、この通路は撮影できないエリアのため写真はありません)

そして、いよいよお待ちかね。試合前の練習風景の見学タイム!グラウンドに最も近い、フィールドビューシートエリアから、ライオンズの選手たちの練習を見学しました。連日の激戦にも関わらず、今日の試合に向け、集中して練習する選手たち・・・。そんな姿を間近で、じっくりたっぷりと見学できました!撮影も自由だったので、みなさま、写真撮影にも熱が入っております!

練習風景を堪能した後、スペシャル見学ツアーは終了。ツアー終了後には、本日スタジアムをご案内いただいた球団のみなさんと、本日の試合を放送する「フジテレビTWO ドラマ・アニメ」のフジテレビジョンさんから、観戦チケットとお土産(観戦グッズなど)をプレゼント。お客さまも大満足のご様子でした!

その後の試合では残念ながらライオンズは負けてしまいましたが、今回のイベントを通じて、選手たちの練習風景や番組制作の裏側、普段入れないスタジアムの内部などを肌で体験することができたお客さまたちは、今までと一味違った視点でプロ野球中継を楽しむことができることでしょう。今日のことを思い出しながら、これからもプロ野球セットでライオンズを応援だ!

<昨年の観戦レポートはこちら>

2015年プロ野球観戦ツアーレポート

“ココロ動く瞬間体験”レポート

スカパー!公式サイト

スマートフォンPC