スカパー!受信機器ラインナップ
スカパー!プレミアムサービスDVR TZ-WR500P
好みに合わせて選択できる、見やすい番組表
お客様の好みに合わせて番組表のチャネンル表示数を選択できるので、見たい番組を手軽に見つけ出すことができます。
また、ご契約中のチャンネルだけの番組表を最大8日分、1画面に表示することもできます。
番組を視聴しながら裏番組情報をチェックできる「裏番組表示」
番組を見ながら、同時刻に放送しているチャンネルや番組情報を、リモコンボタン1つで画面に表示し選局できます。
気になる番組をどんどん録画できる! 選べる3つの録画方法
1.本機の内蔵ハードディスクへ直接録画する
本機は500GBの内蔵ハードディスク(録画可能時間:約117時間)を搭載。
さらに録画モード変換でハードディスク容量を節約できるので、よりたくさんの番組を録画することができます。

2.外付けUSBハードディスク(推奨品)とつなげて録画する
内蔵ハードディスクがいっぱいになっても、市販の外付けUSBハードディスク(推奨品)で録画容量をあとから増やせます。
さらに市販のUSBハブ(推奨品)を利用すれば、最大4台まで接続が可能です。

3.「スカパー!プレミアムサービスLink」対応機器へ録画やダビングをする
「スカパー!プレミアムサービスLink」(録画)に対応しているブルーレイディスクレコーダーなどの外部機器へのLAN録画ができます。
 
さらに、内蔵ハードディスクやUSBハードディスクに録画した番組でも、「スカパー!プレミアムサービスLink」(ダビング)に対応しているブルーレイディスクレコーダーなどの外部機器へLANダビング(ムーブ/コピー)をすれば、BDメディアなどへの保存ができます。

さらに便利! 番組ごとに録画先を選べる「録画先指定」

録画予約の際に、番組ごとに録画先を指定することができます。
録画先は、内蔵ハードディスクまたはUSBハードディスク(最大4台まで接続可)または「スカパー!プレミアムサービスLink」対応機器(最大6台まで登録可)のいずれかから選ぶことができます。
ダブルチューナー搭載だから見たい番組が重なっても安心。「2番組同時録画」!
本機はダブルチューナーモード搭載なので、2つの番組を同時に受信することができます。
それによって2つの番組を就寝中に録画したり、片方を「見て」、片方を「録る」ことも可能です。楽しみにしていたドラマの放送時間中に、見逃したくないスポーツ中継があるといった場合に役立ちます!
  • 本機能をご利用いただくにはアンテナを2軸配線にし、本機をダブルチューナーモードに設定する必要があります。
 
連続ドラマなどの録画に便利な「探して毎回予約」
録画予約時に「探して毎回予約」を登録すると、次回以降放送の同名番組を自動検索して録画予約します。連続ドラマ等の録画に便利です。
・つい予約をするのを忘れてしまう
・毎日番組表から予約するのが面倒 という方におすすめ!
気がつかなかった番組も見つかる「おこのみ自動録画」!
ジャンル名や出演者名などのキーワードを登録すると、その検索条件に合った番組を自動録画します。
スカパー!のたくさんの番組から、あなたの気がつかなかった番組も見つけ出します。
・番組を録りだめしておいて週末にゆっくり見たいという方におすすめ!
  • 本機能をご利用いただくにはアンテナを2軸配線にし、本機をダブルチューナーモードに設定する必要があります。
録画予約が重なってしまった番組を簡単に検索する
「同名番組検索」
録画予約が重なったり、録画に失敗した同名番組を1週間分の番組表から簡単に検索。検索結果から登録すれば手軽に再予約することができます。
録画に失敗。でも大丈夫!見つかるまで探し続ける
「追跡予約」機能
「同名番組検索」で1週間以内に見つからなかった番組名や、録画に失敗した番組名を「追跡予約」に登録すれば、見つかるまで探し続けます。番組が見つかれば、録画予約を登録してメール(自己発行)でお知らせします。
  • 番組が見つかるまでは継続して探し続けますが、録画を保証するものではありません。
追っかけ再生
内蔵ハードディスクに録画中に、録画開始時点から再生が可能な「追っかけ再生」を楽しめます。
また、録画中にすでに内蔵ハードディスクに録画してある他の番組を再生する「同時録画再生」もできます。
親切操作の「音声ガイド」
番組表や録画一覧などのチャンネル番号、タイトル、番組内容を音声で読み上げます。
読み上げる速さや音の大きさも調整できますので、お好みの設定でお楽しみください。