まさに映画界におけるエイリアン!? アップデートを続ける映像作家としてのリドリー・スコット

まさに映画界におけるエイリアン!? アップデートを続ける映像作家としてのリドリー・スコット

謎の異星生物に遭遇した宇宙貨物船の乗組員たちの恐怖を描く『エイリアン』

  • 監督が語る巨匠の仕事

まさに映画界におけるエイリアン!?
アップデートを続ける映像作家としてのリドリー・スコット

2021/12/27 公開

いったいこの人の肉体と頭脳はどうなっているんだ?本当に一人の人間なのか?そう思う人は様々な分野の世界にいるけれど、映画界にも数人だけいる。今回取り上げるのは、その筆頭、リドリー・スコット監督だ。

この人の名前を知らない、という方はいるかもしれないけど、『エイリアン』(1979年)、『ブレードランナー』(1982年)、『グラディエーター』(2000年)といった作品名を、一度も聞いたことがないという人はたぶんいないだろう。どれも世界的に有名な映画で、すべてスコットが監督をしている。

最初は小さな幼体だったが、人間に寄生し、脱皮を繰り返して巨大に成長するエイリアン

いつ観ても斬新でエポックメイキングな『エイリアン』と『ブレードランナー』

スコットはイギリス出身、現在83歳で、今なおバリバリの現役。1977年に『デュエリスト/決闘者』でデビューして以来、今日までとてつもない世界的ヒット作を連発し、同時に、歴史に残る映画も作り続けている。特に、SF分野の映画での功績は語り尽くせない。

彼の監督作でもっとも有名なのは『エイリアン』だろう。劇場公開されたのは、1979年。この年は私が生まれた時だけど、驚くべきことに今観ても、SFとして何も古びていない。

当時はCG技術などがなかったにもかかわらず、暗黒を航海する宇宙船、エイリアンの描写など、すべてが斬新かつエポックメイキング的で目を見張る。多くのSF映画が時代の波に洗われて陳腐化する中で、この映画だけはずっと新しい。真に驚くべきことだ。SFの歴史は、『エイリアン』以前と以後に完全に分かれてしまっている。

ダークで残酷な世界観に反し、H・R・ギーガーによる美術の美しさに息を吞む(『エイリアン』)

スコットは『エイリアン』を世に放った数年後、またSF映画の歴史を更新する作品を作った。それがフィリップ・K・ディック原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を映画化した『ブレードランナー』だ。

植民地惑星から脱走したレプリカントと呼ばれる人造人間と彼らを追うブレードランナーの戦いを描く近未来SF『ブレードランナー』

ハリソン・フォードを主演に迎えた本作は、退廃的かつスモーキーな都市描写や、こだわりまくった美術の凄さで今なお伝説的な映画になっている。ディストピアを描いた映画は数あれど、この作品ほど世界観が徹底されていて、同時に謎に満ちたものもない。『エイリアン』同様、すでに劇場公開から40年が経とうとしているのに、今観ても「新しさ」に溢れているのが驚愕だ。

のちの多くのSF作品に影響を与えた、退廃的な近未来都市の描写(『ブレードランナー』)

宇宙における人類の無力さ、社会の厳しさを惜しげもなく見せつける作家性

以後、『レジェンド 光と闇の伝説』(1985年)、『ブラック・レイン』(1989年)、そして『グラディエーター』などを作ったのち、スコットは今も最前線で活躍している。

トム・クルーズ演じる若者が呪われた美女を救うために魔王と戦う『レジェンド 光と闇の伝説』

個人的には、近年では『プロメテウス』(2012年)、『オデッセイ』(2015年)などの宇宙モノが大好きだ。前者は『エイリアン』の前日譚のような映画で、後者は火星に1人だけ取り残されてしまった宇宙飛行士の映画。

スコットが作るSF映画の特徴を一つだけ挙げるとすると、「宇宙は人間に全然やさしくない」ということになる。宇宙は冷酷なのだ。なんとなく私たちは人類を特別な存在と思いがちだが、一歩地球の外に出ると、そんなものは何の根拠もない思い込みにすぎず、宇宙環境は悲劇的なほど厳しい。そんな風に、スコットの映画は教えてくれる。

未知の生命体に乗組員が次々と血祭りに上げられていく(『エイリアン』)

宇宙だけではない。マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ブラッド・ピットなど大スターが勢揃いした『悪の法則』(2013年)では、そもそも「世界そのものが厳しい」ということを、余すところなく見せつけてくれた。小説家のコーマック・マッカーシーが脚本を書いた本作は、近年まれに見る「大人の映画」だった。『エクソダス:神と王』(2014年)などもそうだが、どこか神秘的な風格すらたたえている。

クリスチャン・ベール主演で旧約聖書の出エジプト記を描く歴史スペクタクル・アクション『エクソダス:神と王』

そうかと思えば、もうすぐ公開予定の新作は、かのファッションブランド、GUCCIの事件を扱った映画らしい(『ハウス・オブ・グッチ』)。宇宙から地球まで。エイリアンから人間同士の戦いまで。本当にリドリー・スコット監督は一人の人間なのだろうか?この人こそエイリアンなんじゃないか?そう思ってしまう。本当にバケモノのような映画監督だ。

文=入江悠

入江悠●1979年生まれ。映画監督。監督作に「SRサイタマノラッパー」シリーズ、『日々ロック』(2014年)、『ジョーカー・ゲーム』(2015年)、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(2017年)、『AI崩壊』(2020年)など。最新作『シュシュシュの娘』が全国ミニシアター公開のほか、『聖地X』も全国公開中。

<放送情報>
最後の決闘裁判
放送日時:2022年1月1日(土)21:00~、15日(土)21:00~
チャンネル:スターチャンネル1

(吹)最後の決闘裁判
放送日時:2022年1月16日(日)21:00~、20日(木)13:00~
チャンネル:スターチャンネル3

最後の決闘裁判
放送日時:2022年1月8日(土)20:00~、16日(日)16:45~

レジェンド 光と闇の伝説
放送日時:2022年1月2日(日)9:30~、8日(土)18:15~
チャンネル:WOWOWシネマ

(吹)最後の決闘裁判
放送日時:2022年1月8日(土)13:00~、13日(木)17:15~

(吹)エクソダス:神と王
放送日時:2022年1月27日(木)15:15~
チャンネル:WOWOWプライム

エイリアン
放送日時:2022年1月1日(土)10:40~、8日(土)18:45~
チャンネル:ムービープラス

ブレードランナー
放送日時:2022年1月14日(金)10:15~、26日(水)7:45~
チャンネル:ザ・シネマ

※放送スケジュールは変更になる場合があります

(C) Warner Bros. Entertainment Inc. /