VIVA LA ROCK 2019 ‐MUSIC LIVE │衛星放送のスカパー!
アーティスト写真

撮影:小杉 歩 ©VIVA LA ROCK 2019 All Rights Reserved

VIVA LA ROCK 2019

  • 放送情報

最大10連休となった今年のGW。今年は開催が4日間に増え、5/3~5/6にさいたまスーパーアリーナで開催された「VIVA LA ROCK 2019」を4時間×4日間、計16時間にわたりオンエア!
VIVA LA ROCK、通称ビバラは音楽ジャーナリストであり音楽雑誌『MUSICA』発行人の鹿野淳と、国内最大のイベンターディスクガレージがタッグを組んで立ち上げたロックフェス。「1年のフェスシーズンの始まりのフェス」として認知されている。

今年で6回目となる2019年もミュージックシーンの中枢を担うアーティスト97組が白熱のライブを披露。
VIVA LA ROCKの名物企画、「日本のロックの名曲を楽しみ盛り上がりながら継承していこう」という意志を持ったスペシャルバンド「VIVA LA J-ROCK ANTHEMS」は今年も健在!
ACIDMANの大木伸夫があいみょんの「マリーゴールド」、King Gnuの常田大希・井口理がDragon Ashの「FANTASISTA」など思い思いの“名曲”を披露、様々な楽曲のビバラオリジナルカバーは必見だ。
生粋の音楽マニア達が作り上げた、音楽好きが楽しめる様々なアトラクション、徹底されたインフラ。
ロックの今と未来を全力で感じることができる「ロックの天国」、VIVA LA ROCK 2019。
白熱のライブ映像を中心に余すところなく放送する!

【出演】
<Day1>

放送日時
  • 7/6(土)20:00~24:00

ACIDMAN/THE ORAL CIGARETTES/KEYTALK/Saucy Dog/SUPER BEAVER/Tempalay/Nulbarich/ニトロデイ/ネクライトーキー/BURNOUT SYNDROMES/BIGMAMA/BRADIO/BLUE ENCOUNT/フレデリック/Base Ball Bear/Bentham/ヤバイTシャツ屋さん/ユアネス/LAMP IN TERREN

<Day2>

放送日時
  • 7/7(日)20:00~24:00

赤い公園/ASIAN KUNG-FU GENERATION/Official髭男dism/King Gnu/Creepy Nuts/ゲスの極み乙女。/Suchmos/SKY-HI/スガ シカオ/竹原ピストル/THE CHARM PARK/CHAI/TENDRE/TENDOUJI/never young beach/PUNPEE/VIVA LA J-ROCK ANTHEMS【Ba:亀田誠治/Gt:加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)/Gt:津野米咲(赤い公園)/Dr:ピエール中野(凛として時雨)】/FIVE NEW OLD/YAJICO GIRL

<Day3>

放送日時
  • 7/8(月)20:00~24:00

秋山黄色/UVERworld/大森靖子/折坂悠太(合奏)/KANA-BOON/SHISHAMO/神聖かまってちゃん/ズーカラデル/w.o.d./teto/the telephones/Nothing’s Carved In Stone/NICO Touches the Walls/マカロニえんぴつ/眉村ちあき/UNISON SQUARE GARDEN

<Day4>

放送日時
  • 7/9(火)20:00~24:00

打首獄門同好会/ENTH/キュウソネコカミ/G-FREAK FACTORY/SiM/SHADOWS/四星球/10-FEET/東京スカパラダイスオーケストラ/TOTALFAT/04 Limited Sazabys/FOMARE/HEY-SMITH/The BONEZ/眩暈SIREN/ヤングオオハラ/LUNKHEAD/リーガルリリー/ROTTENGRAFFTY

(50音順)※番組出演アーティストは急遽変更となる可能性がございます