番組検索結果 (シリーズ別)

一般番組 成人番組

検索ワード

絞り込み

放送日を選択
週、曜日、日指定はカレンダー上を選択

ジャンル

チャンネル

シリーズ別表示 放送日時順表示

生活情報の時間 60番組

長崎犯科帳 21番組

長崎犯科帳 #12

長崎犯科帳 #12

05/06(月)17:00~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

長崎犯科帳 #13

長崎犯科帳 #13

05/07(火)17:05~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

長崎犯科帳 #14

長崎犯科帳 #14

05/08(水)17:00~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

長崎犯科帳 #15

長崎犯科帳 #15

05/09(木)17:00~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

長崎犯科帳 #16

長崎犯科帳 #16

05/10(金)17:00~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

長崎犯科帳 #17

長崎犯科帳 #17

05/13(月)17:00~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

長崎犯科帳 #18

長崎犯科帳 #18

05/14(火)17:00~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

長崎犯科帳 #19

長崎犯科帳 #19

05/15(水)17:00~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

長崎犯科帳 #20

長崎犯科帳 #20

05/16(木)17:00~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

長崎犯科帳 #21

長崎犯科帳 #21

05/17(金)17:00~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

長崎犯科帳 #22

長崎犯科帳 #22

05/20(月)17:00~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

長崎犯科帳 #23

長崎犯科帳 #23

05/21(火)17:00~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

長崎犯科帳 #24

長崎犯科帳 #24

05/22(水)17:00~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

長崎犯科帳 #25

長崎犯科帳 #25

05/23(木)17:05~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

[終] 長崎犯科帳 #26

[終] 長崎犯科帳 #26

05/24(金)17:00~18:00

江戸末期・文化年間の長崎を舞台にした大人気痛快娯楽時代劇がチャンネルに久々登場!長崎奉行所にやってきた新奉行・平松忠四郎。賄賂を平気で受け取り、空にのぼる凧を見て喜ぶような典型的な昼行燈、“間抜け奉行”と噂される忠四郎だが……外国貿易をめぐって巨額な富と陰謀が渦巻く土地・長崎にはびこる悪をひそかに“闇奉行”として裁くもうひとつの顔があった!昼行燈のふりをしたり、“表の顔”で受け取った賄賂を悪人退治の資金に使用するなど、冷静かつ豪胆である意味で合理的、そして柳生新陰流の達人という文武に秀でた長崎奉行・平松忠四郎を時代劇映画界での地位はもちろん、当時すでに「子連れ狼」や「破れ傘刀舟悪人狩り」などでTV時代劇でも確固たる地位と唯一無二の雰囲気を確立していた萬屋錦之介がつとめ、どこか腹の読めない飄々とした忠四郎を魅力たっぷりに演じている。また「剣の達人」という役柄にふさわしい見事な太刀筋も最大のみどころであり、“闇奉行”として白装束姿で悪人を切り捨てる一閃は必見!作中で度々登場する忠四郎の癖「指をならす仕草」も錦之介独特の雰囲気も相まって非常に印象的なワンシーンとなっている。ともに“闇奉行”として悪を成敗する仲間として脇を固める共演者には、同業の医者の悪事をきっかけに忠四郎の仲間となる医者の良順に田中邦衛、丸山の妓夫太郎であり後に忠四郎に心酔していく三次を当時改名して間もない火野正平らTV時代劇の隆盛を支えた豪華俳優陣が集結しており、「痛快娯楽」の謳い文句にふさわしい誰もが楽しめる作品となっている。長崎が舞台ということで、台詞に長崎弁が盛り込まれているという斬新な演出もあり、従来の時代劇作品には珍しいカステラやコーヒーなどが登場するなど、長崎らしい華やかさにも注目! 江戸末期・文化年間、外国貿易をめぐって巨大な利権と陰謀が渦巻く町――長崎。長崎奉行所に新奉行・平松忠四郎が着任する。凧をみて子供のような歓声をあげたり、商人たちからの賄賂を平然と受け取るなど“昼行燈”と噂される忠四郎だったが、それは表の顔。忠四郎は間抜けを装いながら、裏では長崎の実態と奉行所の内部を克明に観察していたのだった。長崎の現状を目の当たりにした忠四郎は医者の良順や丸山の妓夫太郎である三次など協力者たちを引き入れ、表向きには裁けない悪人たちに“闇奉行”として裏の裁きを下す決心をする――。

暴れん坊将軍IX 22番組

暴れん坊将軍Ⅵ 19番組

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 16番組

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #7

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #7

05/03(金)21:00~22:00

由美かおる扮する、かげろうお銀が率いる女忍び軍団・かげろう組が活躍する『水戸黄門』初の外伝。黄門様の密命を受け、弱き者を苦しめる全国の悪者たちを懲らしめていく爽やかなお色気アクション時代劇! かげろう組のくノ一、伽羅(中野みゆき)や蛍(羽田惠理香(現:はねだえりか))、朧(鈴木奈穂)たちが見せるお色気忍法は見もの。もちろん、入浴シーンも毎回、随所に登場!! 柘植の飛猿(野村将希)や横笛の小太郎(中村橋之助(現・中村芝翫))、名張の翔(京本政樹)、花火の又八(せんだみつお)など個性的な男性陣もお銀をサポート。ちなみに第1話では、黄門様ほか助さん、格さん、八兵衛とお馴染み本家の面々が顔を揃えています。 黄門様から許しを得たお銀(由美かおる)は、十年ぶりに故郷へと急いでいた。故郷の忍びの里には、祖父の藤林無門(佐野浅夫=二役)ほか、一門が仲良く暮らしている。だが、大和郡山藩の実権を狙う悪の刺客に里が襲われ、無門は深い傷を負ってしまう。ほどなく、無門を看取ることになったお銀は、涙を怒りに変えて悪に立ち向かっていく。黄門様(佐野浅夫=二役)の命を受けた助さん(あおい輝彦)格さん(伊吹吾朗)も駆けつけて見事、藩の内紛は解決。お銀は黄門様直筆の巻物を携えて、悪者たちを懲らしめる世直し旅へと旅立つ。

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #8

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #8

05/06(月)21:00~21:55

由美かおる扮する、かげろうお銀が率いる女忍び軍団・かげろう組が活躍する『水戸黄門』初の外伝。黄門様の密命を受け、弱き者を苦しめる全国の悪者たちを懲らしめていく爽やかなお色気アクション時代劇! かげろう組のくノ一、伽羅(中野みゆき)や蛍(羽田惠理香(現:はねだえりか))、朧(鈴木奈穂)たちが見せるお色気忍法は見もの。もちろん、入浴シーンも毎回、随所に登場!! 柘植の飛猿(野村将希)や横笛の小太郎(中村橋之助(現・中村芝翫))、名張の翔(京本政樹)、花火の又八(せんだみつお)など個性的な男性陣もお銀をサポート。ちなみに第1話では、黄門様ほか助さん、格さん、八兵衛とお馴染み本家の面々が顔を揃えています。 黄門様から許しを得たお銀(由美かおる)は、十年ぶりに故郷へと急いでいた。故郷の忍びの里には、祖父の藤林無門(佐野浅夫=二役)ほか、一門が仲良く暮らしている。だが、大和郡山藩の実権を狙う悪の刺客に里が襲われ、無門は深い傷を負ってしまう。ほどなく、無門を看取ることになったお銀は、涙を怒りに変えて悪に立ち向かっていく。黄門様(佐野浅夫=二役)の命を受けた助さん(あおい輝彦)格さん(伊吹吾朗)も駆けつけて見事、藩の内紛は解決。お銀は黄門様直筆の巻物を携えて、悪者たちを懲らしめる世直し旅へと旅立つ。

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #9

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #9

05/07(火)21:00~22:00

由美かおる扮する、かげろうお銀が率いる女忍び軍団・かげろう組が活躍する『水戸黄門』初の外伝。黄門様の密命を受け、弱き者を苦しめる全国の悪者たちを懲らしめていく爽やかなお色気アクション時代劇! かげろう組のくノ一、伽羅(中野みゆき)や蛍(羽田惠理香(現:はねだえりか))、朧(鈴木奈穂)たちが見せるお色気忍法は見もの。もちろん、入浴シーンも毎回、随所に登場!! 柘植の飛猿(野村将希)や横笛の小太郎(中村橋之助(現・中村芝翫))、名張の翔(京本政樹)、花火の又八(せんだみつお)など個性的な男性陣もお銀をサポート。ちなみに第1話では、黄門様ほか助さん、格さん、八兵衛とお馴染み本家の面々が顔を揃えています。 黄門様から許しを得たお銀(由美かおる)は、十年ぶりに故郷へと急いでいた。故郷の忍びの里には、祖父の藤林無門(佐野浅夫=二役)ほか、一門が仲良く暮らしている。だが、大和郡山藩の実権を狙う悪の刺客に里が襲われ、無門は深い傷を負ってしまう。ほどなく、無門を看取ることになったお銀は、涙を怒りに変えて悪に立ち向かっていく。黄門様(佐野浅夫=二役)の命を受けた助さん(あおい輝彦)格さん(伊吹吾朗)も駆けつけて見事、藩の内紛は解決。お銀は黄門様直筆の巻物を携えて、悪者たちを懲らしめる世直し旅へと旅立つ。

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #10

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #10

05/08(水)21:00~22:00

由美かおる扮する、かげろうお銀が率いる女忍び軍団・かげろう組が活躍する『水戸黄門』初の外伝。黄門様の密命を受け、弱き者を苦しめる全国の悪者たちを懲らしめていく爽やかなお色気アクション時代劇! かげろう組のくノ一、伽羅(中野みゆき)や蛍(羽田惠理香(現:はねだえりか))、朧(鈴木奈穂)たちが見せるお色気忍法は見もの。もちろん、入浴シーンも毎回、随所に登場!! 柘植の飛猿(野村将希)や横笛の小太郎(中村橋之助(現・中村芝翫))、名張の翔(京本政樹)、花火の又八(せんだみつお)など個性的な男性陣もお銀をサポート。ちなみに第1話では、黄門様ほか助さん、格さん、八兵衛とお馴染み本家の面々が顔を揃えています。 黄門様から許しを得たお銀(由美かおる)は、十年ぶりに故郷へと急いでいた。故郷の忍びの里には、祖父の藤林無門(佐野浅夫=二役)ほか、一門が仲良く暮らしている。だが、大和郡山藩の実権を狙う悪の刺客に里が襲われ、無門は深い傷を負ってしまう。ほどなく、無門を看取ることになったお銀は、涙を怒りに変えて悪に立ち向かっていく。黄門様(佐野浅夫=二役)の命を受けた助さん(あおい輝彦)格さん(伊吹吾朗)も駆けつけて見事、藩の内紛は解決。お銀は黄門様直筆の巻物を携えて、悪者たちを懲らしめる世直し旅へと旅立つ。

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #11

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #11

05/09(木)21:00~22:00

由美かおる扮する、かげろうお銀が率いる女忍び軍団・かげろう組が活躍する『水戸黄門』初の外伝。黄門様の密命を受け、弱き者を苦しめる全国の悪者たちを懲らしめていく爽やかなお色気アクション時代劇! かげろう組のくノ一、伽羅(中野みゆき)や蛍(羽田惠理香(現:はねだえりか))、朧(鈴木奈穂)たちが見せるお色気忍法は見もの。もちろん、入浴シーンも毎回、随所に登場!! 柘植の飛猿(野村将希)や横笛の小太郎(中村橋之助(現・中村芝翫))、名張の翔(京本政樹)、花火の又八(せんだみつお)など個性的な男性陣もお銀をサポート。ちなみに第1話では、黄門様ほか助さん、格さん、八兵衛とお馴染み本家の面々が顔を揃えています。 黄門様から許しを得たお銀(由美かおる)は、十年ぶりに故郷へと急いでいた。故郷の忍びの里には、祖父の藤林無門(佐野浅夫=二役)ほか、一門が仲良く暮らしている。だが、大和郡山藩の実権を狙う悪の刺客に里が襲われ、無門は深い傷を負ってしまう。ほどなく、無門を看取ることになったお銀は、涙を怒りに変えて悪に立ち向かっていく。黄門様(佐野浅夫=二役)の命を受けた助さん(あおい輝彦)格さん(伊吹吾朗)も駆けつけて見事、藩の内紛は解決。お銀は黄門様直筆の巻物を携えて、悪者たちを懲らしめる世直し旅へと旅立つ。

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #12

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #12

05/10(金)21:00~22:00

由美かおる扮する、かげろうお銀が率いる女忍び軍団・かげろう組が活躍する『水戸黄門』初の外伝。黄門様の密命を受け、弱き者を苦しめる全国の悪者たちを懲らしめていく爽やかなお色気アクション時代劇! かげろう組のくノ一、伽羅(中野みゆき)や蛍(羽田惠理香(現:はねだえりか))、朧(鈴木奈穂)たちが見せるお色気忍法は見もの。もちろん、入浴シーンも毎回、随所に登場!! 柘植の飛猿(野村将希)や横笛の小太郎(中村橋之助(現・中村芝翫))、名張の翔(京本政樹)、花火の又八(せんだみつお)など個性的な男性陣もお銀をサポート。ちなみに第1話では、黄門様ほか助さん、格さん、八兵衛とお馴染み本家の面々が顔を揃えています。 黄門様から許しを得たお銀(由美かおる)は、十年ぶりに故郷へと急いでいた。故郷の忍びの里には、祖父の藤林無門(佐野浅夫=二役)ほか、一門が仲良く暮らしている。だが、大和郡山藩の実権を狙う悪の刺客に里が襲われ、無門は深い傷を負ってしまう。ほどなく、無門を看取ることになったお銀は、涙を怒りに変えて悪に立ち向かっていく。黄門様(佐野浅夫=二役)の命を受けた助さん(あおい輝彦)格さん(伊吹吾朗)も駆けつけて見事、藩の内紛は解決。お銀は黄門様直筆の巻物を携えて、悪者たちを懲らしめる世直し旅へと旅立つ。

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #13

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #13

05/13(月)21:00~22:00

由美かおる扮する、かげろうお銀が率いる女忍び軍団・かげろう組が活躍する『水戸黄門』初の外伝。黄門様の密命を受け、弱き者を苦しめる全国の悪者たちを懲らしめていく爽やかなお色気アクション時代劇! かげろう組のくノ一、伽羅(中野みゆき)や蛍(羽田惠理香(現:はねだえりか))、朧(鈴木奈穂)たちが見せるお色気忍法は見もの。もちろん、入浴シーンも毎回、随所に登場!! 柘植の飛猿(野村将希)や横笛の小太郎(中村橋之助(現・中村芝翫))、名張の翔(京本政樹)、花火の又八(せんだみつお)など個性的な男性陣もお銀をサポート。ちなみに第1話では、黄門様ほか助さん、格さん、八兵衛とお馴染み本家の面々が顔を揃えています。 黄門様から許しを得たお銀(由美かおる)は、十年ぶりに故郷へと急いでいた。故郷の忍びの里には、祖父の藤林無門(佐野浅夫=二役)ほか、一門が仲良く暮らしている。だが、大和郡山藩の実権を狙う悪の刺客に里が襲われ、無門は深い傷を負ってしまう。ほどなく、無門を看取ることになったお銀は、涙を怒りに変えて悪に立ち向かっていく。黄門様(佐野浅夫=二役)の命を受けた助さん(あおい輝彦)格さん(伊吹吾朗)も駆けつけて見事、藩の内紛は解決。お銀は黄門様直筆の巻物を携えて、悪者たちを懲らしめる世直し旅へと旅立つ。

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #14

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #14

05/14(火)21:00~22:00

由美かおる扮する、かげろうお銀が率いる女忍び軍団・かげろう組が活躍する『水戸黄門』初の外伝。黄門様の密命を受け、弱き者を苦しめる全国の悪者たちを懲らしめていく爽やかなお色気アクション時代劇! かげろう組のくノ一、伽羅(中野みゆき)や蛍(羽田惠理香(現:はねだえりか))、朧(鈴木奈穂)たちが見せるお色気忍法は見もの。もちろん、入浴シーンも毎回、随所に登場!! 柘植の飛猿(野村将希)や横笛の小太郎(中村橋之助(現・中村芝翫))、名張の翔(京本政樹)、花火の又八(せんだみつお)など個性的な男性陣もお銀をサポート。ちなみに第1話では、黄門様ほか助さん、格さん、八兵衛とお馴染み本家の面々が顔を揃えています。 黄門様から許しを得たお銀(由美かおる)は、十年ぶりに故郷へと急いでいた。故郷の忍びの里には、祖父の藤林無門(佐野浅夫=二役)ほか、一門が仲良く暮らしている。だが、大和郡山藩の実権を狙う悪の刺客に里が襲われ、無門は深い傷を負ってしまう。ほどなく、無門を看取ることになったお銀は、涙を怒りに変えて悪に立ち向かっていく。黄門様(佐野浅夫=二役)の命を受けた助さん(あおい輝彦)格さん(伊吹吾朗)も駆けつけて見事、藩の内紛は解決。お銀は黄門様直筆の巻物を携えて、悪者たちを懲らしめる世直し旅へと旅立つ。

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #15

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #15

05/15(水)21:00~22:00

由美かおる扮する、かげろうお銀が率いる女忍び軍団・かげろう組が活躍する『水戸黄門』初の外伝。黄門様の密命を受け、弱き者を苦しめる全国の悪者たちを懲らしめていく爽やかなお色気アクション時代劇! かげろう組のくノ一、伽羅(中野みゆき)や蛍(羽田惠理香(現:はねだえりか))、朧(鈴木奈穂)たちが見せるお色気忍法は見もの。もちろん、入浴シーンも毎回、随所に登場!! 柘植の飛猿(野村将希)や横笛の小太郎(中村橋之助(現・中村芝翫))、名張の翔(京本政樹)、花火の又八(せんだみつお)など個性的な男性陣もお銀をサポート。ちなみに第1話では、黄門様ほか助さん、格さん、八兵衛とお馴染み本家の面々が顔を揃えています。 黄門様から許しを得たお銀(由美かおる)は、十年ぶりに故郷へと急いでいた。故郷の忍びの里には、祖父の藤林無門(佐野浅夫=二役)ほか、一門が仲良く暮らしている。だが、大和郡山藩の実権を狙う悪の刺客に里が襲われ、無門は深い傷を負ってしまう。ほどなく、無門を看取ることになったお銀は、涙を怒りに変えて悪に立ち向かっていく。黄門様(佐野浅夫=二役)の命を受けた助さん(あおい輝彦)格さん(伊吹吾朗)も駆けつけて見事、藩の内紛は解決。お銀は黄門様直筆の巻物を携えて、悪者たちを懲らしめる世直し旅へと旅立つ。

[終] 水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #16

[終] 水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 #16

05/16(木)21:00~22:00

由美かおる扮する、かげろうお銀が率いる女忍び軍団・かげろう組が活躍する『水戸黄門』初の外伝。黄門様の密命を受け、弱き者を苦しめる全国の悪者たちを懲らしめていく爽やかなお色気アクション時代劇! かげろう組のくノ一、伽羅(中野みゆき)や蛍(羽田惠理香(現:はねだえりか))、朧(鈴木奈穂)たちが見せるお色気忍法は見もの。もちろん、入浴シーンも毎回、随所に登場!! 柘植の飛猿(野村将希)や横笛の小太郎(中村橋之助(現・中村芝翫))、名張の翔(京本政樹)、花火の又八(せんだみつお)など個性的な男性陣もお銀をサポート。ちなみに第1話では、黄門様ほか助さん、格さん、八兵衛とお馴染み本家の面々が顔を揃えています。 黄門様から許しを得たお銀(由美かおる)は、十年ぶりに故郷へと急いでいた。故郷の忍びの里には、祖父の藤林無門(佐野浅夫=二役)ほか、一門が仲良く暮らしている。だが、大和郡山藩の実権を狙う悪の刺客に里が襲われ、無門は深い傷を負ってしまう。ほどなく、無門を看取ることになったお銀は、涙を怒りに変えて悪に立ち向かっていく。黄門様(佐野浅夫=二役)の命を受けた助さん(あおい輝彦)格さん(伊吹吾朗)も駆けつけて見事、藩の内紛は解決。お銀は黄門様直筆の巻物を携えて、悪者たちを懲らしめる世直し旅へと旅立つ。

映画「鬼平犯科帳 血闘」ナビ 29番組

メイキング・オブ・ 映画「鬼平犯科帳 血闘」 22番組

必殺仕置人 21番組

必殺仕置人 #6 主演:山崎努/藤田まこと

必殺仕置人 #6 主演:山崎努/藤田まこと

05/03(金)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #7

必殺仕置人 #7

05/04(土)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #8

必殺仕置人 #8

05/07(火)01:10~02:05

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #9

必殺仕置人 #9

05/08(水)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #10

必殺仕置人 #10

05/09(木)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #11

必殺仕置人 #11

05/10(金)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #12

必殺仕置人 #12

05/11(土)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #13

必殺仕置人 #13

05/14(火)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #14

必殺仕置人 #14

05/15(水)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #15

必殺仕置人 #15

05/16(木)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #16

必殺仕置人 #16

05/17(金)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #17

必殺仕置人 #17

05/18(土)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #18

必殺仕置人 #18

05/21(火)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #19

必殺仕置人 #19

05/22(水)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #20

必殺仕置人 #20

05/23(木)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #21

必殺仕置人 #21

05/24(金)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

必殺仕置人 #22

必殺仕置人 #22

05/25(土)01:15~02:10

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

幻之介世直し帖 20番組

子連れ狼3 16番組

スカパー!からのイチオシ

記事・インタビュー

more
  • このサイトでは、当日から1週間分はEPGと同等の番組情報が表示され、その先1ヶ月後まではガイド誌(有料)と同等の番組情報が表示されます。番組や放送予定は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • このサイトは、ウェブブラウザーMicrosoft Edge最新版、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版、Safari最新版での動作を確認しております。上記以外のウェブブラウザーで閲覧されますと、表示の乱れや予期せぬ動作を起こす場合がございますので、予めご了承ください。

現在マイリストを更新中です。

番組情報を読み込み中

現在マイリストに登録中です。

現在マイリストから削除中です。