番組検索結果 (シリーズ別)

一般番組 成人番組

検索ワード

絞り込み

放送日を選択
週、曜日、日指定はカレンダー上を選択

ジャンル

チャンネル

シリーズ別表示 放送日時順表示

J SPORTS STADIUM2024 125番組

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 東京ヤクルト(06/01)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 東京ヤクルト(06/01)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/01(土)17:30~22:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 東京ヤクルト(06/02)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 東京ヤクルト(06/02)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/02(日)13:30~18:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『中日 vs. 福岡ソフトバンク(06/04)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『中日 vs. 福岡ソフトバンク(06/04)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/04(火)17:55~22:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『中日 vs. 福岡ソフトバンク(06/05)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『中日 vs. 福岡ソフトバンク(06/05)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/05(水)17:55~22:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『中日 vs. 福岡ソフトバンク(06/06)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『中日 vs. 福岡ソフトバンク(06/06)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/06(木)17:55~22:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初][二] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『中日 vs. 楽天(06/07)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初][二] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『中日 vs. 楽天(06/07)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/07(金)17:55~22:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『中日 vs. 楽天(06/08)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『中日 vs. 楽天(06/08)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/08(土)13:55~18:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『中日 vs. 楽天(06/09)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『中日 vs. 楽天(06/09)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/09(日)13:25~17:30

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 巨人(06/11)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 巨人(06/11)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/11(火)17:30~22:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 巨人(06/12)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 巨人(06/12)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/12(水)17:30~22:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 巨人(06/13)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 巨人(06/13)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/13(木)17:30~22:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 広島(06/14)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 広島(06/14)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/14(金)17:30~22:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 広島(06/15)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 広島(06/15)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/15(土)13:30~18:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 広島(06/16)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~セ・パ交流戦~ 『楽天 vs. 広島(06/16)』 (楽天モバイルパーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/16(日)12:30~17:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 『中日 vs. 広島(06/21)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 『中日 vs. 広島(06/21)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/21(金)17:50~22:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 『中日 vs. 広島(06/22)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 『中日 vs. 広島(06/22)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/22(土)13:55~18:00

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2024 『中日 vs. 広島(06/23)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 『中日 vs. 広島(06/23)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

06/23(日)13:25~17:30

6月はペナントレース優勝へ大きな影響をもたらす交流戦が終了し、それぞれのリーグでの戦いが再開。 セ・リーグ10勝一番乗り、新戦力中心に好調の中日ドラゴンズ。 打撃陣は、過去3度の打点王に輝いた中田翔が4番としてチームをけん引。 ベテランの活躍に引っ張られて、若き大砲・細川成也、走攻守3拍子そろう2年目の田中幹也らが開幕から好調子を保っている。 投手陣も、左ひじの手術から復活の大野雄大、開幕投手を務めた柳裕也を始め、ベテラン涌井秀章、小笠原慎之介、H.メヒアが先発ローテーションに入り、 勝利数を順調に積み上げている。 今江敏晃監督就任1年目シーズンの東北楽天ゴールデンイーグルス。 投手陣は開幕投手の座をつかんだ4年目の早川隆久や、開幕から好調のC.ポンセらがチームを引っ張る。 今後は、ベテラン岸孝之や荘司康誠の活躍にも期待したい。 打撃陣は、野手キャプテンの浅村栄斗が何度もチームの危機を救う執念のプレーを見せており、村林一輝も10試合連続安打を放つなど好調だ。 J SPORTS 2では、~セ・パ交流戦~「楽天 vs. 東京ヤクルト」、~セ・パ交流戦~「中日 vs. 福岡ソフトバンク」、「中日 vs. 広島」など計20試合を生中継!

ジャパンラグビー リーグワン 2023-24 88番組

結束!侍ジャパン 55番組

MLBイッキ見! 80番組

Bリーグ チャンピオンシップ 2023-24 39番組