番組検索結果 (シリーズ別)

一般番組 成人番組

検索ワード

絞り込み

放送日を選択
週、曜日、日指定はカレンダー上を選択

ジャンル

チャンネル

シリーズ別表示 放送日時順表示

プロ野球熱ケツ情報 59番組

結束!侍ジャパン 65番組

俺プロ!~俺たちのプロ野球~ 69番組

GAORAプロ野球中継 35番組

超ジャイアンツ 45番組

J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 120番組

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『広島 vs. 中日(03/08)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『広島 vs. 中日(03/08)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/08(金)12:55~17:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 新井貴浩監督2シーズン目の広島東洋カープ。 投手陣は先発ローテーションに入るために、オープン戦でのアピールは必須条件。 即戦力として期待のかかるドラフト1位ルーキー・常廣羽也斗らは、アピールすることができるのか。 また、昨季球団初の最優秀中継ぎ投手のタイトルに輝いた島内颯太郎、打撃陣では正捕手として昨季120試合に出場した坂倉将吾や、侍ジャパンとして昨年のアジアプロ野球チャンピオンシップで活躍した小園海斗を始めとした若手の活躍が鍵となる。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。新守護神となりチームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら、新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 1では、「楽天 vs. 広島」、「広島 vs. 中日」、「広島 vs. 横浜DeNA」、「広島 vs. 福岡ソフトバンク」の計9試合を生中継

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『広島 vs. 中日(03/08)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『広島 vs. 中日(03/08)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/08(金)12:55~17:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 新井貴浩監督2シーズン目の広島東洋カープ。 投手陣は先発ローテーションに入るために、オープン戦でのアピールは必須条件。 即戦力として期待のかかるドラフト1位ルーキー・常廣羽也斗らは、アピールすることができるのか。 また、昨季球団初の最優秀中継ぎ投手のタイトルに輝いた島内颯太郎、打撃陣では正捕手として昨季120試合に出場した坂倉将吾や、侍ジャパンとして昨年のアジアプロ野球チャンピオンシップで活躍した小園海斗を始めとした若手の活躍が鍵となる。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。新守護神となりチームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら、新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 1では、「楽天 vs. 広島」、「広島 vs. 中日」、「広島 vs. 横浜DeNA」、「広島 vs. 福岡ソフトバンク」の計9試合を生中継

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『オリックス vs. 巨人(03/08)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『オリックス vs. 巨人(03/08)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/08(金)13:55~18:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 球団史上初のリーグ3連覇を達成したオリックス・バファローズ。 先発投手陣は、宮城大弥、昨季パ・リーグ新人王に輝いた山下舜平大ら次世代エース候補の活躍に期待がかかる。 一方、森友哉や紅林弘太郎を始めとした層の厚さを誇る打撃陣では、FAで広島東洋カープから西川龍馬が加入し、更に打線が強化される。 西川は大阪府の出身でもあり、地元での活躍に期待が高まっている。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。 新守護神となり、チームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 3では、「オリックス vs. 横浜DeNA」、「オリックス vs. 中日」、「オリックス vs. 巨人」、「楽天 vs. オリックスなど計10試合を生中継。

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『オリックス vs. 巨人(03/08)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『オリックス vs. 巨人(03/08)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/08(金)13:55~18:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 球団史上初のリーグ3連覇を達成したオリックス・バファローズ。 先発投手陣は、宮城大弥、昨季パ・リーグ新人王に輝いた山下舜平大ら次世代エース候補の活躍に期待がかかる。 一方、森友哉や紅林弘太郎を始めとした層の厚さを誇る打撃陣では、FAで広島東洋カープから西川龍馬が加入し、更に打線が強化される。 西川は大阪府の出身でもあり、地元での活躍に期待が高まっている。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。 新守護神となり、チームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 3では、「オリックス vs. 横浜DeNA」、「オリックス vs. 中日」、「オリックス vs. 巨人」、「楽天 vs. オリックスなど計10試合を生中継。

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『広島 vs. 中日(03/09)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『広島 vs. 中日(03/09)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/09(土)12:55~17:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 新井貴浩監督2シーズン目の広島東洋カープ。 投手陣は先発ローテーションに入るために、オープン戦でのアピールは必須条件。 即戦力として期待のかかるドラフト1位ルーキー・常廣羽也斗らは、アピールすることができるのか。 また、昨季球団初の最優秀中継ぎ投手のタイトルに輝いた島内颯太郎、打撃陣では正捕手として昨季120試合に出場した坂倉将吾や、侍ジャパンとして昨年のアジアプロ野球チャンピオンシップで活躍した小園海斗を始めとした若手の活躍が鍵となる。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。新守護神となりチームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら、新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 1では、「楽天 vs. 広島」、「広島 vs. 中日」、「広島 vs. 横浜DeNA」、「広島 vs. 福岡ソフトバンク」の計9試合を生中継

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『広島 vs. 中日(03/09)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『広島 vs. 中日(03/09)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/09(土)12:55~17:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 新井貴浩監督2シーズン目の広島東洋カープ。 投手陣は先発ローテーションに入るために、オープン戦でのアピールは必須条件。 即戦力として期待のかかるドラフト1位ルーキー・常廣羽也斗らは、アピールすることができるのか。 また、昨季球団初の最優秀中継ぎ投手のタイトルに輝いた島内颯太郎、打撃陣では正捕手として昨季120試合に出場した坂倉将吾や、侍ジャパンとして昨年のアジアプロ野球チャンピオンシップで活躍した小園海斗を始めとした若手の活躍が鍵となる。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。新守護神となりチームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら、新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 1では、「楽天 vs. 広島」、「広島 vs. 中日」、「広島 vs. 横浜DeNA」、「広島 vs. 福岡ソフトバンク」の計9試合を生中継

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『楽天 vs. 北海道日本ハム(03/09)』 (静岡) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『楽天 vs. 北海道日本ハム(03/09)』 (静岡) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/09(土)12:55~17:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 13年ぶりのリーグ優勝・17年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 投手陣はエース・大野雄大や柳裕也、次世代エース・髙橋宏斗など層の厚さを誇る。 今シーズンも安定感を持ってチームを引っ張っていけるのか。 加えて、今シーズンは打撃陣を積極補強! 読売ジャイアンツから中田翔と中島宏之、福岡ソフトバンクホークスからは上林誠知、そして阪神タイガースの山本泰寛、板山祐太郎を獲得し長打力不足解消なるか?‎ 細川成也や‎石川昂弥と共に、打線に磨きをかける。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。 新守護神となり、チームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム」、「中日 vs. 阪神」、「中日 vs. 楽天」、「中日 vs. 千葉ロッテ」の生中継8試合を含む計12試合を放送。

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『楽天 vs. 北海道日本ハム(03/09)』 (静岡) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『楽天 vs. 北海道日本ハム(03/09)』 (静岡) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/09(土)12:55~17:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 13年ぶりのリーグ優勝・17年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 投手陣はエース・大野雄大や柳裕也、次世代エース・髙橋宏斗など層の厚さを誇る。 今シーズンも安定感を持ってチームを引っ張っていけるのか。 加えて、今シーズンは打撃陣を積極補強! 読売ジャイアンツから中田翔と中島宏之、福岡ソフトバンクホークスからは上林誠知、そして阪神タイガースの山本泰寛、板山祐太郎を獲得し長打力不足解消なるか?‎ 細川成也や‎石川昂弥と共に、打線に磨きをかける。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。 新守護神となり、チームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム」、「中日 vs. 阪神」、「中日 vs. 楽天」、「中日 vs. 千葉ロッテ」の生中継8試合を含む計12試合を放送。

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『オリックス vs. 巨人(03/09)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『オリックス vs. 巨人(03/09)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/09(土)13:55~18:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 球団史上初のリーグ3連覇を達成したオリックス・バファローズ。 先発投手陣は、宮城大弥、昨季パ・リーグ新人王に輝いた山下舜平大ら次世代エース候補の活躍に期待がかかる。 一方、森友哉や紅林弘太郎を始めとした層の厚さを誇る打撃陣では、FAで広島東洋カープから西川龍馬が加入し、更に打線が強化される。 西川は大阪府の出身でもあり、地元での活躍に期待が高まっている。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。 新守護神となり、チームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 3では、「オリックス vs. 横浜DeNA」、「オリックス vs. 中日」、「オリックス vs. 巨人」、「楽天 vs. オリックスなど計10試合を生中継。

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『オリックス vs. 巨人(03/09)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『オリックス vs. 巨人(03/09)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/09(土)13:55~18:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 球団史上初のリーグ3連覇を達成したオリックス・バファローズ。 先発投手陣は、宮城大弥、昨季パ・リーグ新人王に輝いた山下舜平大ら次世代エース候補の活躍に期待がかかる。 一方、森友哉や紅林弘太郎を始めとした層の厚さを誇る打撃陣では、FAで広島東洋カープから西川龍馬が加入し、更に打線が強化される。 西川は大阪府の出身でもあり、地元での活躍に期待が高まっている。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。 新守護神となり、チームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 3では、「オリックス vs. 横浜DeNA」、「オリックス vs. 中日」、「オリックス vs. 巨人」、「楽天 vs. オリックスなど計10試合を生中継。

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『広島 vs. 中日(03/10)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『広島 vs. 中日(03/10)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/10(日)12:55~17:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 新井貴浩監督2シーズン目の広島東洋カープ。 投手陣は先発ローテーションに入るために、オープン戦でのアピールは必須条件。 即戦力として期待のかかるドラフト1位ルーキー・常廣羽也斗らは、アピールすることができるのか。 また、昨季球団初の最優秀中継ぎ投手のタイトルに輝いた島内颯太郎、打撃陣では正捕手として昨季120試合に出場した坂倉将吾や、侍ジャパンとして昨年のアジアプロ野球チャンピオンシップで活躍した小園海斗を始めとした若手の活躍が鍵となる。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。新守護神となりチームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら、新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 1では、「楽天 vs. 広島」、「広島 vs. 中日」、「広島 vs. 横浜DeNA」、「広島 vs. 福岡ソフトバンク」の計9試合を生中継

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『広島 vs. 中日(03/10)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『広島 vs. 中日(03/10)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/10(日)12:55~17:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 新井貴浩監督2シーズン目の広島東洋カープ。 投手陣は先発ローテーションに入るために、オープン戦でのアピールは必須条件。 即戦力として期待のかかるドラフト1位ルーキー・常廣羽也斗らは、アピールすることができるのか。 また、昨季球団初の最優秀中継ぎ投手のタイトルに輝いた島内颯太郎、打撃陣では正捕手として昨季120試合に出場した坂倉将吾や、侍ジャパンとして昨年のアジアプロ野球チャンピオンシップで活躍した小園海斗を始めとした若手の活躍が鍵となる。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。新守護神となりチームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら、新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 1では、「楽天 vs. 広島」、「広島 vs. 中日」、「広島 vs. 横浜DeNA」、「広島 vs. 福岡ソフトバンク」の計9試合を生中継

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『楽天 vs. 北海道日本ハム(03/10)』 (静岡) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『楽天 vs. 北海道日本ハム(03/10)』 (静岡) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/10(日)12:55~17:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 13年ぶりのリーグ優勝・17年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 投手陣はエース・大野雄大や柳裕也、次世代エース・髙橋宏斗など層の厚さを誇る。 今シーズンも安定感を持ってチームを引っ張っていけるのか。 加えて、今シーズンは打撃陣を積極補強! 読売ジャイアンツから中田翔と中島宏之、福岡ソフトバンクホークスからは上林誠知、そして阪神タイガースの山本泰寛、板山祐太郎を獲得し長打力不足解消なるか?‎ 細川成也や‎石川昂弥と共に、打線に磨きをかける。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。 新守護神となり、チームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム」、「中日 vs. 阪神」、「中日 vs. 楽天」、「中日 vs. 千葉ロッテ」の生中継8試合を含む計12試合を放送。

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『楽天 vs. 北海道日本ハム(03/10)』 (静岡) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『楽天 vs. 北海道日本ハム(03/10)』 (静岡) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/10(日)12:55~17:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 13年ぶりのリーグ優勝・17年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 投手陣はエース・大野雄大や柳裕也、次世代エース・髙橋宏斗など層の厚さを誇る。 今シーズンも安定感を持ってチームを引っ張っていけるのか。 加えて、今シーズンは打撃陣を積極補強! 読売ジャイアンツから中田翔と中島宏之、福岡ソフトバンクホークスからは上林誠知、そして阪神タイガースの山本泰寛、板山祐太郎を獲得し長打力不足解消なるか?‎ 細川成也や‎石川昂弥と共に、打線に磨きをかける。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。 新守護神となり、チームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム」、「中日 vs. 阪神」、「中日 vs. 楽天」、「中日 vs. 千葉ロッテ」の生中継8試合を含む計12試合を放送。

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『オリックス vs. 東京ヤクルト(03/10)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

[初] J SPORTS STADIUM2024 ~オープン戦~ 『オリックス vs. 東京ヤクルト(03/10)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

03/10(日)13:55~18:00

春季キャンプでの練習の成果を試す機会となるオープン戦が、今年も各地で開催される。 若手選手にとってはアピールの場として、そしてベテラン選手には調整の場として重要な機会。 球団史上初のリーグ3連覇を達成したオリックス・バファローズ。 先発投手陣は、宮城大弥、昨季パ・リーグ新人王に輝いた山下舜平大ら次世代エース候補の活躍に期待がかかる。 一方、森友哉や紅林弘太郎を始めとした層の厚さを誇る打撃陣では、FAで広島東洋カープから西川龍馬が加入し、更に打線が強化される。 西川は大阪府の出身でもあり、地元での活躍に期待が高まっている。 昨季はクライマックスシリーズ進出にあと一歩のところまで迫った、東北楽天ゴールデンイーグルス。 今季は今江敏晃新監督の下、2013年以来11年ぶりのリーグ優勝・日本一を目指す。 投手陣では、エースとして活躍してきた則本昂大が今江監督の提案でクローザーへ転向。 新守護神となり、チームを支える! またドラフト1位ルーキー・古謝樹ら新戦力の先発ローテーション入りにも注目。 打撃陣では、野手キャプテン浅村栄斗、島内宏明や小深田大翔を中心に打線を強化することができるのか。 2024シーズンのプロ野球ペナントレースは、いよいよ3月29日に開幕! スタートダッシュを決めるのはどのチームか!? J SPORTS 3では、「オリックス vs. 横浜DeNA」、「オリックス vs. 中日」、「オリックス vs. 巨人」、「楽天 vs. オリックスなど計10試合を生中継。