“エリザベート”の番組検索結果 (シリーズ別)

一般番組 成人番組

検索ワード

絞り込み

放送日を選択
週、曜日、日指定はカレンダー上を選択

ジャンル

チャンネル

シリーズ別表示 放送日時順表示

うず潮 2番組

[ボンジュール!フランス映画の祭典]巨匠たちが愛する女優 カトリーヌ・ドヌーヴ うず潮(1975)

[ボンジュール!フランス映画の祭典]巨匠たちが愛する女優 カトリーヌ・ドヌーヴ うず潮(1975)

08/02(金)15:15~17:15

フランスの2大スター、Y・モンタンとC・ドヌーヴが初共演したロマンティックコメディ。大富豪との結婚寸前に逃げ出した女性歌手は、孤島で暮らす不思議な男性と出会う。フランス映画だが、米国、ベネズエラほかでもロケをした、大人のロマンティックコメディ。いずれも自由な生活を望む男女が南米で出会い、孤島で繰り広げる灼熱の恋とトラブルを、コミカルに描写。ベネズエラ現地ロケならでは美しいコバルトブルーの海も見どころ。監督は、「地下鉄のザジ」「リオの男」などの脚本家から監督に転じ、「城の生活」でもドヌーヴと組んだJ=P・ラプノー。音楽を手掛けたのは「シェルブールの雨傘」など、やはりドヌーヴと相性がいい映画音楽の大家、M・ルグラン。 ベネズエラ。酒場の歌手ネリーは富豪ヴィットリオに魅了され、2人は結婚することに。だがネリーは結婚式の寸前、気変わりして逃げ出すとともに、ヴィットリオの友人の家から高価な名画を盗み出す。やが彼女はかつて香水の会社の社長だったが文明生活を嫌って孤島で暮らす男性マルタンと出会い、彼が住む孤島に逃げ込む。ネリーとマルタンは少しずつ意気投合していくが、そこに乗り込んできたヴィットリオはネリーを連れ去り……。

[ボンジュール!フランス映画の祭典]巨匠たちが愛する女優 カトリーヌ・ドヌーヴ うず潮(1975)

[ボンジュール!フランス映画の祭典]巨匠たちが愛する女優 カトリーヌ・ドヌーヴ うず潮(1975)

08/02(金)15:15~17:15

フランスの2大スター、Y・モンタンとC・ドヌーヴが初共演したロマンティックコメディ。大富豪との結婚寸前に逃げ出した女性歌手は、孤島で暮らす不思議な男性と出会う。フランス映画だが、米国、ベネズエラほかでもロケをした、大人のロマンティックコメディ。いずれも自由な生活を望む男女が南米で出会い、孤島で繰り広げる灼熱の恋とトラブルを、コミカルに描写。ベネズエラ現地ロケならでは美しいコバルトブルーの海も見どころ。監督は、「地下鉄のザジ」「リオの男」などの脚本家から監督に転じ、「城の生活」でもドヌーヴと組んだJ=P・ラプノー。音楽を手掛けたのは「シェルブールの雨傘」など、やはりドヌーヴと相性がいい映画音楽の大家、M・ルグラン。 ベネズエラ。酒場の歌手ネリーは富豪ヴィットリオに魅了され、2人は結婚することに。だがネリーは結婚式の寸前、気変わりして逃げ出すとともに、ヴィットリオの友人の家から高価な名画を盗み出す。やが彼女はかつて香水の会社の社長だったが文明生活を嫌って孤島で暮らす男性マルタンと出会い、彼が住む孤島に逃げ込む。ネリーとマルタンは少しずつ意気投合していくが、そこに乗り込んできたヴィットリオはネリーを連れ去り……。

[ボンジュール!フランス映画の祭典]巨匠たちが愛する女優 カトリーヌ・ドヌーヴ うず潮(1975)

[ボンジュール!フランス映画の祭典]巨匠たちが愛する女優 カトリーヌ・ドヌーヴ うず潮(1975)

08/13(火)12:45~14:45

フランスの2大スター、Y・モンタンとC・ドヌーヴが初共演したロマンティックコメディ。大富豪との結婚寸前に逃げ出した女性歌手は、孤島で暮らす不思議な男性と出会う。フランス映画だが、米国、ベネズエラほかでもロケをした、大人のロマンティックコメディ。いずれも自由な生活を望む男女が南米で出会い、孤島で繰り広げる灼熱の恋とトラブルを、コミカルに描写。ベネズエラ現地ロケならでは美しいコバルトブルーの海も見どころ。監督は、「地下鉄のザジ」「リオの男」などの脚本家から監督に転じ、「城の生活」でもドヌーヴと組んだJ=P・ラプノー。音楽を手掛けたのは「シェルブールの雨傘」など、やはりドヌーヴと相性がいい映画音楽の大家、M・ルグラン。 ベネズエラ。酒場の歌手ネリーは富豪ヴィットリオに魅了され、2人は結婚することに。だがネリーは結婚式の寸前、気変わりして逃げ出すとともに、ヴィットリオの友人の家から高価な名画を盗み出す。やが彼女はかつて香水の会社の社長だったが文明生活を嫌って孤島で暮らす男性マルタンと出会い、彼が住む孤島に逃げ込む。ネリーとマルタンは少しずつ意気投合していくが、そこに乗り込んできたヴィットリオはネリーを連れ去り……。

午前4時にパリの夜は明ける 1番組

女優 シャルロット・ゲンズブール 午前4時にパリの夜は明ける

女優 シャルロット・ゲンズブール 午前4時にパリの夜は明ける

08/03(土)02:45~04:45

苦難を乗り越えて懸命に生きるシングルマザーのヒロインを、C・ゲンズブールが魅力的に好演。「アマンダと僕」のM・アース監督が1980年代のパリを舞台に描く感動作。夫と別れ、シングルマザーとなったヒロインが、さまざまな苦難を乗り越え、2人の子どもたちとともに懸命に前に歩んでいく姿を、1980年代のパリを舞台にいきいきと描写。「なまいきシャルロット」で注目を集めたゲンズブールと、やはり1980年代からトップ女優として活躍し続けるE・ベアールが仲良く共演するほか、「満月の夜」「北の橋」など、1980年代の名作映画が劇中に引用され、ヌーヴェル・ヴァーグの精神を現代に受け継ぐアース監督ならではの映画愛に満ちた、みずみずしい感動作に仕上がった。 1981年のパリ。夫と別れ、子どもたちを養うため、働く必要に迫られたエリザベート。彼女は深夜ラジオ番組の人気パーソナリティー、ヴァンダに求職の手紙を書き送り、番組のアシスタントとして働き始める。ある晩、番組のリスナーの孤独な少女タルラと出会い、彼女が家出してきたことを知ったエリザベートは、自宅に泊まるよう彼女を招く。そんなタルラに、エリザベートの純情な息子マチアスがすっかり惚れ込むようになり……。

女優 シャルロット・ゲンズブール 午前4時にパリの夜は明ける

女優 シャルロット・ゲンズブール 午前4時にパリの夜は明ける

08/03(土)02:45~04:45

苦難を乗り越えて懸命に生きるシングルマザーのヒロインを、C・ゲンズブールが魅力的に好演。「アマンダと僕」のM・アース監督が1980年代のパリを舞台に描く感動作。夫と別れ、シングルマザーとなったヒロインが、さまざまな苦難を乗り越え、2人の子どもたちとともに懸命に前に歩んでいく姿を、1980年代のパリを舞台にいきいきと描写。「なまいきシャルロット」で注目を集めたゲンズブールと、やはり1980年代からトップ女優として活躍し続けるE・ベアールが仲良く共演するほか、「満月の夜」「北の橋」など、1980年代の名作映画が劇中に引用され、ヌーヴェル・ヴァーグの精神を現代に受け継ぐアース監督ならではの映画愛に満ちた、みずみずしい感動作に仕上がった。 1981年のパリ。夫と別れ、子どもたちを養うため、働く必要に迫られたエリザベート。彼女は深夜ラジオ番組の人気パーソナリティー、ヴァンダに求職の手紙を書き送り、番組のアシスタントとして働き始める。ある晩、番組のリスナーの孤独な少女タルラと出会い、彼女が家出してきたことを知ったエリザベートは、自宅に泊まるよう彼女を招く。そんなタルラに、エリザベートの純情な息子マチアスがすっかり惚れ込むようになり……。

エリザベート1878 1番組

ワールドシネマセレクション エリザベート1878

ワールドシネマセレクション エリザベート1878

08/19(月)23:30~01:30

ハプスブルク家の子孫である皇妃エリザベート。その知られざる葛藤と孤独に迫ったドラマ。主演のV・クリープスは第75回カンヌ国際映画祭のある視点部門・演技賞を受賞。欧州史上で最も重要とされる王朝、ハプスブルク家。13~20世紀に欧州各国の君主を生み出したが、オーストリア帝国の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と結婚したのが愛称“シシィ”ことエリザベート。美貌の持ち主として後々まで語り継がれてきたが、意外にも実生活では厳格な宮廷に対して不満を抱き続けたという。そんなエリザベートの1877年から翌年を描いたのが本作。フィクションと思われるシーンがかなり多いが、自由を求めて悩むエリザベートの姿に自身を重ね合わせて共感するという現代の女性は多いだろう。 オーストリア帝国の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と結婚し、皇妃になったエリザベート。1877年のクリスマス・イヴ、40歳の誕生日を迎えた彼女は、世間が彼女に抱くイメージを守ろうとコルセットをきつく締めるなど努力し続けたが、厳格な宮廷に不満を抱き続ける。宮廷があるウィーンにいるのを嫌い、生きがい・知識・刺激を求めてイングランドやバイエルンなど欧州各地を旅するが、それでも心が休まる場所を見つけられず……。

ワールドシネマセレクション エリザベート1878

ワールドシネマセレクション エリザベート1878

08/19(月)23:30~01:30

ハプスブルク家の子孫である皇妃エリザベート。その知られざる葛藤と孤独に迫ったドラマ。主演のV・クリープスは第75回カンヌ国際映画祭のある視点部門・演技賞を受賞。欧州史上で最も重要とされる王朝、ハプスブルク家。13~20世紀に欧州各国の君主を生み出したが、オーストリア帝国の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と結婚したのが愛称“シシィ”ことエリザベート。美貌の持ち主として後々まで語り継がれてきたが、意外にも実生活では厳格な宮廷に対して不満を抱き続けたという。そんなエリザベートの1877年から翌年を描いたのが本作。フィクションと思われるシーンがかなり多いが、自由を求めて悩むエリザベートの姿に自身を重ね合わせて共感するという現代の女性は多いだろう。 オーストリア帝国の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と結婚し、皇妃になったエリザベート。1877年のクリスマス・イヴ、40歳の誕生日を迎えた彼女は、世間が彼女に抱くイメージを守ろうとコルセットをきつく締めるなど努力し続けたが、厳格な宮廷に不満を抱き続ける。宮廷があるウィーンにいるのを嫌い、生きがい・知識・刺激を求めてイングランドやバイエルンなど欧州各地を旅するが、それでも心が休まる場所を見つけられず……。

スカパー!からのイチオシ

記事・インタビュー

more
  • このサイトでは、当日から1週間分はEPGと同等の番組情報が表示され、その先1ヶ月後まではガイド誌(有料)と同等の番組情報が表示されます。番組や放送予定は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • このサイトは、ウェブブラウザーMicrosoft Edge最新版、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版、Safari最新版での動作を確認しております。上記以外のウェブブラウザーで閲覧されますと、表示の乱れや予期せぬ動作を起こす場合がございますので、予めご了承ください。

現在マイリストを更新中です。

番組情報を読み込み中

現在マイリストに登録中です。

現在マイリストから削除中です。