“必殺”の番組検索結果 (シリーズ別)

一般番組 成人番組

検索ワード

絞り込み

放送日を選択
週、曜日、日指定はカレンダー上を選択

ジャンル

チャンネル

シリーズ別表示 放送日時順表示

暗闇仕留人 14番組

暗闇仕留人 #20

暗闇仕留人 #20

06/21(金)16:00~17:00

1974年(昭和49年)6月29日から12月28日まで、朝日放送・TBS系で全27話が放送された 『必殺』シリーズ第4弾。『仕置人』の続編として主水、半次、おきんが出演、さらなる活躍を見せるが、石坂浩二がそれまで演じてきた好青年役とガラリとイメージを変えて演じた糸井貢役が、哀しみを背負ったキャラクター、三味線のバチでの殺し、悲劇的な顛末で、このシリーズだけの出演となったが、後世に残る人気登場人物となった。三島ゆり子演じる妙心尼が情事の際に発する「なりませぬ」は流行語になるほどのコメディリリーフとして、哀しいストーリー展開をいっそう際だたせている。 嘉永6年。浦賀沖に黒船が来航、江戸の町は大混乱となる。そんな時でもあいかわらず冴えないままの北町奉行所同心・中村主水(藤田まこと)であったが、かつての正体は金をもらって殺しを請け負う裏稼業の"仕置人"だった。そんな中、主水は、坊主姿の男(近藤洋介)がすさまじい怪力で役人を殺害するところを目撃し、さらに、懐を狙ってきた黒衣姿の男(石坂浩二)と対決する。そして町で"仕置人"仲間の半次(津坂匡章)、おきん(野川由美子)と再会した主水は、再び裏稼業を始めることを決意、黒衣姿の男・元御家人の糸井貢と、坊主姿の男・石工の大吉を誘う。5人は"仕留人"として、江戸の悪を消していく……。

基本プラン

暗闇仕留人 #21

暗闇仕留人 #21

06/24(月)16:00~17:00

1974年(昭和49年)6月29日から12月28日まで、朝日放送・TBS系で全27話が放送された 『必殺』シリーズ第4弾。『仕置人』の続編として主水、半次、おきんが出演、さらなる活躍を見せるが、石坂浩二がそれまで演じてきた好青年役とガラリとイメージを変えて演じた糸井貢役が、哀しみを背負ったキャラクター、三味線のバチでの殺し、悲劇的な顛末で、このシリーズだけの出演となったが、後世に残る人気登場人物となった。三島ゆり子演じる妙心尼が情事の際に発する「なりませぬ」は流行語になるほどのコメディリリーフとして、哀しいストーリー展開をいっそう際だたせている。 嘉永6年。浦賀沖に黒船が来航、江戸の町は大混乱となる。そんな時でもあいかわらず冴えないままの北町奉行所同心・中村主水(藤田まこと)であったが、かつての正体は金をもらって殺しを請け負う裏稼業の"仕置人"だった。そんな中、主水は、坊主姿の男(近藤洋介)がすさまじい怪力で役人を殺害するところを目撃し、さらに、懐を狙ってきた黒衣姿の男(石坂浩二)と対決する。そして町で"仕置人"仲間の半次(津坂匡章)、おきん(野川由美子)と再会した主水は、再び裏稼業を始めることを決意、黒衣姿の男・元御家人の糸井貢と、坊主姿の男・石工の大吉を誘う。5人は"仕留人"として、江戸の悪を消していく……。

基本プラン

暗闇仕留人 #22

暗闇仕留人 #22

06/25(火)16:00~17:00

1974年(昭和49年)6月29日から12月28日まで、朝日放送・TBS系で全27話が放送された 『必殺』シリーズ第4弾。『仕置人』の続編として主水、半次、おきんが出演、さらなる活躍を見せるが、石坂浩二がそれまで演じてきた好青年役とガラリとイメージを変えて演じた糸井貢役が、哀しみを背負ったキャラクター、三味線のバチでの殺し、悲劇的な顛末で、このシリーズだけの出演となったが、後世に残る人気登場人物となった。三島ゆり子演じる妙心尼が情事の際に発する「なりませぬ」は流行語になるほどのコメディリリーフとして、哀しいストーリー展開をいっそう際だたせている。 嘉永6年。浦賀沖に黒船が来航、江戸の町は大混乱となる。そんな時でもあいかわらず冴えないままの北町奉行所同心・中村主水(藤田まこと)であったが、かつての正体は金をもらって殺しを請け負う裏稼業の"仕置人"だった。そんな中、主水は、坊主姿の男(近藤洋介)がすさまじい怪力で役人を殺害するところを目撃し、さらに、懐を狙ってきた黒衣姿の男(石坂浩二)と対決する。そして町で"仕置人"仲間の半次(津坂匡章)、おきん(野川由美子)と再会した主水は、再び裏稼業を始めることを決意、黒衣姿の男・元御家人の糸井貢と、坊主姿の男・石工の大吉を誘う。5人は"仕留人"として、江戸の悪を消していく……。

基本プラン

暗闇仕留人 #23

暗闇仕留人 #23

06/26(水)16:00~17:00

1974年(昭和49年)6月29日から12月28日まで、朝日放送・TBS系で全27話が放送された 『必殺』シリーズ第4弾。『仕置人』の続編として主水、半次、おきんが出演、さらなる活躍を見せるが、石坂浩二がそれまで演じてきた好青年役とガラリとイメージを変えて演じた糸井貢役が、哀しみを背負ったキャラクター、三味線のバチでの殺し、悲劇的な顛末で、このシリーズだけの出演となったが、後世に残る人気登場人物となった。三島ゆり子演じる妙心尼が情事の際に発する「なりませぬ」は流行語になるほどのコメディリリーフとして、哀しいストーリー展開をいっそう際だたせている。 嘉永6年。浦賀沖に黒船が来航、江戸の町は大混乱となる。そんな時でもあいかわらず冴えないままの北町奉行所同心・中村主水(藤田まこと)であったが、かつての正体は金をもらって殺しを請け負う裏稼業の"仕置人"だった。そんな中、主水は、坊主姿の男(近藤洋介)がすさまじい怪力で役人を殺害するところを目撃し、さらに、懐を狙ってきた黒衣姿の男(石坂浩二)と対決する。そして町で"仕置人"仲間の半次(津坂匡章)、おきん(野川由美子)と再会した主水は、再び裏稼業を始めることを決意、黒衣姿の男・元御家人の糸井貢と、坊主姿の男・石工の大吉を誘う。5人は"仕留人"として、江戸の悪を消していく……。

基本プラン

暗闇仕留人 #24

暗闇仕留人 #24

06/27(木)16:00~17:00

1974年(昭和49年)6月29日から12月28日まで、朝日放送・TBS系で全27話が放送された 『必殺』シリーズ第4弾。『仕置人』の続編として主水、半次、おきんが出演、さらなる活躍を見せるが、石坂浩二がそれまで演じてきた好青年役とガラリとイメージを変えて演じた糸井貢役が、哀しみを背負ったキャラクター、三味線のバチでの殺し、悲劇的な顛末で、このシリーズだけの出演となったが、後世に残る人気登場人物となった。三島ゆり子演じる妙心尼が情事の際に発する「なりませぬ」は流行語になるほどのコメディリリーフとして、哀しいストーリー展開をいっそう際だたせている。 嘉永6年。浦賀沖に黒船が来航、江戸の町は大混乱となる。そんな時でもあいかわらず冴えないままの北町奉行所同心・中村主水(藤田まこと)であったが、かつての正体は金をもらって殺しを請け負う裏稼業の"仕置人"だった。そんな中、主水は、坊主姿の男(近藤洋介)がすさまじい怪力で役人を殺害するところを目撃し、さらに、懐を狙ってきた黒衣姿の男(石坂浩二)と対決する。そして町で"仕置人"仲間の半次(津坂匡章)、おきん(野川由美子)と再会した主水は、再び裏稼業を始めることを決意、黒衣姿の男・元御家人の糸井貢と、坊主姿の男・石工の大吉を誘う。5人は"仕留人"として、江戸の悪を消していく……。

基本プラン

暗闇仕留人 #25

暗闇仕留人 #25

06/28(金)16:00~17:00

1974年(昭和49年)6月29日から12月28日まで、朝日放送・TBS系で全27話が放送された 『必殺』シリーズ第4弾。『仕置人』の続編として主水、半次、おきんが出演、さらなる活躍を見せるが、石坂浩二がそれまで演じてきた好青年役とガラリとイメージを変えて演じた糸井貢役が、哀しみを背負ったキャラクター、三味線のバチでの殺し、悲劇的な顛末で、このシリーズだけの出演となったが、後世に残る人気登場人物となった。三島ゆり子演じる妙心尼が情事の際に発する「なりませぬ」は流行語になるほどのコメディリリーフとして、哀しいストーリー展開をいっそう際だたせている。 嘉永6年。浦賀沖に黒船が来航、江戸の町は大混乱となる。そんな時でもあいかわらず冴えないままの北町奉行所同心・中村主水(藤田まこと)であったが、かつての正体は金をもらって殺しを請け負う裏稼業の"仕置人"だった。そんな中、主水は、坊主姿の男(近藤洋介)がすさまじい怪力で役人を殺害するところを目撃し、さらに、懐を狙ってきた黒衣姿の男(石坂浩二)と対決する。そして町で"仕置人"仲間の半次(津坂匡章)、おきん(野川由美子)と再会した主水は、再び裏稼業を始めることを決意、黒衣姿の男・元御家人の糸井貢と、坊主姿の男・石工の大吉を誘う。5人は"仕留人"として、江戸の悪を消していく……。

基本プラン

暗闇仕留人 #26 出演:藤田まこと/石坂浩二

暗闇仕留人 #26 出演:藤田まこと/石坂浩二

07/01(月)16:00~17:00

1974年(昭和49年)6月29日から12月28日まで、朝日放送・TBS系で全27話が放送された 『必殺』シリーズ第4弾。『仕置人』の続編として主水、半次、おきんが出演、さらなる活躍を見せるが、石坂浩二がそれまで演じてきた好青年役とガラリとイメージを変えて演じた糸井貢役が、哀しみを背負ったキャラクター、三味線のバチでの殺し、悲劇的な顛末で、このシリーズだけの出演となったが、後世に残る人気登場人物となった。三島ゆり子演じる妙心尼が情事の際に発する「なりませぬ」は流行語になるほどのコメディリリーフとして、哀しいストーリー展開をいっそう際だたせている。 嘉永6年。浦賀沖に黒船が来航、江戸の町は大混乱となる。そんな時でもあいかわらず冴えないままの北町奉行所同心・中村主水(藤田まこと)であったが、かつての正体は金をもらって殺しを請け負う裏稼業の"仕置人"だった。そんな中、主水は、坊主姿の男(近藤洋介)がすさまじい怪力で役人を殺害するところを目撃し、さらに、懐を狙ってきた黒衣姿の男(石坂浩二)と対決する。そして町で"仕置人"仲間の半次(津坂匡章)、おきん(野川由美子)と再会した主水は、再び裏稼業を始めることを決意、黒衣姿の男・元御家人の糸井貢と、坊主姿の男・石工の大吉を誘う。5人は"仕留人"として、江戸の悪を消していく……。

基本プラン

[終] 暗闇仕留人 #27

[終] 暗闇仕留人 #27

07/02(火)16:00~17:00

1974年(昭和49年)6月29日から12月28日まで、朝日放送・TBS系で全27話が放送された 『必殺』シリーズ第4弾。『仕置人』の続編として主水、半次、おきんが出演、さらなる活躍を見せるが、石坂浩二がそれまで演じてきた好青年役とガラリとイメージを変えて演じた糸井貢役が、哀しみを背負ったキャラクター、三味線のバチでの殺し、悲劇的な顛末で、このシリーズだけの出演となったが、後世に残る人気登場人物となった。三島ゆり子演じる妙心尼が情事の際に発する「なりませぬ」は流行語になるほどのコメディリリーフとして、哀しいストーリー展開をいっそう際だたせている。 嘉永6年。浦賀沖に黒船が来航、江戸の町は大混乱となる。そんな時でもあいかわらず冴えないままの北町奉行所同心・中村主水(藤田まこと)であったが、かつての正体は金をもらって殺しを請け負う裏稼業の"仕置人"だった。そんな中、主水は、坊主姿の男(近藤洋介)がすさまじい怪力で役人を殺害するところを目撃し、さらに、懐を狙ってきた黒衣姿の男(石坂浩二)と対決する。そして町で"仕置人"仲間の半次(津坂匡章)、おきん(野川由美子)と再会した主水は、再び裏稼業を始めることを決意、黒衣姿の男・元御家人の糸井貢と、坊主姿の男・石工の大吉を誘う。5人は"仕留人"として、江戸の悪を消していく……。

基本プラン

必殺仕事人・激突! 14番組

必殺仕事人・特別編 恐怖の大仕事 水戸・尾張・紀伊 2番組

必殺仕事人 8番組

[新] 必殺仕事人 #1 主演:藤田まこと

[新] 必殺仕事人 #1 主演:藤田まこと

07/03(水)16:00~17:00

1972年に始まり、実に足掛け20年・全30シリーズ続いた「必殺」シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声も高いのが本作『必殺仕事人』である。初期の「必殺」は、男性好みのワイルドな作品だった。しかし、この『必殺仕事人』に登場する"飾り職人の秀"に代表されるような華麗なキャラクターたちの出現により、女性はもとより子供からお年寄りまで幅広い世代の支持を得て、「仕事人シリーズ」は大ブームとなった。主役の中村主水は、藤田まことのはまり役。表の顔は冴えない同心、しかも家庭に帰れば嫁と姑に嫌味を言われる情けない「婿殿」なのだが、裏の顔は凄腕の殺し屋。そんな日常と殺し屋との大きなギャップが、時に笑いを誘い、また時に怖いくらいにかっこいい。『必殺仕事人』では中村主水をはじめ、左門(伊吹吾郎)、飾り職人の秀(三田村邦彦)など個性的な殺し屋たちが、独創的で華麗な殺しのテクニックを披露する。その姿は一度見たらやみつきだ。彼らが殺す相手は「世のため人のため」にならない人物に限られる。しかし、どんなに人道的に心が動かされようとも、金とひきかえの「仕事」としてしか殺しはしないのが彼らの掟だ。その徹底ぶりが、単なる正義の味方ではないアウトローな時代劇ヒーロー像をつくりあげている。*元締役は、初代を中村鴈治郎(#1~6)、二代目が山田五十鈴(#7~21)、三代目を木村功(#29~84)が演じている。※#22~28 元締不在 金で殺しを請け負って、人の怨みをはらす仕業人・商売人と呼ばれる殺し屋たち。だが彼らは厳しい取締りのもと、江戸から消息を絶っていた。その一人、表向きは南町奉行所同心の中村主水(藤田まこと)は八王子に左遷されていたが、元締の鹿蔵(中村鴈治郎)の手引きによって江戸へ戻される。そして飾り職人の秀(三田村邦彦)、浪人の畷(なわて)左門(伊吹吾郎)と仕事人を結成する。

基本プラン

[新] 必殺仕事人 #1 主演:藤田まこと

[新] 必殺仕事人 #1 主演:藤田まこと

07/03(水)16:00~17:00

1972年に始まり、実に足掛け20年・全30シリーズ続いた「必殺」シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声も高いのが本作『必殺仕事人』である。初期の「必殺」は、男性好みのワイルドな作品だった。しかし、この『必殺仕事人』に登場する"飾り職人の秀"に代表されるような華麗なキャラクターたちの出現により、女性はもとより子供からお年寄りまで幅広い世代の支持を得て、「仕事人シリーズ」は大ブームとなった。主役の中村主水は、藤田まことのはまり役。表の顔は冴えない同心、しかも家庭に帰れば嫁と姑に嫌味を言われる情けない「婿殿」なのだが、裏の顔は凄腕の殺し屋。そんな日常と殺し屋との大きなギャップが、時に笑いを誘い、また時に怖いくらいにかっこいい。『必殺仕事人』では中村主水をはじめ、左門(伊吹吾郎)、飾り職人の秀(三田村邦彦)など個性的な殺し屋たちが、独創的で華麗な殺しのテクニックを披露する。その姿は一度見たらやみつきだ。彼らが殺す相手は「世のため人のため」にならない人物に限られる。しかし、どんなに人道的に心が動かされようとも、金とひきかえの「仕事」としてしか殺しはしないのが彼らの掟だ。その徹底ぶりが、単なる正義の味方ではないアウトローな時代劇ヒーロー像をつくりあげている。*元締役は、初代を中村鴈治郎(#1~6)、二代目が山田五十鈴(#7~21)、三代目を木村功(#29~84)が演じている。※#22~28 元締不在 金で殺しを請け負って、人の怨みをはらす仕業人・商売人と呼ばれる殺し屋たち。だが彼らは厳しい取締りのもと、江戸から消息を絶っていた。その一人、表向きは南町奉行所同心の中村主水(藤田まこと)は八王子に左遷されていたが、元締の鹿蔵(中村鴈治郎)の手引きによって江戸へ戻される。そして飾り職人の秀(三田村邦彦)、浪人の畷(なわて)左門(伊吹吾郎)と仕事人を結成する。

基本プラン

必殺仕事人 #2

必殺仕事人 #2

07/04(木)16:00~17:00

1972年に始まり、実に足掛け20年・全30シリーズ続いた「必殺」シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声も高いのが本作『必殺仕事人』である。初期の「必殺」は、男性好みのワイルドな作品だった。しかし、この『必殺仕事人』に登場する"飾り職人の秀"に代表されるような華麗なキャラクターたちの出現により、女性はもとより子供からお年寄りまで幅広い世代の支持を得て、「仕事人シリーズ」は大ブームとなった。主役の中村主水は、藤田まことのはまり役。表の顔は冴えない同心、しかも家庭に帰れば嫁と姑に嫌味を言われる情けない「婿殿」なのだが、裏の顔は凄腕の殺し屋。そんな日常と殺し屋との大きなギャップが、時に笑いを誘い、また時に怖いくらいにかっこいい。『必殺仕事人』では中村主水をはじめ、左門(伊吹吾郎)、飾り職人の秀(三田村邦彦)など個性的な殺し屋たちが、独創的で華麗な殺しのテクニックを披露する。その姿は一度見たらやみつきだ。彼らが殺す相手は「世のため人のため」にならない人物に限られる。しかし、どんなに人道的に心が動かされようとも、金とひきかえの「仕事」としてしか殺しはしないのが彼らの掟だ。その徹底ぶりが、単なる正義の味方ではないアウトローな時代劇ヒーロー像をつくりあげている。*元締役は、初代を中村鴈治郎(#1~6)、二代目が山田五十鈴(#7~21)、三代目を木村功(#29~84)が演じている。※#22~28 元締不在 金で殺しを請け負って、人の怨みをはらす仕業人・商売人と呼ばれる殺し屋たち。だが彼らは厳しい取締りのもと、江戸から消息を絶っていた。その一人、表向きは南町奉行所同心の中村主水(藤田まこと)は八王子に左遷されていたが、元締の鹿蔵(中村鴈治郎)の手引きによって江戸へ戻される。そして飾り職人の秀(三田村邦彦)、浪人の畷(なわて)左門(伊吹吾郎)と仕事人を結成する。

基本プラン

必殺仕事人 #3

必殺仕事人 #3

07/05(金)16:00~17:00

1972年に始まり、実に足掛け20年・全30シリーズ続いた「必殺」シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声も高いのが本作『必殺仕事人』である。初期の「必殺」は、男性好みのワイルドな作品だった。しかし、この『必殺仕事人』に登場する"飾り職人の秀"に代表されるような華麗なキャラクターたちの出現により、女性はもとより子供からお年寄りまで幅広い世代の支持を得て、「仕事人シリーズ」は大ブームとなった。主役の中村主水は、藤田まことのはまり役。表の顔は冴えない同心、しかも家庭に帰れば嫁と姑に嫌味を言われる情けない「婿殿」なのだが、裏の顔は凄腕の殺し屋。そんな日常と殺し屋との大きなギャップが、時に笑いを誘い、また時に怖いくらいにかっこいい。『必殺仕事人』では中村主水をはじめ、左門(伊吹吾郎)、飾り職人の秀(三田村邦彦)など個性的な殺し屋たちが、独創的で華麗な殺しのテクニックを披露する。その姿は一度見たらやみつきだ。彼らが殺す相手は「世のため人のため」にならない人物に限られる。しかし、どんなに人道的に心が動かされようとも、金とひきかえの「仕事」としてしか殺しはしないのが彼らの掟だ。その徹底ぶりが、単なる正義の味方ではないアウトローな時代劇ヒーロー像をつくりあげている。*元締役は、初代を中村鴈治郎(#1~6)、二代目が山田五十鈴(#7~21)、三代目を木村功(#29~84)が演じている。※#22~28 元締不在 金で殺しを請け負って、人の怨みをはらす仕業人・商売人と呼ばれる殺し屋たち。だが彼らは厳しい取締りのもと、江戸から消息を絶っていた。その一人、表向きは南町奉行所同心の中村主水(藤田まこと)は八王子に左遷されていたが、元締の鹿蔵(中村鴈治郎)の手引きによって江戸へ戻される。そして飾り職人の秀(三田村邦彦)、浪人の畷(なわて)左門(伊吹吾郎)と仕事人を結成する。

基本プラン

必殺仕事人 #4

必殺仕事人 #4

07/08(月)16:00~17:00

1972年に始まり、実に足掛け20年・全30シリーズ続いた「必殺」シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声も高いのが本作『必殺仕事人』である。初期の「必殺」は、男性好みのワイルドな作品だった。しかし、この『必殺仕事人』に登場する"飾り職人の秀"に代表されるような華麗なキャラクターたちの出現により、女性はもとより子供からお年寄りまで幅広い世代の支持を得て、「仕事人シリーズ」は大ブームとなった。主役の中村主水は、藤田まことのはまり役。表の顔は冴えない同心、しかも家庭に帰れば嫁と姑に嫌味を言われる情けない「婿殿」なのだが、裏の顔は凄腕の殺し屋。そんな日常と殺し屋との大きなギャップが、時に笑いを誘い、また時に怖いくらいにかっこいい。『必殺仕事人』では中村主水をはじめ、左門(伊吹吾郎)、飾り職人の秀(三田村邦彦)など個性的な殺し屋たちが、独創的で華麗な殺しのテクニックを披露する。その姿は一度見たらやみつきだ。彼らが殺す相手は「世のため人のため」にならない人物に限られる。しかし、どんなに人道的に心が動かされようとも、金とひきかえの「仕事」としてしか殺しはしないのが彼らの掟だ。その徹底ぶりが、単なる正義の味方ではないアウトローな時代劇ヒーロー像をつくりあげている。*元締役は、初代を中村鴈治郎(#1~6)、二代目が山田五十鈴(#7~21)、三代目を木村功(#29~84)が演じている。※#22~28 元締不在 金で殺しを請け負って、人の怨みをはらす仕業人・商売人と呼ばれる殺し屋たち。だが彼らは厳しい取締りのもと、江戸から消息を絶っていた。その一人、表向きは南町奉行所同心の中村主水(藤田まこと)は八王子に左遷されていたが、元締の鹿蔵(中村鴈治郎)の手引きによって江戸へ戻される。そして飾り職人の秀(三田村邦彦)、浪人の畷(なわて)左門(伊吹吾郎)と仕事人を結成する。

基本プラン

必殺仕事人 #5

必殺仕事人 #5

07/09(火)16:00~17:00

1972年に始まり、実に足掛け20年・全30シリーズ続いた「必殺」シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声も高いのが本作『必殺仕事人』である。初期の「必殺」は、男性好みのワイルドな作品だった。しかし、この『必殺仕事人』に登場する"飾り職人の秀"に代表されるような華麗なキャラクターたちの出現により、女性はもとより子供からお年寄りまで幅広い世代の支持を得て、「仕事人シリーズ」は大ブームとなった。主役の中村主水は、藤田まことのはまり役。表の顔は冴えない同心、しかも家庭に帰れば嫁と姑に嫌味を言われる情けない「婿殿」なのだが、裏の顔は凄腕の殺し屋。そんな日常と殺し屋との大きなギャップが、時に笑いを誘い、また時に怖いくらいにかっこいい。『必殺仕事人』では中村主水をはじめ、左門(伊吹吾郎)、飾り職人の秀(三田村邦彦)など個性的な殺し屋たちが、独創的で華麗な殺しのテクニックを披露する。その姿は一度見たらやみつきだ。彼らが殺す相手は「世のため人のため」にならない人物に限られる。しかし、どんなに人道的に心が動かされようとも、金とひきかえの「仕事」としてしか殺しはしないのが彼らの掟だ。その徹底ぶりが、単なる正義の味方ではないアウトローな時代劇ヒーロー像をつくりあげている。*元締役は、初代を中村鴈治郎(#1~6)、二代目が山田五十鈴(#7~21)、三代目を木村功(#29~84)が演じている。※#22~28 元締不在 金で殺しを請け負って、人の怨みをはらす仕業人・商売人と呼ばれる殺し屋たち。だが彼らは厳しい取締りのもと、江戸から消息を絶っていた。その一人、表向きは南町奉行所同心の中村主水(藤田まこと)は八王子に左遷されていたが、元締の鹿蔵(中村鴈治郎)の手引きによって江戸へ戻される。そして飾り職人の秀(三田村邦彦)、浪人の畷(なわて)左門(伊吹吾郎)と仕事人を結成する。

基本プラン

必殺仕事人 #6

必殺仕事人 #6

07/10(水)16:00~17:00

1972年に始まり、実に足掛け20年・全30シリーズ続いた「必殺」シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声も高いのが本作『必殺仕事人』である。初期の「必殺」は、男性好みのワイルドな作品だった。しかし、この『必殺仕事人』に登場する"飾り職人の秀"に代表されるような華麗なキャラクターたちの出現により、女性はもとより子供からお年寄りまで幅広い世代の支持を得て、「仕事人シリーズ」は大ブームとなった。主役の中村主水は、藤田まことのはまり役。表の顔は冴えない同心、しかも家庭に帰れば嫁と姑に嫌味を言われる情けない「婿殿」なのだが、裏の顔は凄腕の殺し屋。そんな日常と殺し屋との大きなギャップが、時に笑いを誘い、また時に怖いくらいにかっこいい。『必殺仕事人』では中村主水をはじめ、左門(伊吹吾郎)、飾り職人の秀(三田村邦彦)など個性的な殺し屋たちが、独創的で華麗な殺しのテクニックを披露する。その姿は一度見たらやみつきだ。彼らが殺す相手は「世のため人のため」にならない人物に限られる。しかし、どんなに人道的に心が動かされようとも、金とひきかえの「仕事」としてしか殺しはしないのが彼らの掟だ。その徹底ぶりが、単なる正義の味方ではないアウトローな時代劇ヒーロー像をつくりあげている。*元締役は、初代を中村鴈治郎(#1~6)、二代目が山田五十鈴(#7~21)、三代目を木村功(#29~84)が演じている。※#22~28 元締不在 金で殺しを請け負って、人の怨みをはらす仕業人・商売人と呼ばれる殺し屋たち。だが彼らは厳しい取締りのもと、江戸から消息を絶っていた。その一人、表向きは南町奉行所同心の中村主水(藤田まこと)は八王子に左遷されていたが、元締の鹿蔵(中村鴈治郎)の手引きによって江戸へ戻される。そして飾り職人の秀(三田村邦彦)、浪人の畷(なわて)左門(伊吹吾郎)と仕事人を結成する。

基本プラン

必殺仕事人 #7

必殺仕事人 #7

07/11(木)16:00~17:00

1972年に始まり、実に足掛け20年・全30シリーズ続いた「必殺」シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声も高いのが本作『必殺仕事人』である。初期の「必殺」は、男性好みのワイルドな作品だった。しかし、この『必殺仕事人』に登場する"飾り職人の秀"に代表されるような華麗なキャラクターたちの出現により、女性はもとより子供からお年寄りまで幅広い世代の支持を得て、「仕事人シリーズ」は大ブームとなった。主役の中村主水は、藤田まことのはまり役。表の顔は冴えない同心、しかも家庭に帰れば嫁と姑に嫌味を言われる情けない「婿殿」なのだが、裏の顔は凄腕の殺し屋。そんな日常と殺し屋との大きなギャップが、時に笑いを誘い、また時に怖いくらいにかっこいい。『必殺仕事人』では中村主水をはじめ、左門(伊吹吾郎)、飾り職人の秀(三田村邦彦)など個性的な殺し屋たちが、独創的で華麗な殺しのテクニックを披露する。その姿は一度見たらやみつきだ。彼らが殺す相手は「世のため人のため」にならない人物に限られる。しかし、どんなに人道的に心が動かされようとも、金とひきかえの「仕事」としてしか殺しはしないのが彼らの掟だ。その徹底ぶりが、単なる正義の味方ではないアウトローな時代劇ヒーロー像をつくりあげている。*元締役は、初代を中村鴈治郎(#1~6)、二代目が山田五十鈴(#7~21)、三代目を木村功(#29~84)が演じている。※#22~28 元締不在 金で殺しを請け負って、人の怨みをはらす仕業人・商売人と呼ばれる殺し屋たち。だが彼らは厳しい取締りのもと、江戸から消息を絶っていた。その一人、表向きは南町奉行所同心の中村主水(藤田まこと)は八王子に左遷されていたが、元締の鹿蔵(中村鴈治郎)の手引きによって江戸へ戻される。そして飾り職人の秀(三田村邦彦)、浪人の畷(なわて)左門(伊吹吾郎)と仕事人を結成する。

基本プラン

必殺仕事人 #8

必殺仕事人 #8

07/12(金)16:00~17:00

1972年に始まり、実に足掛け20年・全30シリーズ続いた「必殺」シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声も高いのが本作『必殺仕事人』である。初期の「必殺」は、男性好みのワイルドな作品だった。しかし、この『必殺仕事人』に登場する"飾り職人の秀"に代表されるような華麗なキャラクターたちの出現により、女性はもとより子供からお年寄りまで幅広い世代の支持を得て、「仕事人シリーズ」は大ブームとなった。主役の中村主水は、藤田まことのはまり役。表の顔は冴えない同心、しかも家庭に帰れば嫁と姑に嫌味を言われる情けない「婿殿」なのだが、裏の顔は凄腕の殺し屋。そんな日常と殺し屋との大きなギャップが、時に笑いを誘い、また時に怖いくらいにかっこいい。『必殺仕事人』では中村主水をはじめ、左門(伊吹吾郎)、飾り職人の秀(三田村邦彦)など個性的な殺し屋たちが、独創的で華麗な殺しのテクニックを披露する。その姿は一度見たらやみつきだ。彼らが殺す相手は「世のため人のため」にならない人物に限られる。しかし、どんなに人道的に心が動かされようとも、金とひきかえの「仕事」としてしか殺しはしないのが彼らの掟だ。その徹底ぶりが、単なる正義の味方ではないアウトローな時代劇ヒーロー像をつくりあげている。*元締役は、初代を中村鴈治郎(#1~6)、二代目が山田五十鈴(#7~21)、三代目を木村功(#29~84)が演じている。※#22~28 元締不在 金で殺しを請け負って、人の怨みをはらす仕業人・商売人と呼ばれる殺し屋たち。だが彼らは厳しい取締りのもと、江戸から消息を絶っていた。その一人、表向きは南町奉行所同心の中村主水(藤田まこと)は八王子に左遷されていたが、元締の鹿蔵(中村鴈治郎)の手引きによって江戸へ戻される。そして飾り職人の秀(三田村邦彦)、浪人の畷(なわて)左門(伊吹吾郎)と仕事人を結成する。

基本プラン

夫婦旅日記 さらば浪人 8番組

かあちゃん 1番組

剣客商売1 6番組

【池波正太郎劇場】 剣客商売1 #8

【池波正太郎劇場】 剣客商売1 #8

06/23(日)11:00~12:00

『鬼平犯科帳』『仕掛人 藤枝梅安』に続く池波正太郎の代表作をテレビドラマ化。軽妙洒脱に生きる老剣客・秋山小兵衛と、剣一筋の堅物息子・大治郎という、性格も生きざまも対照的な剣客父子の活躍を描く。出演は、無外流の剣の達人・秋山小兵衛に「必殺シリーズ」でお馴染み藤田まこと。剣の道一筋の真面目な息子を、今や日本の映画界・TV界に欠かせない俳優・渡部篤郎が演じている。池波文学ならではの味わい深い人間ドラマに、ダイナミックな立ち回りシーンがからむ痛快時代劇だ。このほか、父子をとりまくレギュラー陣にも魅力的なキャラクターが勢揃い。小兵衛の年のはなれた若妻おはるを軽快に演じるのは「おしん」の名子役・小林綾子。田沼意次の娘で「剣術がいのち」の美人剣士・佐々木三冬を大路恵美が演じている。さらに、小兵衛いきつけの料亭「不二楼」の女将に梶芽衣子、御用聞き四谷の弥七に三浦浩一、三冬の老僕嘉助に江戸家猫八(三代目)といった"鬼平ファミリー"のメンバーも出演。 舞台は老中・田沼意次全盛時代の江戸の町。江戸屈指の剣の達人・秋山小兵衛(藤田まこと)は、60に近い年配ながら、40歳も年下の娘を妻にし、悠々自適の生活を送る。一方、息子の大治郎(渡部篤郎)は女性に関心が無く剣の道一筋に生きる真面目青年で、小さな道場を営んでいる。この対照的な父子がさまざまな事件に巻き込まれ、時には危機一髪の目に遭いながらも、得意の剣で事件を解決。剣を世渡りの手だて(商売)としながら、人生を謳歌する"大先生"小兵衛、その父を敬いつつ我が道を歩む息子・大治郎、そして彼らを取り巻く人々との交流が、江戸の町の情緒を交えながらすがすがしく描かれる。

基本プラン

【池波正太郎劇場】 剣客商売1 #8

【池波正太郎劇場】 剣客商売1 #8

06/23(日)11:00~12:00

『鬼平犯科帳』『仕掛人 藤枝梅安』に続く池波正太郎の代表作をテレビドラマ化。軽妙洒脱に生きる老剣客・秋山小兵衛と、剣一筋の堅物息子・大治郎という、性格も生きざまも対照的な剣客父子の活躍を描く。出演は、無外流の剣の達人・秋山小兵衛に「必殺シリーズ」でお馴染み藤田まこと。剣の道一筋の真面目な息子を、今や日本の映画界・TV界に欠かせない俳優・渡部篤郎が演じている。池波文学ならではの味わい深い人間ドラマに、ダイナミックな立ち回りシーンがからむ痛快時代劇だ。このほか、父子をとりまくレギュラー陣にも魅力的なキャラクターが勢揃い。小兵衛の年のはなれた若妻おはるを軽快に演じるのは「おしん」の名子役・小林綾子。田沼意次の娘で「剣術がいのち」の美人剣士・佐々木三冬を大路恵美が演じている。さらに、小兵衛いきつけの料亭「不二楼」の女将に梶芽衣子、御用聞き四谷の弥七に三浦浩一、三冬の老僕嘉助に江戸家猫八(三代目)といった"鬼平ファミリー"のメンバーも出演。 舞台は老中・田沼意次全盛時代の江戸の町。江戸屈指の剣の達人・秋山小兵衛(藤田まこと)は、60に近い年配ながら、40歳も年下の娘を妻にし、悠々自適の生活を送る。一方、息子の大治郎(渡部篤郎)は女性に関心が無く剣の道一筋に生きる真面目青年で、小さな道場を営んでいる。この対照的な父子がさまざまな事件に巻き込まれ、時には危機一髪の目に遭いながらも、得意の剣で事件を解決。剣を世渡りの手だて(商売)としながら、人生を謳歌する"大先生"小兵衛、その父を敬いつつ我が道を歩む息子・大治郎、そして彼らを取り巻く人々との交流が、江戸の町の情緒を交えながらすがすがしく描かれる。

基本プラン

【池波正太郎劇場】 剣客商売1 #2

【池波正太郎劇場】 剣客商売1 #2

06/23(日)18:00~19:00

『鬼平犯科帳』『仕掛人 藤枝梅安』に続く池波正太郎の代表作をテレビドラマ化。軽妙洒脱に生きる老剣客・秋山小兵衛と、剣一筋の堅物息子・大治郎という、性格も生きざまも対照的な剣客父子の活躍を描く。出演は、無外流の剣の達人・秋山小兵衛に「必殺シリーズ」でお馴染み藤田まこと。剣の道一筋の真面目な息子を、今や日本の映画界・TV界に欠かせない俳優・渡部篤郎が演じている。池波文学ならではの味わい深い人間ドラマに、ダイナミックな立ち回りシーンがからむ痛快時代劇だ。このほか、父子をとりまくレギュラー陣にも魅力的なキャラクターが勢揃い。小兵衛の年のはなれた若妻おはるを軽快に演じるのは「おしん」の名子役・小林綾子。田沼意次の娘で「剣術がいのち」の美人剣士・佐々木三冬を大路恵美が演じている。さらに、小兵衛いきつけの料亭「不二楼」の女将に梶芽衣子、御用聞き四谷の弥七に三浦浩一、三冬の老僕嘉助に江戸家猫八(三代目)といった"鬼平ファミリー"のメンバーも出演。 舞台は老中・田沼意次全盛時代の江戸の町。江戸屈指の剣の達人・秋山小兵衛(藤田まこと)は、60に近い年配ながら、40歳も年下の娘を妻にし、悠々自適の生活を送る。一方、息子の大治郎(渡部篤郎)は女性に関心が無く剣の道一筋に生きる真面目青年で、小さな道場を営んでいる。この対照的な父子がさまざまな事件に巻き込まれ、時には危機一髪の目に遭いながらも、得意の剣で事件を解決。剣を世渡りの手だて(商売)としながら、人生を謳歌する"大先生"小兵衛、その父を敬いつつ我が道を歩む息子・大治郎、そして彼らを取り巻く人々との交流が、江戸の町の情緒を交えながらすがすがしく描かれる。

基本プラン

【池波正太郎劇場】 剣客商売1 #9

【池波正太郎劇場】 剣客商売1 #9

06/30(日)11:00~12:00

『鬼平犯科帳』『仕掛人 藤枝梅安』に続く池波正太郎の代表作をテレビドラマ化。軽妙洒脱に生きる老剣客・秋山小兵衛と、剣一筋の堅物息子・大治郎という、性格も生きざまも対照的な剣客父子の活躍を描く。出演は、無外流の剣の達人・秋山小兵衛に「必殺シリーズ」でお馴染み藤田まこと。剣の道一筋の真面目な息子を、今や日本の映画界・TV界に欠かせない俳優・渡部篤郎が演じている。池波文学ならではの味わい深い人間ドラマに、ダイナミックな立ち回りシーンがからむ痛快時代劇だ。このほか、父子をとりまくレギュラー陣にも魅力的なキャラクターが勢揃い。小兵衛の年のはなれた若妻おはるを軽快に演じるのは「おしん」の名子役・小林綾子。田沼意次の娘で「剣術がいのち」の美人剣士・佐々木三冬を大路恵美が演じている。さらに、小兵衛いきつけの料亭「不二楼」の女将に梶芽衣子、御用聞き四谷の弥七に三浦浩一、三冬の老僕嘉助に江戸家猫八(三代目)といった"鬼平ファミリー"のメンバーも出演。 舞台は老中・田沼意次全盛時代の江戸の町。江戸屈指の剣の達人・秋山小兵衛(藤田まこと)は、60に近い年配ながら、40歳も年下の娘を妻にし、悠々自適の生活を送る。一方、息子の大治郎(渡部篤郎)は女性に関心が無く剣の道一筋に生きる真面目青年で、小さな道場を営んでいる。この対照的な父子がさまざまな事件に巻き込まれ、時には危機一髪の目に遭いながらも、得意の剣で事件を解決。剣を世渡りの手だて(商売)としながら、人生を謳歌する"大先生"小兵衛、その父を敬いつつ我が道を歩む息子・大治郎、そして彼らを取り巻く人々との交流が、江戸の町の情緒を交えながらすがすがしく描かれる。

基本プラン

【池波正太郎劇場】 剣客商売1 #3

【池波正太郎劇場】 剣客商売1 #3

06/30(日)18:00~19:00

『鬼平犯科帳』『仕掛人 藤枝梅安』に続く池波正太郎の代表作をテレビドラマ化。軽妙洒脱に生きる老剣客・秋山小兵衛と、剣一筋の堅物息子・大治郎という、性格も生きざまも対照的な剣客父子の活躍を描く。出演は、無外流の剣の達人・秋山小兵衛に「必殺シリーズ」でお馴染み藤田まこと。剣の道一筋の真面目な息子を、今や日本の映画界・TV界に欠かせない俳優・渡部篤郎が演じている。池波文学ならではの味わい深い人間ドラマに、ダイナミックな立ち回りシーンがからむ痛快時代劇だ。このほか、父子をとりまくレギュラー陣にも魅力的なキャラクターが勢揃い。小兵衛の年のはなれた若妻おはるを軽快に演じるのは「おしん」の名子役・小林綾子。田沼意次の娘で「剣術がいのち」の美人剣士・佐々木三冬を大路恵美が演じている。さらに、小兵衛いきつけの料亭「不二楼」の女将に梶芽衣子、御用聞き四谷の弥七に三浦浩一、三冬の老僕嘉助に江戸家猫八(三代目)といった"鬼平ファミリー"のメンバーも出演。 舞台は老中・田沼意次全盛時代の江戸の町。江戸屈指の剣の達人・秋山小兵衛(藤田まこと)は、60に近い年配ながら、40歳も年下の娘を妻にし、悠々自適の生活を送る。一方、息子の大治郎(渡部篤郎)は女性に関心が無く剣の道一筋に生きる真面目青年で、小さな道場を営んでいる。この対照的な父子がさまざまな事件に巻き込まれ、時には危機一髪の目に遭いながらも、得意の剣で事件を解決。剣を世渡りの手だて(商売)としながら、人生を謳歌する"大先生"小兵衛、その父を敬いつつ我が道を歩む息子・大治郎、そして彼らを取り巻く人々との交流が、江戸の町の情緒を交えながらすがすがしく描かれる。

基本プラン

【池波正太郎劇場】 [終] 剣客商売1 #10 主演:藤田まこと

【池波正太郎劇場】 [終] 剣客商売1 #10 主演:藤田まこと

07/07(日)11:00~12:00

『鬼平犯科帳』『仕掛人 藤枝梅安』に続く池波正太郎の代表作をテレビドラマ化。軽妙洒脱に生きる老剣客・秋山小兵衛と、剣一筋の堅物息子・大治郎という、性格も生きざまも対照的な剣客父子の活躍を描く。出演は、無外流の剣の達人・秋山小兵衛に「必殺シリーズ」でお馴染み藤田まこと。剣の道一筋の真面目な息子を、今や日本の映画界・TV界に欠かせない俳優・渡部篤郎が演じている。池波文学ならではの味わい深い人間ドラマに、ダイナミックな立ち回りシーンがからむ痛快時代劇だ。このほか、父子をとりまくレギュラー陣にも魅力的なキャラクターが勢揃い。小兵衛の年のはなれた若妻おはるを軽快に演じるのは「おしん」の名子役・小林綾子。田沼意次の娘で「剣術がいのち」の美人剣士・佐々木三冬を大路恵美が演じている。さらに、小兵衛いきつけの料亭「不二楼」の女将に梶芽衣子、御用聞き四谷の弥七に三浦浩一、三冬の老僕嘉助に江戸家猫八(三代目)といった"鬼平ファミリー"のメンバーも出演。 舞台は老中・田沼意次全盛時代の江戸の町。江戸屈指の剣の達人・秋山小兵衛(藤田まこと)は、60に近い年配ながら、40歳も年下の娘を妻にし、悠々自適の生活を送る。一方、息子の大治郎(渡部篤郎)は女性に関心が無く剣の道一筋に生きる真面目青年で、小さな道場を営んでいる。この対照的な父子がさまざまな事件に巻き込まれ、時には危機一髪の目に遭いながらも、得意の剣で事件を解決。剣を世渡りの手だて(商売)としながら、人生を謳歌する"大先生"小兵衛、その父を敬いつつ我が道を歩む息子・大治郎、そして彼らを取り巻く人々との交流が、江戸の町の情緒を交えながらすがすがしく描かれる。

基本プラン

【池波正太郎劇場】 剣客商売1 #4

【池波正太郎劇場】 剣客商売1 #4

07/07(日)18:00~19:00

『鬼平犯科帳』『仕掛人 藤枝梅安』に続く池波正太郎の代表作をテレビドラマ化。軽妙洒脱に生きる老剣客・秋山小兵衛と、剣一筋の堅物息子・大治郎という、性格も生きざまも対照的な剣客父子の活躍を描く。出演は、無外流の剣の達人・秋山小兵衛に「必殺シリーズ」でお馴染み藤田まこと。剣の道一筋の真面目な息子を、今や日本の映画界・TV界に欠かせない俳優・渡部篤郎が演じている。池波文学ならではの味わい深い人間ドラマに、ダイナミックな立ち回りシーンがからむ痛快時代劇だ。このほか、父子をとりまくレギュラー陣にも魅力的なキャラクターが勢揃い。小兵衛の年のはなれた若妻おはるを軽快に演じるのは「おしん」の名子役・小林綾子。田沼意次の娘で「剣術がいのち」の美人剣士・佐々木三冬を大路恵美が演じている。さらに、小兵衛いきつけの料亭「不二楼」の女将に梶芽衣子、御用聞き四谷の弥七に三浦浩一、三冬の老僕嘉助に江戸家猫八(三代目)といった"鬼平ファミリー"のメンバーも出演。 舞台は老中・田沼意次全盛時代の江戸の町。江戸屈指の剣の達人・秋山小兵衛(藤田まこと)は、60に近い年配ながら、40歳も年下の娘を妻にし、悠々自適の生活を送る。一方、息子の大治郎(渡部篤郎)は女性に関心が無く剣の道一筋に生きる真面目青年で、小さな道場を営んでいる。この対照的な父子がさまざまな事件に巻き込まれ、時には危機一髪の目に遭いながらも、得意の剣で事件を解決。剣を世渡りの手だて(商売)としながら、人生を謳歌する"大先生"小兵衛、その父を敬いつつ我が道を歩む息子・大治郎、そして彼らを取り巻く人々との交流が、江戸の町の情緒を交えながらすがすがしく描かれる。

基本プラン

必殺スペシャル 「久しぶり!主水、夢の初仕事 悪人チェック‼」 2番組

必殺まっしぐら! 5番組

幻十郎必殺剣 4番組

[新] 幻十郎必殺剣 #1 主演:北大路欣也

[新] 幻十郎必殺剣 #1 主演:北大路欣也

07/09(火)07:00~07:55

時代劇はもちろんのこと現代劇でもめざましい活躍を続ける北大路欣也が、十八番の時代劇ヒーロー役でその魅力を振りまく連続ドラマシリーズの快作。「この死神幻十郎が地獄へ送ってやる!」というキメ台詞、豪快かつ迫力満点の立ち回りで悪人たちを切り倒していく北大路のチャンバラには大いに胸がすくこと請け合い。原作「冥府の刺客」の著者・黒崎裕一郎の実兄・中村敦夫をはじめ、笹野高史、尾美としのりなど、時代劇で定評のある実力派俳優たちの共演もみどころ。 将軍家斉の治世。元南町奉行所定町廻り同心・神山源十郎(北大路欣也)は、妻を暴行し自害に追い込んだ朋輩を殺害した罪で5年間投獄され、斬首刑に処せられる。だが、源十郎は生きていた。眠りから覚めた源十郎は、そこに現れた市田孫兵衛(笹野高史)から、実際に首を刎ねられたのは身代りの罪人であることを告げられる。そしてすでにこの世に存在しないことになっている源十郎に、"死神 幻十郎"として生き、5年前の事件の真相を探るよう促す。身のまわりの世話や密偵の役割をする伊佐次(尾美としのり)の協力を得て、幻十郎は5年前の事件の真相を掴み、悪党を殲滅するのだった。。それからの幻十郎は、自分を処刑から救った謎の老人・楽翁(中村敦夫)の命を受けた孫兵衛から、さまざまな事件の真相を探るよう依頼され、権力者の策略を暴くべく活動していく……。

基本プラン

[新] 幻十郎必殺剣 #1 主演:北大路欣也

[新] 幻十郎必殺剣 #1 主演:北大路欣也

07/09(火)07:00~07:55

時代劇はもちろんのこと現代劇でもめざましい活躍を続ける北大路欣也が、十八番の時代劇ヒーロー役でその魅力を振りまく連続ドラマシリーズの快作。「この死神幻十郎が地獄へ送ってやる!」というキメ台詞、豪快かつ迫力満点の立ち回りで悪人たちを切り倒していく北大路のチャンバラには大いに胸がすくこと請け合い。原作「冥府の刺客」の著者・黒崎裕一郎の実兄・中村敦夫をはじめ、笹野高史、尾美としのりなど、時代劇で定評のある実力派俳優たちの共演もみどころ。 将軍家斉の治世。元南町奉行所定町廻り同心・神山源十郎(北大路欣也)は、妻を暴行し自害に追い込んだ朋輩を殺害した罪で5年間投獄され、斬首刑に処せられる。だが、源十郎は生きていた。眠りから覚めた源十郎は、そこに現れた市田孫兵衛(笹野高史)から、実際に首を刎ねられたのは身代りの罪人であることを告げられる。そしてすでにこの世に存在しないことになっている源十郎に、"死神 幻十郎"として生き、5年前の事件の真相を探るよう促す。身のまわりの世話や密偵の役割をする伊佐次(尾美としのり)の協力を得て、幻十郎は5年前の事件の真相を掴み、悪党を殲滅するのだった。。それからの幻十郎は、自分を処刑から救った謎の老人・楽翁(中村敦夫)の命を受けた孫兵衛から、さまざまな事件の真相を探るよう依頼され、権力者の策略を暴くべく活動していく……。

基本プラン

幻十郎必殺剣 #2

幻十郎必殺剣 #2

07/10(水)07:00~08:00

時代劇はもちろんのこと現代劇でもめざましい活躍を続ける北大路欣也が、十八番の時代劇ヒーロー役でその魅力を振りまく連続ドラマシリーズの快作。「この死神幻十郎が地獄へ送ってやる!」というキメ台詞、豪快かつ迫力満点の立ち回りで悪人たちを切り倒していく北大路のチャンバラには大いに胸がすくこと請け合い。原作「冥府の刺客」の著者・黒崎裕一郎の実兄・中村敦夫をはじめ、笹野高史、尾美としのりなど、時代劇で定評のある実力派俳優たちの共演もみどころ。 将軍家斉の治世。元南町奉行所定町廻り同心・神山源十郎(北大路欣也)は、妻を暴行し自害に追い込んだ朋輩を殺害した罪で5年間投獄され、斬首刑に処せられる。だが、源十郎は生きていた。眠りから覚めた源十郎は、そこに現れた市田孫兵衛(笹野高史)から、実際に首を刎ねられたのは身代りの罪人であることを告げられる。そしてすでにこの世に存在しないことになっている源十郎に、"死神 幻十郎"として生き、5年前の事件の真相を探るよう促す。身のまわりの世話や密偵の役割をする伊佐次(尾美としのり)の協力を得て、幻十郎は5年前の事件の真相を掴み、悪党を殲滅するのだった。。それからの幻十郎は、自分を処刑から救った謎の老人・楽翁(中村敦夫)の命を受けた孫兵衛から、さまざまな事件の真相を探るよう依頼され、権力者の策略を暴くべく活動していく……。

基本プラン

幻十郎必殺剣 #3

幻十郎必殺剣 #3

07/11(木)07:00~08:00

時代劇はもちろんのこと現代劇でもめざましい活躍を続ける北大路欣也が、十八番の時代劇ヒーロー役でその魅力を振りまく連続ドラマシリーズの快作。「この死神幻十郎が地獄へ送ってやる!」というキメ台詞、豪快かつ迫力満点の立ち回りで悪人たちを切り倒していく北大路のチャンバラには大いに胸がすくこと請け合い。原作「冥府の刺客」の著者・黒崎裕一郎の実兄・中村敦夫をはじめ、笹野高史、尾美としのりなど、時代劇で定評のある実力派俳優たちの共演もみどころ。 将軍家斉の治世。元南町奉行所定町廻り同心・神山源十郎(北大路欣也)は、妻を暴行し自害に追い込んだ朋輩を殺害した罪で5年間投獄され、斬首刑に処せられる。だが、源十郎は生きていた。眠りから覚めた源十郎は、そこに現れた市田孫兵衛(笹野高史)から、実際に首を刎ねられたのは身代りの罪人であることを告げられる。そしてすでにこの世に存在しないことになっている源十郎に、"死神 幻十郎"として生き、5年前の事件の真相を探るよう促す。身のまわりの世話や密偵の役割をする伊佐次(尾美としのり)の協力を得て、幻十郎は5年前の事件の真相を掴み、悪党を殲滅するのだった。。それからの幻十郎は、自分を処刑から救った謎の老人・楽翁(中村敦夫)の命を受けた孫兵衛から、さまざまな事件の真相を探るよう依頼され、権力者の策略を暴くべく活動していく……。

基本プラン

幻十郎必殺剣 #4

幻十郎必殺剣 #4

07/12(金)07:00~08:00

時代劇はもちろんのこと現代劇でもめざましい活躍を続ける北大路欣也が、十八番の時代劇ヒーロー役でその魅力を振りまく連続ドラマシリーズの快作。「この死神幻十郎が地獄へ送ってやる!」というキメ台詞、豪快かつ迫力満点の立ち回りで悪人たちを切り倒していく北大路のチャンバラには大いに胸がすくこと請け合い。原作「冥府の刺客」の著者・黒崎裕一郎の実兄・中村敦夫をはじめ、笹野高史、尾美としのりなど、時代劇で定評のある実力派俳優たちの共演もみどころ。 将軍家斉の治世。元南町奉行所定町廻り同心・神山源十郎(北大路欣也)は、妻を暴行し自害に追い込んだ朋輩を殺害した罪で5年間投獄され、斬首刑に処せられる。だが、源十郎は生きていた。眠りから覚めた源十郎は、そこに現れた市田孫兵衛(笹野高史)から、実際に首を刎ねられたのは身代りの罪人であることを告げられる。そしてすでにこの世に存在しないことになっている源十郎に、"死神 幻十郎"として生き、5年前の事件の真相を探るよう促す。身のまわりの世話や密偵の役割をする伊佐次(尾美としのり)の協力を得て、幻十郎は5年前の事件の真相を掴み、悪党を殲滅するのだった。。それからの幻十郎は、自分を処刑から救った謎の老人・楽翁(中村敦夫)の命を受けた孫兵衛から、さまざまな事件の真相を探るよう依頼され、権力者の策略を暴くべく活動していく……。

基本プラン

スカパー!からのイチオシ

記事・インタビュー

more
  • このサイトでは、当日から1週間分はEPGと同等の番組情報が表示され、その先1ヶ月後まではガイド誌(有料)と同等の番組情報が表示されます。番組や放送予定は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • このサイトは、ウェブブラウザーMicrosoft Edge最新版、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版、Safari最新版での動作を確認しております。上記以外のウェブブラウザーで閲覧されますと、表示の乱れや予期せぬ動作を起こす場合がございますので、予めご了承ください。

現在マイリストを更新中です。

番組情報を読み込み中

現在マイリストに登録中です。

現在マイリストから削除中です。