“松山ケンイチ”の番組検索結果 (シリーズ別)

一般番組 成人番組

検索ワード

絞り込み

放送日を選択
週、曜日、日指定はカレンダー上を選択

ジャンル

チャンネル

シリーズ別表示 放送日時順表示

ロストケア 3番組

ロストケア

ロストケア

07/15(月)17:50~19:45

松山ケンイチと長澤まさみがW主演した社会派ドラマ。心優しき男性介護士が42人の老人を殺した。正義感に燃える女性検事は犯人と対峙しながら、自分自身と向き合う。第16回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した葉真中顕の小説を、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の前田哲監督が映画化。松山が演じる介護士の斯波と長澤が演じる検事の大友が向かい合って会話をするシーンの緊迫した空気感、そこで描かれる過酷な介護の現場の姿が見る者の視線をくぎ付けにする。なぜ斯波は殺人をすることになったのか? それは救済なのか? それとも罪なのか? 誰しも身近にある問題だからこそ考えさせられる。老人役の俳優陣では、出番こそ少ないが柄本明の真に迫った演技が圧巻。 老人と訪問介護センターの所長の遺体が早朝の民家で発見される。捜査線上にセンターで働く斯波が浮かぶが、彼は介護家族に慕われる献身的な介護士だった。検事の大友は斯波が勤める訪問介護センターでは世話をしている老人の死亡率が異常に高く、彼が働き始めてから自宅での死者が40人を超えることを突き止める。大友は真実を明らかにしようと斯波と対峙するが、斯波は自分がしたことは“殺人”ではなく“救い”だと主張し……。

GANTZ 3番組

「GANTZ」2作品一挙放送 GANTZ

「GANTZ」2作品一挙放送 GANTZ

06/30(日)09:45~12:00

黒い謎の球体“GANTZ”に戦いを強いられ、極限状態に追い込まれた人間たちを描写。二宮和也と松山ケンイチが初共演した、SFエンターテインメント大作のPART1。奥浩哉原作の人気コミックを「図書館戦争」「いぬやしき」の佐藤信介監督が映画化。本作はPART1ということで登場人物紹介と、PART2である「GANTZ:PERFECT ANSWER」で明かされる謎に対する伏線が数多く張られている。それでいて見せ場のアクションはふんだん。二宮演じる玄野と松山演じる加藤たちが戦う星人たちがユニークで、特に、歌手の田中星児さんをモデルにしたと思われる“田中星人”のターミネーターぶりとカセットから流れる往年のヒット曲が、ツボにハマると楽しい。 就職活動中の大学生・玄野は、地下鉄で幼なじみの加藤を見かける。正義感の強い加藤は線路上に転落した酔っぱらいを助けようとするが、手を貸した玄野とともに進入してきた電車にひかれる。次の瞬間、2人は見慣れぬマンションの一室に居て、リビングの中央ではGANTZと呼ばれる大きな黒い球体を見知らぬ人々が取り囲んでいた。GANTZが彼らに星人と戦って殺すというミッションを与えると、やがて星人との死闘が始まる。

GANTZ

GANTZ

07/06(土)00:20~02:35

黒い謎の球体“GANTZ”に戦いを強いられ、極限状態に追い込まれた人間たちを描写。二宮和也と松山ケンイチが初共演した、SFエンターテインメント大作のPART1。奥浩哉原作の人気コミックを「図書館戦争」「いぬやしき」の佐藤信介監督が映画化。本作はPART1ということで登場人物紹介と、PART2である「GANTZ:PERFECT ANSWER」で明かされる謎に対する伏線が数多く張られている。それでいて見せ場のアクションはふんだん。二宮演じる玄野と松山演じる加藤たちが戦う星人たちがユニークで、特に、歌手の田中星児さんをモデルにしたと思われる“田中星人”のターミネーターぶりとカセットから流れる往年のヒット曲が、ツボにハマると楽しい。 就職活動中の大学生・玄野は、地下鉄で幼なじみの加藤を見かける。正義感の強い加藤は線路上に転落した酔っぱらいを助けようとするが、手を貸した玄野とともに進入してきた電車にひかれる。次の瞬間、2人は見慣れぬマンションの一室に居て、リビングの中央ではGANTZと呼ばれる大きな黒い球体を見知らぬ人々が取り囲んでいた。GANTZが彼らに星人と戦って殺すというミッションを与えると、やがて星人との死闘が始まる。

GANTZ PERFECT ANSWER 3番組

「GANTZ」2作品一挙放送 GANTZ PERFECT ANSWER

「GANTZ」2作品一挙放送 GANTZ PERFECT ANSWER

06/30(日)12:00~14:30

GANTZから逃れるための玄野と加藤の激闘が続く中、玄野を一途に思い続ける小島多恵が新たな標的に。二宮和也と松山ケンイチが共演した「GANTZ」2部作の完結編。「硫黄島からの手紙」以来、3年ぶりの映画出演となった二宮和也と、「デスノート」シリーズや「ノルウェイの森」の松山ケンイチの初共演が話題をさらったPART1の「GANTZ」。怒涛の展開からつながるこのPART2は、山田孝之、綾野剛、伊藤歩など強力なキャストが本格参戦し、多くの謎を含んだ戦いがいよいよクライマックスを迎える。下村勇二アクション監督によるソードアクションもPART1以上によりスリリングに展開。原作とは違う映画オリジナルのエンディングは衝撃にして号泣必至! 謎の球体GANTZによる戦いで加藤を失った玄野は、100点メニューというルールのもと、加藤の復活と全員の帰還を目指し戦いを続ける。だが人間と同じ姿をした黒服星人との戦いから一般の人々を巻き込みだし、さらに100点を取って卒業したメンバーの復帰や加藤の不可解な復活、玄野たちを嗅ぎ回る謎の男の出現などGANTZに異変が起き始める。そんな時、GANTZが新たな標的に選んだのは、玄野を愛する多恵だった。

GANTZ PERFECT ANSWER

GANTZ PERFECT ANSWER

07/06(土)02:35~05:00

GANTZから逃れるための玄野と加藤の激闘が続く中、玄野を一途に思い続ける小島多恵が新たな標的に。二宮和也と松山ケンイチが共演した「GANTZ」2部作の完結編。「硫黄島からの手紙」以来、3年ぶりの映画出演となった二宮和也と、「デスノート」シリーズや「ノルウェイの森」の松山ケンイチの初共演が話題をさらったPART1の「GANTZ」。怒涛の展開からつながるこのPART2は、山田孝之、綾野剛、伊藤歩など強力なキャストが本格参戦し、多くの謎を含んだ戦いがいよいよクライマックスを迎える。下村勇二アクション監督によるソードアクションもPART1以上によりスリリングに展開。原作とは違う映画オリジナルのエンディングは衝撃にして号泣必至! 謎の球体GANTZによる戦いで加藤を失った玄野は、100点メニューというルールのもと、加藤の復活と全員の帰還を目指し戦いを続ける。だが人間と同じ姿をした黒服星人との戦いから一般の人々を巻き込みだし、さらに100点を取って卒業したメンバーの復帰や加藤の不可解な復活、玄野たちを嗅ぎ回る謎の男の出現などGANTZに異変が起き始める。そんな時、GANTZが新たな標的に選んだのは、玄野を愛する多恵だった。

DEATH NOTE デスノート (2006年) 4番組

DEATH NOTE デスノート the Last name 4番組

怪盗グルーのミニオン大脱走 1番組

大名倒産 1番組

大名倒産

大名倒産

06/29(土)23:00~01:15

浅田次郎の小説を神木隆之介主演、杉咲花共演で映画化した時代劇コメディ。莫大な借金を抱える小藩の藩主になった鮭売りの青年。大名倒産を阻止するべく財政再建が始まる。直木賞作家・浅田の小説を「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」などの前田哲監督が映画化。莫大な借金を抱える藩がいかに借金を返済するか? 賄賂や中抜き、私腹を肥やすなど、現代にも通じる悪行を暴くといった胸のすく展開が見もの。加えて神木演じる藩主の小四郎と杉咲演じる幼なじみ・さよ、そして藩の家臣たちとの間に連帯が生まれ、次第に仲間として一致団結し節約する姿は清々しささえ感じさせる。神木や杉咲を囲む松山ケンイチ、小日向文世、浅野忠信、佐藤浩市ほか、豪華出演陣の好演も楽しい。 越後・丹生山藩の鮭売りの子・小四郎は、人が良すぎて商売は上手ではないが、周囲の人々に愛されていた。ある日、大勢の役人が突然現われる。驚く小四郎に、父は彼が実は徳川家康の血を引く丹生山藩主の跡継ぎであることを告げる。さらに実の父である一狐斎は小四郎に藩を任せて隠居するという。庶民からいきなり殿様になった小四郎。だが、実は藩は25万両もの借金を抱え、返せなければ藩主が切腹してわびなければならなかった。

大名倒産

大名倒産

06/29(土)23:00~01:15

浅田次郎の小説を神木隆之介主演、杉咲花共演で映画化した時代劇コメディ。莫大な借金を抱える小藩の藩主になった鮭売りの青年。大名倒産を阻止するべく財政再建が始まる。直木賞作家・浅田の小説を「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」などの前田哲監督が映画化。莫大な借金を抱える藩がいかに借金を返済するか? 賄賂や中抜き、私腹を肥やすなど、現代にも通じる悪行を暴くといった胸のすく展開が見もの。加えて神木演じる藩主の小四郎と杉咲演じる幼なじみ・さよ、そして藩の家臣たちとの間に連帯が生まれ、次第に仲間として一致団結し節約する姿は清々しささえ感じさせる。神木や杉咲を囲む松山ケンイチ、小日向文世、浅野忠信、佐藤浩市ほか、豪華出演陣の好演も楽しい。 越後・丹生山藩の鮭売りの子・小四郎は、人が良すぎて商売は上手ではないが、周囲の人々に愛されていた。ある日、大勢の役人が突然現われる。驚く小四郎に、父は彼が実は徳川家康の血を引く丹生山藩主の跡継ぎであることを告げる。さらに実の父である一狐斎は小四郎に藩を任せて隠居するという。庶民からいきなり殿様になった小四郎。だが、実は藩は25万両もの借金を抱え、返せなければ藩主が切腹してわびなければならなかった。

カイジ 人生逆転ゲーム 4番組

100万回 言えばよかった 10番組

[字]100万回 言えばよかった「出会いと別れのハンバーグ」 第1回

[字]100万回 言えばよかった「出会いと別れのハンバーグ」 第1回

06/30(日)14:00~15:05

井上真央×佐藤健×松山ケンイチ、実力派俳優3人が連続ドラマ初共演!数奇な運命に翻弄されながらも奇跡を起こそうとする3人の姿を描く、“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー! 井上真央演じる相馬悠依は、有名美容室の系列店の店長。中学生という多感な時期に家庭の事情で里親の元へ預けられ、そこで鳥野直木(佐藤健)と出会う。その後、直木とは別々の道を歩み音信不通だったが、直木が営む料理店で偶然再会。昔と変わらない空気感の直木に自然と惹かれた悠依は、彼となら幸せになれるという確信を持つが、直木は突然姿を消してしまうのだった…。実力派女優の井上真央が、突然命を落としてしまった恋人を想い、悩みながらも少しずつ前を向いて歩み出す切ない主人公を熱演する。一方、佐藤健演じる直木は、悠依と同じく家庭の事情で里親に預けられた過去を持ち、再会した悠依とこの先の人生も一緒に歩みたいと思うようになっていた。しかし、ある日突然事件に巻き込まれ、死んだ時の記憶がないまま魂となって現世をさまようことになってしまう…。そんな直木と唯一意思の疎通ができる刑事・魚住譲を演じたのは、松山ケンイチ。千年続く寺が実家で、霊媒体質の家系に生まれたが幼少期からその才能は一切なかった譲。しかし、とある事件を追っている最中に、魂となって現世をさまよう直木の姿が見えることに気付く。戸惑いを隠せないまま、直木の思いを伝えるため悠依に接触を図るのだが…。 突然の死によって運命が引き裂かれてしまった悠依と直木。そしてふたりを繋ぐ唯一のよすがである譲。3人の関わりを通して“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。2023年作品。

基本プラン

[字]100万回 言えばよかった「出会いと別れのハンバーグ」 第1回

[字]100万回 言えばよかった「出会いと別れのハンバーグ」 第1回

06/30(日)14:00~15:05

井上真央×佐藤健×松山ケンイチ、実力派俳優3人が連続ドラマ初共演!数奇な運命に翻弄されながらも奇跡を起こそうとする3人の姿を描く、“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー! 井上真央演じる相馬悠依は、有名美容室の系列店の店長。中学生という多感な時期に家庭の事情で里親の元へ預けられ、そこで鳥野直木(佐藤健)と出会う。その後、直木とは別々の道を歩み音信不通だったが、直木が営む料理店で偶然再会。昔と変わらない空気感の直木に自然と惹かれた悠依は、彼となら幸せになれるという確信を持つが、直木は突然姿を消してしまうのだった…。実力派女優の井上真央が、突然命を落としてしまった恋人を想い、悩みながらも少しずつ前を向いて歩み出す切ない主人公を熱演する。一方、佐藤健演じる直木は、悠依と同じく家庭の事情で里親に預けられた過去を持ち、再会した悠依とこの先の人生も一緒に歩みたいと思うようになっていた。しかし、ある日突然事件に巻き込まれ、死んだ時の記憶がないまま魂となって現世をさまようことになってしまう…。そんな直木と唯一意思の疎通ができる刑事・魚住譲を演じたのは、松山ケンイチ。千年続く寺が実家で、霊媒体質の家系に生まれたが幼少期からその才能は一切なかった譲。しかし、とある事件を追っている最中に、魂となって現世をさまよう直木の姿が見えることに気付く。戸惑いを隠せないまま、直木の思いを伝えるため悠依に接触を図るのだが…。 突然の死によって運命が引き裂かれてしまった悠依と直木。そしてふたりを繋ぐ唯一のよすがである譲。3人の関わりを通して“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。2023年作品。

基本プラン

[字]100万回 言えばよかった「ゆれる思い」第2回

[字]100万回 言えばよかった「ゆれる思い」第2回

06/30(日)15:05~15:55

井上真央×佐藤健×松山ケンイチ、実力派俳優3人が連続ドラマ初共演!数奇な運命に翻弄されながらも奇跡を起こそうとする3人の姿を描く、“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー! 井上真央演じる相馬悠依は、有名美容室の系列店の店長。中学生という多感な時期に家庭の事情で里親の元へ預けられ、そこで鳥野直木(佐藤健)と出会う。その後、直木とは別々の道を歩み音信不通だったが、直木が営む料理店で偶然再会。昔と変わらない空気感の直木に自然と惹かれた悠依は、彼となら幸せになれるという確信を持つが、直木は突然姿を消してしまうのだった…。実力派女優の井上真央が、突然命を落としてしまった恋人を想い、悩みながらも少しずつ前を向いて歩み出す切ない主人公を熱演する。一方、佐藤健演じる直木は、悠依と同じく家庭の事情で里親に預けられた過去を持ち、再会した悠依とこの先の人生も一緒に歩みたいと思うようになっていた。しかし、ある日突然事件に巻き込まれ、死んだ時の記憶がないまま魂となって現世をさまようことになってしまう…。そんな直木と唯一意思の疎通ができる刑事・魚住譲を演じたのは、松山ケンイチ。千年続く寺が実家で、霊媒体質の家系に生まれたが幼少期からその才能は一切なかった譲。しかし、とある事件を追っている最中に、魂となって現世をさまよう直木の姿が見えることに気付く。戸惑いを隠せないまま、直木の思いを伝えるため悠依に接触を図るのだが…。 突然の死によって運命が引き裂かれてしまった悠依と直木。そしてふたりを繋ぐ唯一のよすがである譲。3人の関わりを通して“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。2023年作品。

基本プラン

[字]100万回 言えばよかった「家族という罠」第3回

[字]100万回 言えばよかった「家族という罠」第3回

06/30(日)15:55~16:45

井上真央×佐藤健×松山ケンイチ、実力派俳優3人が連続ドラマ初共演!数奇な運命に翻弄されながらも奇跡を起こそうとする3人の姿を描く、“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー! 井上真央演じる相馬悠依は、有名美容室の系列店の店長。中学生という多感な時期に家庭の事情で里親の元へ預けられ、そこで鳥野直木(佐藤健)と出会う。その後、直木とは別々の道を歩み音信不通だったが、直木が営む料理店で偶然再会。昔と変わらない空気感の直木に自然と惹かれた悠依は、彼となら幸せになれるという確信を持つが、直木は突然姿を消してしまうのだった…。実力派女優の井上真央が、突然命を落としてしまった恋人を想い、悩みながらも少しずつ前を向いて歩み出す切ない主人公を熱演する。一方、佐藤健演じる直木は、悠依と同じく家庭の事情で里親に預けられた過去を持ち、再会した悠依とこの先の人生も一緒に歩みたいと思うようになっていた。しかし、ある日突然事件に巻き込まれ、死んだ時の記憶がないまま魂となって現世をさまようことになってしまう…。そんな直木と唯一意思の疎通ができる刑事・魚住譲を演じたのは、松山ケンイチ。千年続く寺が実家で、霊媒体質の家系に生まれたが幼少期からその才能は一切なかった譲。しかし、とある事件を追っている最中に、魂となって現世をさまよう直木の姿が見えることに気付く。戸惑いを隠せないまま、直木の思いを伝えるため悠依に接触を図るのだが…。 突然の死によって運命が引き裂かれてしまった悠依と直木。そしてふたりを繋ぐ唯一のよすがである譲。3人の関わりを通して“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。2023年作品。

基本プラン

[字]100万回 言えばよかった「カラダの痛み」第4回

[字]100万回 言えばよかった「カラダの痛み」第4回

06/30(日)16:45~17:35

井上真央×佐藤健×松山ケンイチ、実力派俳優3人が連続ドラマ初共演!数奇な運命に翻弄されながらも奇跡を起こそうとする3人の姿を描く、“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー! 井上真央演じる相馬悠依は、有名美容室の系列店の店長。中学生という多感な時期に家庭の事情で里親の元へ預けられ、そこで鳥野直木(佐藤健)と出会う。その後、直木とは別々の道を歩み音信不通だったが、直木が営む料理店で偶然再会。昔と変わらない空気感の直木に自然と惹かれた悠依は、彼となら幸せになれるという確信を持つが、直木は突然姿を消してしまうのだった…。実力派女優の井上真央が、突然命を落としてしまった恋人を想い、悩みながらも少しずつ前を向いて歩み出す切ない主人公を熱演する。一方、佐藤健演じる直木は、悠依と同じく家庭の事情で里親に預けられた過去を持ち、再会した悠依とこの先の人生も一緒に歩みたいと思うようになっていた。しかし、ある日突然事件に巻き込まれ、死んだ時の記憶がないまま魂となって現世をさまようことになってしまう…。そんな直木と唯一意思の疎通ができる刑事・魚住譲を演じたのは、松山ケンイチ。千年続く寺が実家で、霊媒体質の家系に生まれたが幼少期からその才能は一切なかった譲。しかし、とある事件を追っている最中に、魂となって現世をさまよう直木の姿が見えることに気付く。戸惑いを隠せないまま、直木の思いを伝えるため悠依に接触を図るのだが…。 突然の死によって運命が引き裂かれてしまった悠依と直木。そしてふたりを繋ぐ唯一のよすがである譲。3人の関わりを通して“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。2023年作品。

基本プラン

[字]100万回 言えばよかった「バレンタインデートは幽霊と」第5回

[字]100万回 言えばよかった「バレンタインデートは幽霊と」第5回

06/30(日)17:35~18:25

井上真央×佐藤健×松山ケンイチ、実力派俳優3人が連続ドラマ初共演!数奇な運命に翻弄されながらも奇跡を起こそうとする3人の姿を描く、“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー! 井上真央演じる相馬悠依は、有名美容室の系列店の店長。中学生という多感な時期に家庭の事情で里親の元へ預けられ、そこで鳥野直木(佐藤健)と出会う。その後、直木とは別々の道を歩み音信不通だったが、直木が営む料理店で偶然再会。昔と変わらない空気感の直木に自然と惹かれた悠依は、彼となら幸せになれるという確信を持つが、直木は突然姿を消してしまうのだった…。実力派女優の井上真央が、突然命を落としてしまった恋人を想い、悩みながらも少しずつ前を向いて歩み出す切ない主人公を熱演する。一方、佐藤健演じる直木は、悠依と同じく家庭の事情で里親に預けられた過去を持ち、再会した悠依とこの先の人生も一緒に歩みたいと思うようになっていた。しかし、ある日突然事件に巻き込まれ、死んだ時の記憶がないまま魂となって現世をさまようことになってしまう…。そんな直木と唯一意思の疎通ができる刑事・魚住譲を演じたのは、松山ケンイチ。千年続く寺が実家で、霊媒体質の家系に生まれたが幼少期からその才能は一切なかった譲。しかし、とある事件を追っている最中に、魂となって現世をさまよう直木の姿が見えることに気付く。戸惑いを隠せないまま、直木の思いを伝えるため悠依に接触を図るのだが…。 突然の死によって運命が引き裂かれてしまった悠依と直木。そしてふたりを繋ぐ唯一のよすがである譲。3人の関わりを通して“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。2023年作品。

基本プラン

[字]100万回 言えばよかった「恋わずらいの生存率」第6回

[字]100万回 言えばよかった「恋わずらいの生存率」第6回

06/30(日)18:25~19:15

井上真央×佐藤健×松山ケンイチ、実力派俳優3人が連続ドラマ初共演!数奇な運命に翻弄されながらも奇跡を起こそうとする3人の姿を描く、“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー! 井上真央演じる相馬悠依は、有名美容室の系列店の店長。中学生という多感な時期に家庭の事情で里親の元へ預けられ、そこで鳥野直木(佐藤健)と出会う。その後、直木とは別々の道を歩み音信不通だったが、直木が営む料理店で偶然再会。昔と変わらない空気感の直木に自然と惹かれた悠依は、彼となら幸せになれるという確信を持つが、直木は突然姿を消してしまうのだった…。実力派女優の井上真央が、突然命を落としてしまった恋人を想い、悩みながらも少しずつ前を向いて歩み出す切ない主人公を熱演する。一方、佐藤健演じる直木は、悠依と同じく家庭の事情で里親に預けられた過去を持ち、再会した悠依とこの先の人生も一緒に歩みたいと思うようになっていた。しかし、ある日突然事件に巻き込まれ、死んだ時の記憶がないまま魂となって現世をさまようことになってしまう…。そんな直木と唯一意思の疎通ができる刑事・魚住譲を演じたのは、松山ケンイチ。千年続く寺が実家で、霊媒体質の家系に生まれたが幼少期からその才能は一切なかった譲。しかし、とある事件を追っている最中に、魂となって現世をさまよう直木の姿が見えることに気付く。戸惑いを隠せないまま、直木の思いを伝えるため悠依に接触を図るのだが…。 突然の死によって運命が引き裂かれてしまった悠依と直木。そしてふたりを繋ぐ唯一のよすがである譲。3人の関わりを通して“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。2023年作品。

基本プラン

[字]100万回 言えばよかった「あなたとわたしの境界線」第7回

[字]100万回 言えばよかった「あなたとわたしの境界線」第7回

06/30(日)19:15~20:05

井上真央×佐藤健×松山ケンイチ、実力派俳優3人が連続ドラマ初共演!数奇な運命に翻弄されながらも奇跡を起こそうとする3人の姿を描く、“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー! 井上真央演じる相馬悠依は、有名美容室の系列店の店長。中学生という多感な時期に家庭の事情で里親の元へ預けられ、そこで鳥野直木(佐藤健)と出会う。その後、直木とは別々の道を歩み音信不通だったが、直木が営む料理店で偶然再会。昔と変わらない空気感の直木に自然と惹かれた悠依は、彼となら幸せになれるという確信を持つが、直木は突然姿を消してしまうのだった…。実力派女優の井上真央が、突然命を落としてしまった恋人を想い、悩みながらも少しずつ前を向いて歩み出す切ない主人公を熱演する。一方、佐藤健演じる直木は、悠依と同じく家庭の事情で里親に預けられた過去を持ち、再会した悠依とこの先の人生も一緒に歩みたいと思うようになっていた。しかし、ある日突然事件に巻き込まれ、死んだ時の記憶がないまま魂となって現世をさまようことになってしまう…。そんな直木と唯一意思の疎通ができる刑事・魚住譲を演じたのは、松山ケンイチ。千年続く寺が実家で、霊媒体質の家系に生まれたが幼少期からその才能は一切なかった譲。しかし、とある事件を追っている最中に、魂となって現世をさまよう直木の姿が見えることに気付く。戸惑いを隠せないまま、直木の思いを伝えるため悠依に接触を図るのだが…。 突然の死によって運命が引き裂かれてしまった悠依と直木。そしてふたりを繋ぐ唯一のよすがである譲。3人の関わりを通して“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。2023年作品。

基本プラン

[字]100万回 言えばよかった「さようならの予感」第8回

[字]100万回 言えばよかった「さようならの予感」第8回

06/30(日)20:05~20:55

井上真央×佐藤健×松山ケンイチ、実力派俳優3人が連続ドラマ初共演!数奇な運命に翻弄されながらも奇跡を起こそうとする3人の姿を描く、“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー! 井上真央演じる相馬悠依は、有名美容室の系列店の店長。中学生という多感な時期に家庭の事情で里親の元へ預けられ、そこで鳥野直木(佐藤健)と出会う。その後、直木とは別々の道を歩み音信不通だったが、直木が営む料理店で偶然再会。昔と変わらない空気感の直木に自然と惹かれた悠依は、彼となら幸せになれるという確信を持つが、直木は突然姿を消してしまうのだった…。実力派女優の井上真央が、突然命を落としてしまった恋人を想い、悩みながらも少しずつ前を向いて歩み出す切ない主人公を熱演する。一方、佐藤健演じる直木は、悠依と同じく家庭の事情で里親に預けられた過去を持ち、再会した悠依とこの先の人生も一緒に歩みたいと思うようになっていた。しかし、ある日突然事件に巻き込まれ、死んだ時の記憶がないまま魂となって現世をさまようことになってしまう…。そんな直木と唯一意思の疎通ができる刑事・魚住譲を演じたのは、松山ケンイチ。千年続く寺が実家で、霊媒体質の家系に生まれたが幼少期からその才能は一切なかった譲。しかし、とある事件を追っている最中に、魂となって現世をさまよう直木の姿が見えることに気付く。戸惑いを隠せないまま、直木の思いを伝えるため悠依に接触を図るのだが…。 突然の死によって運命が引き裂かれてしまった悠依と直木。そしてふたりを繋ぐ唯一のよすがである譲。3人の関わりを通して“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。2023年作品。

基本プラン

[字]100万回 言えばよかった「キレイな魂」第9回

[字]100万回 言えばよかった「キレイな魂」第9回

06/30(日)20:55~21:45

井上真央×佐藤健×松山ケンイチ、実力派俳優3人が連続ドラマ初共演!数奇な運命に翻弄されながらも奇跡を起こそうとする3人の姿を描く、“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー! 井上真央演じる相馬悠依は、有名美容室の系列店の店長。中学生という多感な時期に家庭の事情で里親の元へ預けられ、そこで鳥野直木(佐藤健)と出会う。その後、直木とは別々の道を歩み音信不通だったが、直木が営む料理店で偶然再会。昔と変わらない空気感の直木に自然と惹かれた悠依は、彼となら幸せになれるという確信を持つが、直木は突然姿を消してしまうのだった…。実力派女優の井上真央が、突然命を落としてしまった恋人を想い、悩みながらも少しずつ前を向いて歩み出す切ない主人公を熱演する。一方、佐藤健演じる直木は、悠依と同じく家庭の事情で里親に預けられた過去を持ち、再会した悠依とこの先の人生も一緒に歩みたいと思うようになっていた。しかし、ある日突然事件に巻き込まれ、死んだ時の記憶がないまま魂となって現世をさまようことになってしまう…。そんな直木と唯一意思の疎通ができる刑事・魚住譲を演じたのは、松山ケンイチ。千年続く寺が実家で、霊媒体質の家系に生まれたが幼少期からその才能は一切なかった譲。しかし、とある事件を追っている最中に、魂となって現世をさまよう直木の姿が見えることに気付く。戸惑いを隠せないまま、直木の思いを伝えるため悠依に接触を図るのだが…。 突然の死によって運命が引き裂かれてしまった悠依と直木。そしてふたりを繋ぐ唯一のよすがである譲。3人の関わりを通して“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。2023年作品。

基本プラン

[字]100万回 言えばよかった「今が奇跡のとき」 第10回

[字]100万回 言えばよかった「今が奇跡のとき」 第10回

06/30(日)21:45~22:35

井上真央×佐藤健×松山ケンイチ、実力派俳優3人が連続ドラマ初共演!数奇な運命に翻弄されながらも奇跡を起こそうとする3人の姿を描く、“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー! 井上真央演じる相馬悠依は、有名美容室の系列店の店長。中学生という多感な時期に家庭の事情で里親の元へ預けられ、そこで鳥野直木(佐藤健)と出会う。その後、直木とは別々の道を歩み音信不通だったが、直木が営む料理店で偶然再会。昔と変わらない空気感の直木に自然と惹かれた悠依は、彼となら幸せになれるという確信を持つが、直木は突然姿を消してしまうのだった…。実力派女優の井上真央が、突然命を落としてしまった恋人を想い、悩みながらも少しずつ前を向いて歩み出す切ない主人公を熱演する。一方、佐藤健演じる直木は、悠依と同じく家庭の事情で里親に預けられた過去を持ち、再会した悠依とこの先の人生も一緒に歩みたいと思うようになっていた。しかし、ある日突然事件に巻き込まれ、死んだ時の記憶がないまま魂となって現世をさまようことになってしまう…。そんな直木と唯一意思の疎通ができる刑事・魚住譲を演じたのは、松山ケンイチ。千年続く寺が実家で、霊媒体質の家系に生まれたが幼少期からその才能は一切なかった譲。しかし、とある事件を追っている最中に、魂となって現世をさまよう直木の姿が見えることに気付く。戸惑いを隠せないまま、直木の思いを伝えるため悠依に接触を図るのだが…。 突然の死によって運命が引き裂かれてしまった悠依と直木。そしてふたりを繋ぐ唯一のよすがである譲。3人の関わりを通して“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。2023年作品。

基本プラン

舞台「hana -1970、コザが燃えた日-」 1番組

劇場への扉~素晴らしき演劇の世界~ [初] 舞台「hana -1970、コザが燃えた日-」

劇場への扉~素晴らしき演劇の世界~ [初] 舞台「hana -1970、コザが燃えた日-」

07/12(金)18:00~19:45

激動の時代を生きた人々の想いと、家族の愛に、胸が熱くなる!アメリカでも日本でもなかった“沖縄”から、今も続く物語。 常に時代と向き合い演劇の力を信じて力強い作品を送り出している演出家・栗山民也が長年見つめてきた沖縄を題材に、同志のようと信頼する作家・畑澤聖悟に書き下ろしを託し、その演技力を舞台の上で観たいと待ち望まれ、ついに会話劇初主演となる松山ケンイチと初タッグを組む。 沖縄返還50年目の2022年。返還直前の沖縄に生きる人々を描く意欲作! 血のつながりは、ない。でも彼らは、家族だった― 返還直前の沖縄に生きる人々の様々な想いが爆発した、歴史的にも意義の大きなコザ騒動を背景に、沖縄、本土、アメリカ―戦後沖縄の縮図のようなバーでの一夜を描く物語。 母親の愛情、そして妹への想いをめぐって分断してしまった二人の血のつながらない兄弟。コザ騒動の夜、それとは全く関係なく、家の中で起きた事件により、ばらばらになりかけた家族に変化が起きる―いびつな「偽の家族」が、心からぶつかり合いわだかまりを溶かしていく様子を通して、沖縄という土地が背負わされているもの、現在も変わらぬその業と見つめるべき未来を浮かび上がらせていく。 (2022年1月11日~1月30日 東京芸術劇場プレイハウス)

劇場への扉~素晴らしき演劇の世界~ [初] 舞台「hana -1970、コザが燃えた日-」

劇場への扉~素晴らしき演劇の世界~ [初] 舞台「hana -1970、コザが燃えた日-」

07/12(金)18:00~19:45

激動の時代を生きた人々の想いと、家族の愛に、胸が熱くなる!アメリカでも日本でもなかった“沖縄”から、今も続く物語。 常に時代と向き合い演劇の力を信じて力強い作品を送り出している演出家・栗山民也が長年見つめてきた沖縄を題材に、同志のようと信頼する作家・畑澤聖悟に書き下ろしを託し、その演技力を舞台の上で観たいと待ち望まれ、ついに会話劇初主演となる松山ケンイチと初タッグを組む。 沖縄返還50年目の2022年。返還直前の沖縄に生きる人々を描く意欲作! 血のつながりは、ない。でも彼らは、家族だった― 返還直前の沖縄に生きる人々の様々な想いが爆発した、歴史的にも意義の大きなコザ騒動を背景に、沖縄、本土、アメリカ―戦後沖縄の縮図のようなバーでの一夜を描く物語。 母親の愛情、そして妹への想いをめぐって分断してしまった二人の血のつながらない兄弟。コザ騒動の夜、それとは全く関係なく、家の中で起きた事件により、ばらばらになりかけた家族に変化が起きる―いびつな「偽の家族」が、心からぶつかり合いわだかまりを溶かしていく様子を通して、沖縄という土地が背負わされているもの、現在も変わらぬその業と見つめるべき未来を浮かび上がらせていく。 (2022年1月11日~1月30日 東京芸術劇場プレイハウス)

スカパー!からのイチオシ

記事・インタビュー

more
  • このサイトでは、当日から1週間分はEPGと同等の番組情報が表示され、その先1ヶ月後まではガイド誌(有料)と同等の番組情報が表示されます。番組や放送予定は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • このサイトは、ウェブブラウザーMicrosoft Edge最新版、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版、Safari最新版での動作を確認しております。上記以外のウェブブラウザーで閲覧されますと、表示の乱れや予期せぬ動作を起こす場合がございますので、予めご了承ください。

現在マイリストを更新中です。

番組情報を読み込み中

現在マイリストに登録中です。

現在マイリストから削除中です。