“西城秀樹”の番組検索結果 (シリーズ別)

一般番組 成人番組

検索ワード

絞り込み

放送日を選択
週、曜日、日指定はカレンダー上を選択

ジャンル

チャンネル

シリーズ別表示 放送日時順表示

カックラキン大放送!! 16番組

フォーエバー・ヒデキ~西城秀樹出演作より~ [初] カックラキン大放送!!【西城秀樹出演回】#267(1981/6/5 O.A.)

フォーエバー・ヒデキ~西城秀樹出演作より~ [初] カックラキン大放送!!【西城秀樹出演回】#267(1981/6/5 O.A.)

07/03(水)22:00~22:30

1975年から1986年まで放送された昭和を代表するお茶の間定番バラエティ!! 「お笑いお茶の間劇場」 今回は、久しぶりに来た二郎(坂上二郎)を大歓迎する話。 今日は、レストランが休みなので、みづえ(高田みづえ)が、ナオコに内緒で、二郎を連れ てお茶の間に遊びに来ることになった。 おみやげを持って突然来た二郎にナオコは驚き、大歓迎をする。 風呂から上がり、浴衣でくつろぐ二郎を囲んでみんなで乾杯!山ほどのごちそうを二郎に 食べてもらおうと、順とナオコは、交互に二郎に食べさせて大サービスするが、二郎は、「放 っといてくれ!」といって怒り出す。 そして二郎に、「二人がちゃんとやっているかどうかを見に来ただけなのに、こんなに気を 遣われるとヨソの家に来たみたいで疲れる」と言われた順とナオコは、サービス過剰を反省 するのだった。 他に「ナオコお婆ちゃんの縁側日記 ひろみ秀樹編」「特捜刑事グッとクルーゾー」など。 <歌唱曲> 高田みづえ「真夜中のギター」 西城秀樹「リトルガール」 河合夕子「東京チーク・ガール」 チェリーズ「Begin the 夏」 郷ひろみ「お嫁サンバ」

フォーエバー・ヒデキ~西城秀樹出演作より~ [初] カックラキン大放送!!【西城秀樹出演回】#310(1982/4/9 O.A.)

フォーエバー・ヒデキ~西城秀樹出演作より~ [初] カックラキン大放送!!【西城秀樹出演回】#310(1982/4/9 O.A.)

07/03(水)22:30~23:00

1975年から1986年まで放送された昭和を代表するお茶の間定番バラエティ!! 「お笑いお茶の間劇場」 人事異動で主任に昇格したと嬉しそうに帰ってきた野口五郎のところへ、取締役に昇格した郷ひろみと、美容院から逃げ出してきた西城秀樹が絡む。 「ナオコお婆ちゃんの縁側日記」 “華やかな一夜…”の巻。五郎、ひろみ、秀樹は、ホテルのパーティーに招待される。ひろみと秀樹はかわいいパートナーを見つけたが、五郎の相手はナオコお婆ちゃん。 「刑事ゴロンボ、最新シリーズ」 “たそがれの最高会議”の巻。五郎、ひろみ、秀樹の三人の刑事が一堂に集まった。ボスにカマキリ退治を命じられている三人は、いつやってくるかわからない“敵”に緊張する。 「今週のおまけ」 “ブルース・ブラザーズ”風に扮装した五郎がニューヨークの裏町風セットでロックン・ロールを歌い、ナオコがそれにあわせて踊る。 <歌唱曲> 西城秀樹「南十字星」 研ナオコ「ボサノバ」 シャワー「DO UP・愛ING」 ニック・ニューサ「サチコ」 野口五郎「ダイヤル177」

フォーエバー・ヒデキ~西城秀樹出演作より~ カックラキン大放送!!【西城秀樹出演回】#267(1981/6/5 O.A.)

フォーエバー・ヒデキ~西城秀樹出演作より~ カックラキン大放送!!【西城秀樹出演回】#267(1981/6/5 O.A.)

07/06(土)05:00~05:30

1975年から1986年まで放送された昭和を代表するお茶の間定番バラエティ!! 「お笑いお茶の間劇場」 今回は、久しぶりに来た二郎(坂上二郎)を大歓迎する話。 今日は、レストランが休みなので、みづえ(高田みづえ)が、ナオコに内緒で、二郎を連れ てお茶の間に遊びに来ることになった。 おみやげを持って突然来た二郎にナオコは驚き、大歓迎をする。 風呂から上がり、浴衣でくつろぐ二郎を囲んでみんなで乾杯!山ほどのごちそうを二郎に 食べてもらおうと、順とナオコは、交互に二郎に食べさせて大サービスするが、二郎は、「放 っといてくれ!」といって怒り出す。 そして二郎に、「二人がちゃんとやっているかどうかを見に来ただけなのに、こんなに気を 遣われるとヨソの家に来たみたいで疲れる」と言われた順とナオコは、サービス過剰を反省 するのだった。 他に「ナオコお婆ちゃんの縁側日記 ひろみ秀樹編」「特捜刑事グッとクルーゾー」など。 <歌唱曲> 高田みづえ「真夜中のギター」 西城秀樹「リトルガール」 河合夕子「東京チーク・ガール」 チェリーズ「Begin the 夏」 郷ひろみ「お嫁サンバ」

フォーエバー・ヒデキ~西城秀樹出演作より~ カックラキン大放送!!【西城秀樹出演回】#310(1982/4/9 O.A.)

フォーエバー・ヒデキ~西城秀樹出演作より~ カックラキン大放送!!【西城秀樹出演回】#310(1982/4/9 O.A.)

07/06(土)05:30~06:00

1975年から1986年まで放送された昭和を代表するお茶の間定番バラエティ!! 「お笑いお茶の間劇場」 人事異動で主任に昇格したと嬉しそうに帰ってきた野口五郎のところへ、取締役に昇格した郷ひろみと、美容院から逃げ出してきた西城秀樹が絡む。 「ナオコお婆ちゃんの縁側日記」 “華やかな一夜…”の巻。五郎、ひろみ、秀樹は、ホテルのパーティーに招待される。ひろみと秀樹はかわいいパートナーを見つけたが、五郎の相手はナオコお婆ちゃん。 「刑事ゴロンボ、最新シリーズ」 “たそがれの最高会議”の巻。五郎、ひろみ、秀樹の三人の刑事が一堂に集まった。ボスにカマキリ退治を命じられている三人は、いつやってくるかわからない“敵”に緊張する。 「今週のおまけ」 “ブルース・ブラザーズ”風に扮装した五郎がニューヨークの裏町風セットでロックン・ロールを歌い、ナオコがそれにあわせて踊る。 <歌唱曲> 西城秀樹「南十字星」 研ナオコ「ボサノバ」 シャワー「DO UP・愛ING」 ニック・ニューサ「サチコ」 野口五郎「ダイヤル177」

寺内貫太郎一家 1番組

寺内貫太郎一家2000

寺内貫太郎一家2000

07/12(金)21:00~22:40

東京・谷中で三代続く老舗の石屋“石貫”を舞台に、ワンマンで怒りっぽく、そのくせ涙もろい人情家のオヤジ・寺内貫太郎 と、妻・里子をはじめとする家族や、彼らを取り巻く人々とのふれあいを描いた大人気ホームドラマ。出演者は小林亜星を はじめ、加藤治子、西城秀樹、浅田美代子、樹木希林とおなじみの顔ぶれが揃う。また、初出演の大塚寧々、加藤晴彦も 堂々たる演技でテラカン一家に仲間入り。今回もちゃぶ台は飛ぶわ、樹木希林扮するきんの辛口トークは冴えてるわで、 昔ながらのファンにはたまらず、若い世代の人には新鮮に映るはず。時代を越えて語りつがれる家族の姿と絆の深さを改 めて感じられる! 寺内貫太郎(小林亜星)がいつものように石を彫っていると、大工の棟梁・金田(梅津栄)が駆け込んできた。長女・静江 (大塚寧々)の縁談がダメになったというのだ。どうも先方から断ってきたらしい。そもそも先方が静江を気に入ったのでは なかったのか?娘に恥をかかせた!と怒り狂う貫太郎。里子(加藤治子)とミヨ子(浅田美代子)が間に入ってその場はな んとか収まったが、夕食時、みんな気まずい雰囲気だった。静江に縁談が破談になったことをどう伝えようかと気を揉んで いた時、周平(西城秀樹)が帰宅。意を決した里子が静江に切り出すと、静江は意外にあっさりしていて、傷ついた風でも ない。すると突然、周平が「破談になったのは家が石屋だからだ」と言い出したから、さぁ大変。瞬時に頭に火がついた貫 太郎と周平はたちまち大ゲンカに発展した。テーブルをひっくり返し、額が落ち、襖は破れ、茶ダンスが倒れた。これぞ寺 内貫太郎一家!ド迫力ぶりは昔とちっとも変わらない。女達の連携プレーも慣れたもので、ちらばった食器の応急処理と 機敏な避難行動はさすが。そして、嵐が収まった頃、周平は「家を出る!」と言い残し出ていってしまう…。

基本プラン

寺内貫太郎一家2000

寺内貫太郎一家2000

07/12(金)21:00~22:40

東京・谷中で三代続く老舗の石屋“石貫”を舞台に、ワンマンで怒りっぽく、そのくせ涙もろい人情家のオヤジ・寺内貫太郎 と、妻・里子をはじめとする家族や、彼らを取り巻く人々とのふれあいを描いた大人気ホームドラマ。出演者は小林亜星を はじめ、加藤治子、西城秀樹、浅田美代子、樹木希林とおなじみの顔ぶれが揃う。また、初出演の大塚寧々、加藤晴彦も 堂々たる演技でテラカン一家に仲間入り。今回もちゃぶ台は飛ぶわ、樹木希林扮するきんの辛口トークは冴えてるわで、 昔ながらのファンにはたまらず、若い世代の人には新鮮に映るはず。時代を越えて語りつがれる家族の姿と絆の深さを改 めて感じられる! 寺内貫太郎(小林亜星)がいつものように石を彫っていると、大工の棟梁・金田(梅津栄)が駆け込んできた。長女・静江 (大塚寧々)の縁談がダメになったというのだ。どうも先方から断ってきたらしい。そもそも先方が静江を気に入ったのでは なかったのか?娘に恥をかかせた!と怒り狂う貫太郎。里子(加藤治子)とミヨ子(浅田美代子)が間に入ってその場はな んとか収まったが、夕食時、みんな気まずい雰囲気だった。静江に縁談が破談になったことをどう伝えようかと気を揉んで いた時、周平(西城秀樹)が帰宅。意を決した里子が静江に切り出すと、静江は意外にあっさりしていて、傷ついた風でも ない。すると突然、周平が「破談になったのは家が石屋だからだ」と言い出したから、さぁ大変。瞬時に頭に火がついた貫 太郎と周平はたちまち大ゲンカに発展した。テーブルをひっくり返し、額が落ち、襖は破れ、茶ダンスが倒れた。これぞ寺 内貫太郎一家!ド迫力ぶりは昔とちっとも変わらない。女達の連携プレーも慣れたもので、ちらばった食器の応急処理と 機敏な避難行動はさすが。そして、嵐が収まった頃、周平は「家を出る!」と言い残し出ていってしまう…。

基本プラン

スカパー!からのイチオシ

記事・インタビュー

more
  • このサイトでは、当日から1週間分はEPGと同等の番組情報が表示され、その先1ヶ月後まではガイド誌(有料)と同等の番組情報が表示されます。番組や放送予定は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • このサイトは、ウェブブラウザーMicrosoft Edge最新版、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版、Safari最新版での動作を確認しております。上記以外のウェブブラウザーで閲覧されますと、表示の乱れや予期せぬ動作を起こす場合がございますので、予めご了承ください。

現在マイリストを更新中です。

番組情報を読み込み中

現在マイリストに登録中です。

現在マイリストから削除中です。