“藤田まこと OR 高橋一生”の番組検索結果 (シリーズ別)

一般番組 成人番組

検索ワード

絞り込み

放送日を選択
週、曜日、日指定はカレンダー上を選択

ジャンル

チャンネル

シリーズ別表示 放送日時順表示

剣客商売4 14番組

剣客商売2 8番組

剣客商売5 9番組

剣客商売 3番組

必殺仕事人・激突! 14番組

必殺仕置人 16番組

[新] 必殺仕置人 #1 主演:山崎努/藤田まこと

[新] 必殺仕置人 #1 主演:山崎努/藤田まこと

04/25(木)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

[新] 必殺仕置人 #1 主演:山崎努/藤田まこと

[新] 必殺仕置人 #1 主演:山崎努/藤田まこと

04/25(木)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #2

必殺仕置人 #2

04/26(金)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #3

必殺仕置人 #3

04/27(土)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #4

必殺仕置人 #4

04/30(火)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #5

必殺仕置人 #5

05/01(水)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #6 主演:山崎努/藤田まこと

必殺仕置人 #6 主演:山崎努/藤田まこと

05/03(金)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #7

必殺仕置人 #7

05/04(土)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #8

必殺仕置人 #8

05/07(火)01:10~02:05

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #9

必殺仕置人 #9

05/08(水)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #10

必殺仕置人 #10

05/09(木)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #11

必殺仕置人 #11

05/10(金)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #12

必殺仕置人 #12

05/11(土)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #13

必殺仕置人 #13

05/14(火)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #14

必殺仕置人 #14

05/15(水)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #15

必殺仕置人 #15

05/16(木)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

必殺仕置人 #16

必殺仕置人 #16

05/17(金)01:00~02:00

この世の正義もアテにはならぬ闇に裁いて仕置する! 『必殺仕掛人』('72)に続く必殺シリーズ第2弾となった『必殺仕置人』。本作には、後の必殺シリーズの約半分の作品に出演することになる"必殺の顔"ともいうべきキャラクターが初めて登場する。それが、藤田まこと演じる中村主水。うだつのあがらない同心だが、その実は殺しの天才。しかし、家ではせん&りつの母娘にお尻をたたかれるムコ殿という設定だ。この『必殺仕置人』から原作の池波正太郎を離れ、"ハッキリとした元締めを持たない""一匹狼たちの集団"などのスタイルを確立。そういった意味で、本作は"必殺シリーズの原点"的な作品と言える。中村主水以外のメンバーは、以下の通り。指三本で相手の骨を折ってしまう"必殺骨はずし(レントゲン写真による殺しの演出は必見!)"を駆使する、「念仏の鉄」。山崎努の怪演が光る。世の中の不正に怒りを燃やす、寡黙でクールな沖雅也演じる「棺桶の錠」。彼らを「鉄砲玉のおきん(野川由美子)」と「おひろめの半次(津坂匡章)」が段取り・下調べ・情報収集役としてサポートする。 北町奉行の下級同心、中村主水(藤田まこと)。奉行所ではうだつの上がらぬ"昼行灯"で、家では嫁りつ(白木万理)と姑せん(菅井きん)に遠慮する婿養子だった。だが、そんな彼にもどうしても許せぬ"悪"があった。法が罰しない悪を、主水は"かんのん長屋"に住む骨つぎ師・念仏の鉄(山崎努)、棺桶の錠(沖雅也)、かわら版屋の半次(津坂匡章)、スリの鉄砲玉のおきん(野川由美子)たちと罰するようになる…。

基本プラン

新・必殺仕置人 5番組

翔べ!必殺うらごろし 5番組

夫婦旅日記 さらば浪人 6番組

鞍馬天狗 5番組

スカパー!からのイチオシ

記事・インタビュー

more
  • このサイトでは、当日から1週間分はEPGと同等の番組情報が表示され、その先1ヶ月後まではガイド誌(有料)と同等の番組情報が表示されます。番組や放送予定は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • このサイトは、ウェブブラウザーMicrosoft Edge最新版、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版、Safari最新版での動作を確認しております。上記以外のウェブブラウザーで閲覧されますと、表示の乱れや予期せぬ動作を起こす場合がございますので、予めご了承ください。

現在マイリストを更新中です。

番組情報を読み込み中

現在マイリストに登録中です。

現在マイリストから削除中です。