“AKB48”の番組検索結果 (シリーズ別)

一般番組 成人番組

検索ワード

絞り込み

放送日を選択
週、曜日、日指定はカレンダー上を選択

ジャンル

チャンネル

シリーズ別表示 放送日時順表示

AKB48踊る女子旅2 13番組

STU48のSTUでぃダンス 13番組

AKB48 ネ申テレビ シーズン42 4番組

あやまり屋稼業 7番組

蝶花楼桃花【日本舞踊】「櫓のお七」「こうもり」「元禄女太陽伝」 4番組

蝶花楼桃花【日本舞踊】「櫓のお七」(構成・演出 坂東扇菊)「こうもり」「元禄女太陽伝」『蝶花楼桃花 師走の独演会』~自他ともに認める女性落語家のトップランナーとして、女性落語家初の「笑点」大喜利出演など、前代未聞、初物づくしの活躍を次々披露!寄席のライブ感を大切にするが故に封印してきた高座撮影をついに寄席チャンネルに解禁!その揺るぎない実力に裏打ちされた華やかな独演会を見逃すな!《粋 らくご》

蝶花楼桃花【日本舞踊】「櫓のお七」(構成・演出 坂東扇菊)「こうもり」「元禄女太陽伝」『蝶花楼桃花 師走の独演会』~自他ともに認める女性落語家のトップランナーとして、女性落語家初の「笑点」大喜利出演など、前代未聞、初物づくしの活躍を次々披露!寄席のライブ感を大切にするが故に封印してきた高座撮影をついに寄席チャンネルに解禁!その揺るぎない実力に裏打ちされた華やかな独演会を見逃すな!《粋 らくご》

05/05(日)21:00~23:30

2023年12月26日(火)日本橋公会堂(日本橋劇場)にて収録 ◆蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか) 女流落語の歴史を変える?とも噂される、若手噺家のホープ。 春風亭小朝に弟子入り後、二ツ目に昇進するや、翌2012年の「NHK新人演芸大賞(現 新人落語大賞)」でいきなり決勝に進出し、注目を集める。 その後も、10日間連続独演会、全国ツアー、海外公演など若手としては異例づくしの落語活動を展開。2016年、2020年にも「NHK新人落語大賞」で決勝に進出し話題となる。 さらに「笑点」若手大喜利・女流大喜利をはじめとするテレビ出演や、女優として明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」(主演・大地真央)などの舞台出演、沖縄国際映画祭出品作品「耳かきランデブー」主演、「大人AKBオーディション」でも最終選考に進出する~などマルチに活躍。 自身初のメインパーソナリティとなるラジオ番組「SHIBA-HAMAラジオ」(文化放送) 以来、「はまきんっサタデー」(文化放送) 、「ゆうとぴか」(静岡エフエム K-mix) などラジオ番組のレギュラー出演も多数。 2022年3月、待望の真打昇進と、これを機に高座名を「蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか)」に改めることが決定。七代目・蝶花楼馬楽の没後途絶えていた、歴史ある亭号の復活となる。 上手い、可愛い、華がある?と、三拍子そろった「寄席のプリンセス」 2006(平成18)年 11月 春風亭小朝に入門 2007(平成19)年 2月11日 沼津「小朝・正蔵二人会」にて初高座(演目:狸の札) 2007(平成19)年 6月 前座となる 前座名「ぽっぽ」 2011(平成23)年 11月 二ツ目昇進 「ぴっかり☆」と改名 2012(平成24)年 NHK新人演芸大賞決勝進出 2013(平成25)年 10日間連続独演会「ぴっかり☆十番勝負!Plus One」を初開催 2013(平成25)年 春風亭一之輔とともに欧州6か国を巡演 2014(平成26)年 「大人AKBオーディション」最終審査に進み話題を呼ぶ 2014(平成26)年 5月 博多座「コロッケ薫風喜劇公演」にて舞台女優デビュー 2017(平成29)年 7月 明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」出演 日本テレビ「笑点」、BS日テレ「笑点特大号」 若手大喜利コーナー出演多数

蝶花楼桃花【日本舞踊】「櫓のお七」(構成・演出 坂東扇菊)「こうもり」「元禄女太陽伝」『蝶花楼桃花 師走の独演会』~自他ともに認める女性落語家のトップランナーとして、女性落語家初の「笑点」大喜利出演など、前代未聞、初物づくしの活躍を次々披露!寄席のライブ感を大切にするが故に封印してきた高座撮影をついに寄席チャンネルに解禁!その揺るぎない実力に裏打ちされた華やかな独演会を見逃すな!《粋 らくご》

蝶花楼桃花【日本舞踊】「櫓のお七」(構成・演出 坂東扇菊)「こうもり」「元禄女太陽伝」『蝶花楼桃花 師走の独演会』~自他ともに認める女性落語家のトップランナーとして、女性落語家初の「笑点」大喜利出演など、前代未聞、初物づくしの活躍を次々披露!寄席のライブ感を大切にするが故に封印してきた高座撮影をついに寄席チャンネルに解禁!その揺るぎない実力に裏打ちされた華やかな独演会を見逃すな!《粋 らくご》

05/05(日)21:00~23:30

2023年12月26日(火)日本橋公会堂(日本橋劇場)にて収録 ◆蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか) 女流落語の歴史を変える?とも噂される、若手噺家のホープ。 春風亭小朝に弟子入り後、二ツ目に昇進するや、翌2012年の「NHK新人演芸大賞(現 新人落語大賞)」でいきなり決勝に進出し、注目を集める。 その後も、10日間連続独演会、全国ツアー、海外公演など若手としては異例づくしの落語活動を展開。2016年、2020年にも「NHK新人落語大賞」で決勝に進出し話題となる。 さらに「笑点」若手大喜利・女流大喜利をはじめとするテレビ出演や、女優として明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」(主演・大地真央)などの舞台出演、沖縄国際映画祭出品作品「耳かきランデブー」主演、「大人AKBオーディション」でも最終選考に進出する~などマルチに活躍。 自身初のメインパーソナリティとなるラジオ番組「SHIBA-HAMAラジオ」(文化放送) 以来、「はまきんっサタデー」(文化放送) 、「ゆうとぴか」(静岡エフエム K-mix) などラジオ番組のレギュラー出演も多数。 2022年3月、待望の真打昇進と、これを機に高座名を「蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか)」に改めることが決定。七代目・蝶花楼馬楽の没後途絶えていた、歴史ある亭号の復活となる。 上手い、可愛い、華がある?と、三拍子そろった「寄席のプリンセス」 2006(平成18)年 11月 春風亭小朝に入門 2007(平成19)年 2月11日 沼津「小朝・正蔵二人会」にて初高座(演目:狸の札) 2007(平成19)年 6月 前座となる 前座名「ぽっぽ」 2011(平成23)年 11月 二ツ目昇進 「ぴっかり☆」と改名 2012(平成24)年 NHK新人演芸大賞決勝進出 2013(平成25)年 10日間連続独演会「ぴっかり☆十番勝負!Plus One」を初開催 2013(平成25)年 春風亭一之輔とともに欧州6か国を巡演 2014(平成26)年 「大人AKBオーディション」最終審査に進み話題を呼ぶ 2014(平成26)年 5月 博多座「コロッケ薫風喜劇公演」にて舞台女優デビュー 2017(平成29)年 7月 明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」出演 日本テレビ「笑点」、BS日テレ「笑点特大号」 若手大喜利コーナー出演多数

蝶花楼桃花【日本舞踊】「櫓のお七」(構成・演出 坂東扇菊)「こうもり」「元禄女太陽伝」『蝶花楼桃花 師走の独演会』~自他ともに認める女性落語家のトップランナーとして、女性落語家初の「笑点」大喜利出演など、前代未聞、初物づくしの活躍を次々披露!寄席のライブ感を大切にするが故に封印してきた高座撮影をついに寄席チャンネルに解禁!その揺るぎない実力に裏打ちされた華やかな独演会を見逃すな!《粋 らくご》

蝶花楼桃花【日本舞踊】「櫓のお七」(構成・演出 坂東扇菊)「こうもり」「元禄女太陽伝」『蝶花楼桃花 師走の独演会』~自他ともに認める女性落語家のトップランナーとして、女性落語家初の「笑点」大喜利出演など、前代未聞、初物づくしの活躍を次々披露!寄席のライブ感を大切にするが故に封印してきた高座撮影をついに寄席チャンネルに解禁!その揺るぎない実力に裏打ちされた華やかな独演会を見逃すな!《粋 らくご》

05/07(火)22:00~00:30

2023年12月26日(火)日本橋公会堂(日本橋劇場)にて収録 ◆蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか) 女流落語の歴史を変える?とも噂される、若手噺家のホープ。 春風亭小朝に弟子入り後、二ツ目に昇進するや、翌2012年の「NHK新人演芸大賞(現 新人落語大賞)」でいきなり決勝に進出し、注目を集める。 その後も、10日間連続独演会、全国ツアー、海外公演など若手としては異例づくしの落語活動を展開。2016年、2020年にも「NHK新人落語大賞」で決勝に進出し話題となる。 さらに「笑点」若手大喜利・女流大喜利をはじめとするテレビ出演や、女優として明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」(主演・大地真央)などの舞台出演、沖縄国際映画祭出品作品「耳かきランデブー」主演、「大人AKBオーディション」でも最終選考に進出する~などマルチに活躍。 自身初のメインパーソナリティとなるラジオ番組「SHIBA-HAMAラジオ」(文化放送) 以来、「はまきんっサタデー」(文化放送) 、「ゆうとぴか」(静岡エフエム K-mix) などラジオ番組のレギュラー出演も多数。 2022年3月、待望の真打昇進と、これを機に高座名を「蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか)」に改めることが決定。七代目・蝶花楼馬楽の没後途絶えていた、歴史ある亭号の復活となる。 上手い、可愛い、華がある?と、三拍子そろった「寄席のプリンセス」 2006(平成18)年 11月 春風亭小朝に入門 2007(平成19)年 2月11日 沼津「小朝・正蔵二人会」にて初高座(演目:狸の札) 2007(平成19)年 6月 前座となる 前座名「ぽっぽ」 2011(平成23)年 11月 二ツ目昇進 「ぴっかり☆」と改名 2012(平成24)年 NHK新人演芸大賞決勝進出 2013(平成25)年 10日間連続独演会「ぴっかり☆十番勝負!Plus One」を初開催 2013(平成25)年 春風亭一之輔とともに欧州6か国を巡演 2014(平成26)年 「大人AKBオーディション」最終審査に進み話題を呼ぶ 2014(平成26)年 5月 博多座「コロッケ薫風喜劇公演」にて舞台女優デビュー 2017(平成29)年 7月 明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」出演 日本テレビ「笑点」、BS日テレ「笑点特大号」 若手大喜利コーナー出演多数

蝶花楼桃花【日本舞踊】「櫓のお七」(構成・演出 坂東扇菊)「こうもり」「元禄女太陽伝」『蝶花楼桃花 師走の独演会』~自他ともに認める女性落語家のトップランナーとして、女性落語家初の「笑点」大喜利出演など、前代未聞、初物づくしの活躍を次々披露!寄席のライブ感を大切にするが故に封印してきた高座撮影をついに寄席チャンネルに解禁!その揺るぎない実力に裏打ちされた華やかな独演会を見逃すな!《粋 らくご》

蝶花楼桃花【日本舞踊】「櫓のお七」(構成・演出 坂東扇菊)「こうもり」「元禄女太陽伝」『蝶花楼桃花 師走の独演会』~自他ともに認める女性落語家のトップランナーとして、女性落語家初の「笑点」大喜利出演など、前代未聞、初物づくしの活躍を次々披露!寄席のライブ感を大切にするが故に封印してきた高座撮影をついに寄席チャンネルに解禁!その揺るぎない実力に裏打ちされた華やかな独演会を見逃すな!《粋 らくご》

05/11(土)23:30~02:00

2023年12月26日(火)日本橋公会堂(日本橋劇場)にて収録 ◆蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか) 女流落語の歴史を変える?とも噂される、若手噺家のホープ。 春風亭小朝に弟子入り後、二ツ目に昇進するや、翌2012年の「NHK新人演芸大賞(現 新人落語大賞)」でいきなり決勝に進出し、注目を集める。 その後も、10日間連続独演会、全国ツアー、海外公演など若手としては異例づくしの落語活動を展開。2016年、2020年にも「NHK新人落語大賞」で決勝に進出し話題となる。 さらに「笑点」若手大喜利・女流大喜利をはじめとするテレビ出演や、女優として明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」(主演・大地真央)などの舞台出演、沖縄国際映画祭出品作品「耳かきランデブー」主演、「大人AKBオーディション」でも最終選考に進出する~などマルチに活躍。 自身初のメインパーソナリティとなるラジオ番組「SHIBA-HAMAラジオ」(文化放送) 以来、「はまきんっサタデー」(文化放送) 、「ゆうとぴか」(静岡エフエム K-mix) などラジオ番組のレギュラー出演も多数。 2022年3月、待望の真打昇進と、これを機に高座名を「蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか)」に改めることが決定。七代目・蝶花楼馬楽の没後途絶えていた、歴史ある亭号の復活となる。 上手い、可愛い、華がある?と、三拍子そろった「寄席のプリンセス」 2006(平成18)年 11月 春風亭小朝に入門 2007(平成19)年 2月11日 沼津「小朝・正蔵二人会」にて初高座(演目:狸の札) 2007(平成19)年 6月 前座となる 前座名「ぽっぽ」 2011(平成23)年 11月 二ツ目昇進 「ぴっかり☆」と改名 2012(平成24)年 NHK新人演芸大賞決勝進出 2013(平成25)年 10日間連続独演会「ぴっかり☆十番勝負!Plus One」を初開催 2013(平成25)年 春風亭一之輔とともに欧州6か国を巡演 2014(平成26)年 「大人AKBオーディション」最終審査に進み話題を呼ぶ 2014(平成26)年 5月 博多座「コロッケ薫風喜劇公演」にて舞台女優デビュー 2017(平成29)年 7月 明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」出演 日本テレビ「笑点」、BS日テレ「笑点特大号」 若手大喜利コーナー出演多数

蝶花楼桃花【日本舞踊】「櫓のお七」(構成・演出 坂東扇菊)「こうもり」「元禄女太陽伝」『蝶花楼桃花 師走の独演会』~自他ともに認める女性落語家のトップランナーとして、女性落語家初の「笑点」大喜利出演など、前代未聞、初物づくしの活躍を次々披露!寄席のライブ感を大切にするが故に封印してきた高座撮影をついに寄席チャンネルに解禁!その揺るぎない実力に裏打ちされた華やかな独演会を見逃すな!《粋 らくご》

蝶花楼桃花【日本舞踊】「櫓のお七」(構成・演出 坂東扇菊)「こうもり」「元禄女太陽伝」『蝶花楼桃花 師走の独演会』~自他ともに認める女性落語家のトップランナーとして、女性落語家初の「笑点」大喜利出演など、前代未聞、初物づくしの活躍を次々披露!寄席のライブ感を大切にするが故に封印してきた高座撮影をついに寄席チャンネルに解禁!その揺るぎない実力に裏打ちされた華やかな独演会を見逃すな!《粋 らくご》

05/16(木)00:00~02:30

2023年12月26日(火)日本橋公会堂(日本橋劇場)にて収録 ◆蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか) 女流落語の歴史を変える?とも噂される、若手噺家のホープ。 春風亭小朝に弟子入り後、二ツ目に昇進するや、翌2012年の「NHK新人演芸大賞(現 新人落語大賞)」でいきなり決勝に進出し、注目を集める。 その後も、10日間連続独演会、全国ツアー、海外公演など若手としては異例づくしの落語活動を展開。2016年、2020年にも「NHK新人落語大賞」で決勝に進出し話題となる。 さらに「笑点」若手大喜利・女流大喜利をはじめとするテレビ出演や、女優として明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」(主演・大地真央)などの舞台出演、沖縄国際映画祭出品作品「耳かきランデブー」主演、「大人AKBオーディション」でも最終選考に進出する~などマルチに活躍。 自身初のメインパーソナリティとなるラジオ番組「SHIBA-HAMAラジオ」(文化放送) 以来、「はまきんっサタデー」(文化放送) 、「ゆうとぴか」(静岡エフエム K-mix) などラジオ番組のレギュラー出演も多数。 2022年3月、待望の真打昇進と、これを機に高座名を「蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか)」に改めることが決定。七代目・蝶花楼馬楽の没後途絶えていた、歴史ある亭号の復活となる。 上手い、可愛い、華がある?と、三拍子そろった「寄席のプリンセス」 2006(平成18)年 11月 春風亭小朝に入門 2007(平成19)年 2月11日 沼津「小朝・正蔵二人会」にて初高座(演目:狸の札) 2007(平成19)年 6月 前座となる 前座名「ぽっぽ」 2011(平成23)年 11月 二ツ目昇進 「ぴっかり☆」と改名 2012(平成24)年 NHK新人演芸大賞決勝進出 2013(平成25)年 10日間連続独演会「ぴっかり☆十番勝負!Plus One」を初開催 2013(平成25)年 春風亭一之輔とともに欧州6か国を巡演 2014(平成26)年 「大人AKBオーディション」最終審査に進み話題を呼ぶ 2014(平成26)年 5月 博多座「コロッケ薫風喜劇公演」にて舞台女優デビュー 2017(平成29)年 7月 明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」出演 日本テレビ「笑点」、BS日テレ「笑点特大号」 若手大喜利コーナー出演多数

STU48 イ申テレビ シーズン16 3番組

スカパー!からのイチオシ

記事・インタビュー

more
  • このサイトでは、当日から1週間分はEPGと同等の番組情報が表示され、その先1ヶ月後まではガイド誌(有料)と同等の番組情報が表示されます。番組や放送予定は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • このサイトは、ウェブブラウザーMicrosoft Edge最新版、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版、Safari最新版での動作を確認しております。上記以外のウェブブラウザーで閲覧されますと、表示の乱れや予期せぬ動作を起こす場合がございますので、予めご了承ください。

現在マイリストを更新中です。

番組情報を読み込み中

現在マイリストに登録中です。

現在マイリストから削除中です。