番組検索結果 (シリーズ別)

一般番組 成人番組

検索ワード

絞り込み

放送日を選択
週、曜日、日指定はカレンダー上を選択

ジャンル

チャンネル

シリーズ別表示 放送日時順表示

はじめての談志×これからの談志 2番組

立川談修「粗忽長屋」「権助提灯(ネタおろし)」「へっつい幽霊」『立川談修独演会 ~家元噺~』~没後10年…「立川談志が認めた最後の真打」が、師匠の得意だった演目に挑戦!せめて足もとぐらいには及びたい…と奮闘する姿を見届けろ!《粋 らくご》

08/25(木)21:10~23:10

立川談修「粗忽長屋」「権助提灯(ネタおろし)」「へっつい幽霊」『立川談修独演会 ~家元噺~』~没後10年…「立川談志が認めた最後の真打」が、師匠の得意だった演目に挑戦!せめて足もとぐらいには及びたい…と奮闘する姿を見届けろ!《粋 らくご》

2022年6月8日(水)お江戸日本橋亭にて収録 ◆立川談修(たてかわ・だんしゅう) 入門まで 専修大学松戸高校、専修大学時代は落語研究会に所属していた。大学時代の芸名は前座~二つ目 松風亭タコ三郎、真打~初代 松風亭麗枝。立川志らくの弟子の 立川志ららの2年先輩にあたる。 入門~二つ目 大学卒業後の1995年3月、立川談志に弟子入り。出身大学から一文字とり「談修」となる。過去に談志一門には「談秋だんしゅう」という弟子が居たが、別人であり、「談修」としては初代である。 2002年5月、談志より「二つ目への昇進意欲が感じられない」として他の前座(キウイ、志加吾、談号、談大(のち2010年死去)、談吉)とまとめて破門される。 2003年5月、談志により一門復帰試験と二つ目昇進試験が行なわれ、談修のみ復帰と二つ目昇進が認められる。 2003年6月に二つ目に昇進。 2004年1月、立川流一門の新年会席上で、再度復帰試験が行なわれキウイと談大が受験。しかし師匠について稽古した踊りは真打の兄弟子から「ラジオ体操」と評されるレベルであり、窮した談志は判断を真打達に委ねた。 このとき談志から「踊ってみせよ」と指名され、踊りを見せたあと談志に「これが余興で金が獲れるレベルなんだ」と言わしめたのが、談修の踊りであった。 2010年2月、四谷区民ホールで行われた『第7回伝統芸能祭 グランドチャンピオン大会』で悲願の初優勝を果たす。 2010年11月6日、「NHK新人演芸大賞・落語部門」本戦に出場。全国放送ではじめて、談修の落語が11分間放映された。 真打 2013年春に真打昇進。談志が昇進を認めた最後の真打となった。談修の下には三人の弟弟子(2代目立川小談志、平林、談吉)がいたが、いずれも談志の死に伴い兄弟子の預かり弟子となった。 2018年7月、兄弟子である立川左談次の死去に伴い、左談次の弟子である立川談吉を預かり弟子とした。

検索し直す検索し直す

一般番組 成人番組

キーワードから探す

配信番組を探す配信番組を探す

チャンネルから探す
  • このサイトでは、当日から1週間分はEPGと同等の番組情報が表示され、その先1ヶ月後まではガイド誌(有料)と同等の番組情報が表示されます。番組や放送予定は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • このサイトは、ウェブブラウザーMicrosoft Edge最新版、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版、Safari最新版での動作を確認しております。上記以外のウェブブラウザーで閲覧されますと、表示の乱れや予期せぬ動作を起こす場合がございますので、予めご了承ください。

現在マイリストを更新中です。

番組情報を読み込み中