番組検索結果 (シリーズ別)

一般番組 成人番組

検索ワード

絞り込み

放送日を選択
週、曜日、日指定はカレンダー上を選択

ジャンル

チャンネル

シリーズ別表示 放送日時順表示

ジャイアンツ イースタン リーグ 2022 23番組

J SPORTS STADIUM2022 250番組

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(08/24)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/24(水)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(08/24)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(08/24)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/24(水)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(08/24)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(08/25)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/25(木)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(08/25)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(08/25)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/25(木)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(08/25)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 埼玉西武(08/26)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/26(金)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 埼玉西武(08/26)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 交流戦を9位に終え、後半戦の巻き返しに目指す。 投手陣はノーヒットノーランを達成した山本由伸に加え、山岡泰輔もひきつづき安定感を誇っている。 一方、打撃陣でもリーグ内打率トップクラスの宗佑磨、福田周平が健在する。クラマックス進出に向け、順位を上げていくためには宮城大弥と紅林弘太郎の若手の躍動と昨年の本塁打王・杉本裕太郎の奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまった楽天イーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 北海道日本ハム(08/07)」、「オリックス vs. 楽天イーグルス(08/11)」、「オリックス vs. 埼玉西武(08/27)」、「オリックス vs. 埼玉西武(08/28)」など計11試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 埼玉西武(08/26)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/26(金)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 埼玉西武(08/26)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 交流戦を9位に終え、後半戦の巻き返しに目指す。 投手陣はノーヒットノーランを達成した山本由伸に加え、山岡泰輔もひきつづき安定感を誇っている。 一方、打撃陣でもリーグ内打率トップクラスの宗佑磨、福田周平が健在する。クラマックス進出に向け、順位を上げていくためには宮城大弥と紅林弘太郎の若手の躍動と昨年の本塁打王・杉本裕太郎の奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまった楽天イーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 北海道日本ハム(08/07)」、「オリックス vs. 楽天イーグルス(08/11)」、「オリックス vs. 埼玉西武(08/27)」、「オリックス vs. 埼玉西武(08/28)」など計11試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 阪神(08/26)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/26(金)17:55~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 阪神(08/26)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 阪神(08/26)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/26(金)17:55~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 阪神(08/26)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 埼玉西武(08/27)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/27(土)13:30~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 埼玉西武(08/27)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 交流戦を9位に終え、後半戦の巻き返しに目指す。 投手陣はノーヒットノーランを達成した山本由伸に加え、山岡泰輔もひきつづき安定感を誇っている。 一方、打撃陣でもリーグ内打率トップクラスの宗佑磨、福田周平が健在する。クラマックス進出に向け、順位を上げていくためには宮城大弥と紅林弘太郎の若手の躍動と昨年の本塁打王・杉本裕太郎の奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまった楽天イーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 北海道日本ハム(08/07)」、「オリックス vs. 楽天イーグルス(08/11)」、「オリックス vs. 埼玉西武(08/27)」、「オリックス vs. 埼玉西武(08/28)」など計11試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 埼玉西武(08/27)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/27(土)13:30~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 埼玉西武(08/27)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 交流戦を9位に終え、後半戦の巻き返しに目指す。 投手陣はノーヒットノーランを達成した山本由伸に加え、山岡泰輔もひきつづき安定感を誇っている。 一方、打撃陣でもリーグ内打率トップクラスの宗佑磨、福田周平が健在する。クラマックス進出に向け、順位を上げていくためには宮城大弥と紅林弘太郎の若手の躍動と昨年の本塁打王・杉本裕太郎の奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまった楽天イーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 北海道日本ハム(08/07)」、「オリックス vs. 楽天イーグルス(08/11)」、「オリックス vs. 埼玉西武(08/27)」、「オリックス vs. 埼玉西武(08/28)」など計11試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 阪神(08/27)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/27(土)13:55~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 阪神(08/27)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 阪神(08/27)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/27(土)13:55~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 阪神(08/27)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 巨人(08/27)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/27(土)17:45~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 巨人(08/27)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 佐々岡真司監督の下、開幕直後は好調だったが、交流戦を最下位で終えた広島東洋カープ。 西川龍馬のケガが打線に痛手を与えているものの、新外国人選手のR.マクブルームや野間峻祥と坂倉将吾、上本崇司が活躍を見せている。會澤翼もベテランの意地を見せてきた。打撃陣に続き、エース・大瀬良大地や森下暢仁、床田寛樹など投手陣も調子を上げられるか。 「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しを期待したい! 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまった楽天イーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 阪神(08/05)」、「広島 vs. 巨人(08/27)」、「広島 vs. 巨人(08/28)」、「楽天イーグルス vs. 千葉ロッテ(08/19」など計14試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 巨人(08/27)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/27(土)17:45~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 巨人(08/27)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 佐々岡真司監督の下、開幕直後は好調だったが、交流戦を最下位で終えた広島東洋カープ。 西川龍馬のケガが打線に痛手を与えているものの、新外国人選手のR.マクブルームや野間峻祥と坂倉将吾、上本崇司が活躍を見せている。會澤翼もベテランの意地を見せてきた。打撃陣に続き、エース・大瀬良大地や森下暢仁、床田寛樹など投手陣も調子を上げられるか。 「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しを期待したい! 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまった楽天イーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 阪神(08/05)」、「広島 vs. 巨人(08/27)」、「広島 vs. 巨人(08/28)」、「楽天イーグルス vs. 千葉ロッテ(08/19」など計14試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 埼玉西武(08/28)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/28(日)12:30~17:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 埼玉西武(08/28)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 交流戦を9位に終え、後半戦の巻き返しに目指す。 投手陣はノーヒットノーランを達成した山本由伸に加え、山岡泰輔もひきつづき安定感を誇っている。 一方、打撃陣でもリーグ内打率トップクラスの宗佑磨、福田周平が健在する。クラマックス進出に向け、順位を上げていくためには宮城大弥と紅林弘太郎の若手の躍動と昨年の本塁打王・杉本裕太郎の奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまった楽天イーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 北海道日本ハム(08/07)」、「オリックス vs. 楽天イーグルス(08/11)」、「オリックス vs. 埼玉西武(08/27)」、「オリックス vs. 埼玉西武(08/28)」など計11試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 埼玉西武(08/28)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/28(日)12:30~17:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 埼玉西武(08/28)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 交流戦を9位に終え、後半戦の巻き返しに目指す。 投手陣はノーヒットノーランを達成した山本由伸に加え、山岡泰輔もひきつづき安定感を誇っている。 一方、打撃陣でもリーグ内打率トップクラスの宗佑磨、福田周平が健在する。クラマックス進出に向け、順位を上げていくためには宮城大弥と紅林弘太郎の若手の躍動と昨年の本塁打王・杉本裕太郎の奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまった楽天イーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 北海道日本ハム(08/07)」、「オリックス vs. 楽天イーグルス(08/11)」、「オリックス vs. 埼玉西武(08/27)」、「オリックス vs. 埼玉西武(08/28)」など計11試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 阪神(08/28)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/28(日)13:55~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 阪神(08/28)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 阪神(08/28)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/28(日)13:55~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 阪神(08/28)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 巨人(08/28)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/28(日)17:45~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 巨人(08/28)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 佐々岡真司監督の下、開幕直後は好調だったが、交流戦を最下位で終えた広島東洋カープ。 西川龍馬のケガが打線に痛手を与えているものの、新外国人選手のR.マクブルームや野間峻祥と坂倉将吾、上本崇司が活躍を見せている。會澤翼もベテランの意地を見せてきた。打撃陣に続き、エース・大瀬良大地や森下暢仁、床田寛樹など投手陣も調子を上げられるか。 「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しを期待したい! 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまった楽天イーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 阪神(08/05)」、「広島 vs. 巨人(08/27)」、「広島 vs. 巨人(08/28)」、「楽天イーグルス vs. 千葉ロッテ(08/19」など計14試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 巨人(08/28)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/28(日)17:45~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 巨人(08/28)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 佐々岡真司監督の下、開幕直後は好調だったが、交流戦を最下位で終えた広島東洋カープ。 西川龍馬のケガが打線に痛手を与えているものの、新外国人選手のR.マクブルームや野間峻祥と坂倉将吾、上本崇司が活躍を見せている。會澤翼もベテランの意地を見せてきた。打撃陣に続き、エース・大瀬良大地や森下暢仁、床田寛樹など投手陣も調子を上げられるか。 「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しを期待したい! 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまった楽天イーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 阪神(08/05)」、「広島 vs. 巨人(08/27)」、「広島 vs. 巨人(08/28)」、「楽天イーグルス vs. 千葉ロッテ(08/19」など計14試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(08/30)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/30(火)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(08/30)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(08/30)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/30(火)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(08/30)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(08/31)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/31(水)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(08/31)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(08/31)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

08/31(水)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(08/31)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 立浪和義新監督の下、11年ぶりのリーグ優勝そして15年ぶりの日本一を目指す中日ドラゴンズ。 まずまずの開幕スタートを見せたが、交流戦終了時点で最下位と低迷。 その中でも投手陣は大野雄大と柳裕也の先発2本柱が防御率でリーグ上位につける安定の働きを見せ、中継ぎの山本拓実、Y.ロドリゲス、クローザーのR.マルティネスも活躍を見せている。後半戦、上位進出を狙うためには打撃陣の奮起が必須。主力のD.ビシエド、大島洋平、阿部寿樹、高橋周平に加え、岡林勇希、ルーキー鵜飼航丞などの奮起に期待したい。 【楽天イーグルス】 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を目指す東北楽天ゴールデンイーグルス。 交流戦を9勝9敗の五分で乗り切るも首位の座を福岡ソフトバンクに明け渡してしまったイーグルス。 岸孝之、涌井秀章、田中将大、則本昂大、瀧中瞭太、早川隆久を擁する先発陣の層の厚さはリーグ屈指。 打撃陣は、主力の島内宏明、浅村栄斗、辰己涼介が復調。後半戦に向け首位奪還に意欲を見せる。 J SPORTS 2では、「中日 vs. 横浜DeNA(8/5)」、「中日 vs. 巨人(8/9)」、「楽天イーグルス vs. 埼玉西武(8/12)」、「楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク(8/23)」など計21試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(09/01)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/01(木)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(09/01)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(09/01)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/01(木)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(09/01)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/02(金)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/02(金)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 横浜DeNA(09/02)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/02(金)17:55~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 横浜DeNA(09/02)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ終盤戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 オールスター前まで勝率を5割で乗り切った広島東洋カープ。 6月後半に加入した秋山翔吾は既にチームの主軸として活躍。主軸を打つ坂倉将吾、R.マクブルーム、菊池涼介とチームをけん引する。西川龍馬もオールスター明けから復帰の見通し。さらに打線に厚みが増してくる。投手陣はエース・大瀬良大地や森下暢仁を始めD.アンダーソンや床田寛樹らが先発陣をけん引。クライマックスシリーズ進出を果たすにはさらに1、2枚先発ピッチャーの台頭が必要不可欠だ。「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しに期待! 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとする先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 横浜DeNA(09/02)」、「楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)」、「広島 vs. 中日(09/18)」など計7試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 横浜DeNA(09/02)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/02(金)17:55~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 横浜DeNA(09/02)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ終盤戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 オールスター前まで勝率を5割で乗り切った広島東洋カープ。 6月後半に加入した秋山翔吾は既にチームの主軸として活躍。主軸を打つ坂倉将吾、R.マクブルーム、菊池涼介とチームをけん引する。西川龍馬もオールスター明けから復帰の見通し。さらに打線に厚みが増してくる。投手陣はエース・大瀬良大地や森下暢仁を始めD.アンダーソンや床田寛樹らが先発陣をけん引。クライマックスシリーズ進出を果たすにはさらに1、2枚先発ピッチャーの台頭が必要不可欠だ。「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しに期待! 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとする先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 横浜DeNA(09/02)」、「楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)」、「広島 vs. 中日(09/18)」など計7試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 北海道日本ハム(09/03)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/03(土)13:30~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 北海道日本ハム(09/03)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 北海道日本ハム(09/03)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/03(土)13:30~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 北海道日本ハム(09/03)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 横浜DeNA(09/03)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/03(土)13:55~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 横浜DeNA(09/03)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ終盤戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 オールスター前まで勝率を5割で乗り切った広島東洋カープ。 6月後半に加入した秋山翔吾は既にチームの主軸として活躍。主軸を打つ坂倉将吾、R.マクブルーム、菊池涼介とチームをけん引する。西川龍馬もオールスター明けから復帰の見通し。さらに打線に厚みが増してくる。投手陣はエース・大瀬良大地や森下暢仁を始めD.アンダーソンや床田寛樹らが先発陣をけん引。クライマックスシリーズ進出を果たすにはさらに1、2枚先発ピッチャーの台頭が必要不可欠だ。「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しに期待! 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとする先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 横浜DeNA(09/02)」、「楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)」、「広島 vs. 中日(09/18)」など計7試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 横浜DeNA(09/03)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/03(土)13:55~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 横浜DeNA(09/03)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ終盤戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 オールスター前まで勝率を5割で乗り切った広島東洋カープ。 6月後半に加入した秋山翔吾は既にチームの主軸として活躍。主軸を打つ坂倉将吾、R.マクブルーム、菊池涼介とチームをけん引する。西川龍馬もオールスター明けから復帰の見通し。さらに打線に厚みが増してくる。投手陣はエース・大瀬良大地や森下暢仁を始めD.アンダーソンや床田寛樹らが先発陣をけん引。クライマックスシリーズ進出を果たすにはさらに1、2枚先発ピッチャーの台頭が必要不可欠だ。「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しに期待! 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとする先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 横浜DeNA(09/02)」、「楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)」、「広島 vs. 中日(09/18)」など計7試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 北海道日本ハム(09/04)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/04(日)12:30~17:00

無料

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 北海道日本ハム(09/04)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 北海道日本ハム(09/04)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/04(日)12:30~17:00

無料

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 北海道日本ハム(09/04)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 横浜DeNA(09/04)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/04(日)13:25~17:30

無料

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 横浜DeNA(09/04)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ終盤戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 オールスター前まで勝率を5割で乗り切った広島東洋カープ。 6月後半に加入した秋山翔吾は既にチームの主軸として活躍。主軸を打つ坂倉将吾、R.マクブルーム、菊池涼介とチームをけん引する。西川龍馬もオールスター明けから復帰の見通し。さらに打線に厚みが増してくる。投手陣はエース・大瀬良大地や森下暢仁を始めD.アンダーソンや床田寛樹らが先発陣をけん引。クライマックスシリーズ進出を果たすにはさらに1、2枚先発ピッチャーの台頭が必要不可欠だ。「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しに期待! 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとする先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 横浜DeNA(09/02)」、「楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)」、「広島 vs. 中日(09/18)」など計7試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 横浜DeNA(09/04)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/04(日)13:25~17:30

無料

[初] J SPORTS STADIUM2022 『広島 vs. 横浜DeNA(09/04)』 (MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ終盤戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 オールスター前まで勝率を5割で乗り切った広島東洋カープ。 6月後半に加入した秋山翔吾は既にチームの主軸として活躍。主軸を打つ坂倉将吾、R.マクブルーム、菊池涼介とチームをけん引する。西川龍馬もオールスター明けから復帰の見通し。さらに打線に厚みが増してくる。投手陣はエース・大瀬良大地や森下暢仁を始めD.アンダーソンや床田寛樹らが先発陣をけん引。クライマックスシリーズ進出を果たすにはさらに1、2枚先発ピッチャーの台頭が必要不可欠だ。「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しに期待! 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとする先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 横浜DeNA(09/02)」、「楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)」、「広島 vs. 中日(09/18)」など計7試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 広島(09/06)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/06(火)17:55~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 広島(09/06)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 広島(09/06)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/06(火)17:55~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 広島(09/06)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 広島(09/07)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/07(水)17:55~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 広島(09/07)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 広島(09/07)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/07(水)17:55~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 広島(09/07)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[多][初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 広島(09/08)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/08(木)17:55~22:00

[多][初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 広島(09/08)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[多][初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 広島(09/08)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/08(木)17:55~22:00

[多][初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 広島(09/08)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/10(土)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/10(土)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/10(土)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 前半戦終了時点では5位に甘んじるも、勝率は5割以上をキープ。後半戦の巻き返しを狙う。 10勝一番乗りのエース・山本由伸を筆頭に防御率1点台の山岡泰輔、左腕の宮城大弥、そしてプロ2試合目の先発でノーヒットノーラン目前まで迫ったルーキー・椋木蓮など投手陣の層は厚い。 打撃陣も6月の月間MVPに輝いた昨年の本塁打王・杉本裕太郎の復調に、主軸を担う吉田正尚、福田周平、宗佑磨、中川圭太の活躍に期待。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う楽天イーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大をはじめとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)」、「楽天 vs. オリックス(09/12)」、「オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)」、「オリックス vs. 千葉ロッテ(09/22)」など計10試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/10(土)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 前半戦終了時点では5位に甘んじるも、勝率は5割以上をキープ。後半戦の巻き返しを狙う。 10勝一番乗りのエース・山本由伸を筆頭に防御率1点台の山岡泰輔、左腕の宮城大弥、そしてプロ2試合目の先発でノーヒットノーラン目前まで迫ったルーキー・椋木蓮など投手陣の層は厚い。 打撃陣も6月の月間MVPに輝いた昨年の本塁打王・杉本裕太郎の復調に、主軸を担う吉田正尚、福田周平、宗佑磨、中川圭太の活躍に期待。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う楽天イーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大をはじめとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)」、「楽天 vs. オリックス(09/12)」、「オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)」、「オリックス vs. 千葉ロッテ(09/22)」など計10試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 千葉ロッテ(09/11)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/11(日)13:30~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 千葉ロッテ(09/11)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 千葉ロッテ(09/11)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/11(日)13:30~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 千葉ロッテ(09/11)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/11)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/11(日)13:30~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/11)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 前半戦終了時点では5位に甘んじるも、勝率は5割以上をキープ。後半戦の巻き返しを狙う。 10勝一番乗りのエース・山本由伸を筆頭に防御率1点台の山岡泰輔、左腕の宮城大弥、そしてプロ2試合目の先発でノーヒットノーラン目前まで迫ったルーキー・椋木蓮など投手陣の層は厚い。 打撃陣も6月の月間MVPに輝いた昨年の本塁打王・杉本裕太郎の復調に、主軸を担う吉田正尚、福田周平、宗佑磨、中川圭太の活躍に期待。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う楽天イーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大をはじめとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)」、「楽天 vs. オリックス(09/12)」、「オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)」、「オリックス vs. 千葉ロッテ(09/22)」など計10試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/11)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/11(日)13:30~18:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/11)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 前半戦終了時点では5位に甘んじるも、勝率は5割以上をキープ。後半戦の巻き返しを狙う。 10勝一番乗りのエース・山本由伸を筆頭に防御率1点台の山岡泰輔、左腕の宮城大弥、そしてプロ2試合目の先発でノーヒットノーラン目前まで迫ったルーキー・椋木蓮など投手陣の層は厚い。 打撃陣も6月の月間MVPに輝いた昨年の本塁打王・杉本裕太郎の復調に、主軸を担う吉田正尚、福田周平、宗佑磨、中川圭太の活躍に期待。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う楽天イーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大をはじめとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)」、「楽天 vs. オリックス(09/12)」、「オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)」、「オリックス vs. 千葉ロッテ(09/22)」など計10試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(09/12)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/12(月)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(09/12)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 前半戦終了時点では5位に甘んじるも、勝率は5割以上をキープ。後半戦の巻き返しを狙う。 10勝一番乗りのエース・山本由伸を筆頭に防御率1点台の山岡泰輔、左腕の宮城大弥、そしてプロ2試合目の先発でノーヒットノーラン目前まで迫ったルーキー・椋木蓮など投手陣の層は厚い。 打撃陣も6月の月間MVPに輝いた昨年の本塁打王・杉本裕太郎の復調に、主軸を担う吉田正尚、福田周平、宗佑磨、中川圭太の活躍に期待。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う楽天イーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大をはじめとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)」、「楽天 vs. オリックス(09/12)」、「オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)」、「オリックス vs. 千葉ロッテ(09/22)」など計10試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(09/12)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/12(月)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(09/12)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 前半戦終了時点では5位に甘んじるも、勝率は5割以上をキープ。後半戦の巻き返しを狙う。 10勝一番乗りのエース・山本由伸を筆頭に防御率1点台の山岡泰輔、左腕の宮城大弥、そしてプロ2試合目の先発でノーヒットノーラン目前まで迫ったルーキー・椋木蓮など投手陣の層は厚い。 打撃陣も6月の月間MVPに輝いた昨年の本塁打王・杉本裕太郎の復調に、主軸を担う吉田正尚、福田周平、宗佑磨、中川圭太の活躍に期待。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う楽天イーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大をはじめとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)」、「楽天 vs. オリックス(09/12)」、「オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)」、「オリックス vs. 千葉ロッテ(09/22)」など計10試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(09/13)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/13(火)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(09/13)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 前半戦終了時点では5位に甘んじるも、勝率は5割以上をキープ。後半戦の巻き返しを狙う。 10勝一番乗りのエース・山本由伸を筆頭に防御率1点台の山岡泰輔、左腕の宮城大弥、そしてプロ2試合目の先発でノーヒットノーラン目前まで迫ったルーキー・椋木蓮など投手陣の層は厚い。 打撃陣も6月の月間MVPに輝いた昨年の本塁打王・杉本裕太郎の復調に、主軸を担う吉田正尚、福田周平、宗佑磨、中川圭太の活躍に期待。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う楽天イーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大をはじめとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)」、「楽天 vs. オリックス(09/12)」、「オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)」、「オリックス vs. 千葉ロッテ(09/22)」など計10試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(09/13)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/13(火)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. オリックス(09/13)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 前半戦終了時点では5位に甘んじるも、勝率は5割以上をキープ。後半戦の巻き返しを狙う。 10勝一番乗りのエース・山本由伸を筆頭に防御率1点台の山岡泰輔、左腕の宮城大弥、そしてプロ2試合目の先発でノーヒットノーラン目前まで迫ったルーキー・椋木蓮など投手陣の層は厚い。 打撃陣も6月の月間MVPに輝いた昨年の本塁打王・杉本裕太郎の復調に、主軸を担う吉田正尚、福田周平、宗佑磨、中川圭太の活躍に期待。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う楽天イーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大をはじめとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)」、「楽天 vs. オリックス(09/12)」、「オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)」、「オリックス vs. 千葉ロッテ(09/22)」など計10試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 横浜DeNA(09/13)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/13(火)17:55~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 横浜DeNA(09/13)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 横浜DeNA(09/13)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/13(火)17:55~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 横浜DeNA(09/13)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 横浜DeNA(09/14)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/14(水)17:55~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 横浜DeNA(09/14)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 横浜DeNA(09/14)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/14(水)17:55~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 横浜DeNA(09/14)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/15(木)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ終盤戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 オールスター前まで勝率を5割で乗り切った広島東洋カープ。 6月後半に加入した秋山翔吾は既にチームの主軸として活躍。主軸を打つ坂倉将吾、R.マクブルーム、菊池涼介とチームをけん引する。西川龍馬もオールスター明けから復帰の見通し。さらに打線に厚みが増してくる。投手陣はエース・大瀬良大地や森下暢仁を始めD.アンダーソンや床田寛樹らが先発陣をけん引。クライマックスシリーズ進出を果たすにはさらに1、2枚先発ピッチャーの台頭が必要不可欠だ。「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しに期待! 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとする先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 横浜DeNA(09/02)」、「楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)」、「広島 vs. 中日(09/18)」など計7試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/15(木)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ終盤戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 オールスター前まで勝率を5割で乗り切った広島東洋カープ。 6月後半に加入した秋山翔吾は既にチームの主軸として活躍。主軸を打つ坂倉将吾、R.マクブルーム、菊池涼介とチームをけん引する。西川龍馬もオールスター明けから復帰の見通し。さらに打線に厚みが増してくる。投手陣はエース・大瀬良大地や森下暢仁を始めD.アンダーソンや床田寛樹らが先発陣をけん引。クライマックスシリーズ進出を果たすにはさらに1、2枚先発ピッチャーの台頭が必要不可欠だ。「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しに期待! 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとする先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 横浜DeNA(09/02)」、「楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)」、「広島 vs. 中日(09/18)」など計7試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/15(木)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 前半戦終了時点では5位に甘んじるも、勝率は5割以上をキープ。後半戦の巻き返しを狙う。 10勝一番乗りのエース・山本由伸を筆頭に防御率1点台の山岡泰輔、左腕の宮城大弥、そしてプロ2試合目の先発でノーヒットノーラン目前まで迫ったルーキー・椋木蓮など投手陣の層は厚い。 打撃陣も6月の月間MVPに輝いた昨年の本塁打王・杉本裕太郎の復調に、主軸を担う吉田正尚、福田周平、宗佑磨、中川圭太の活躍に期待。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う楽天イーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大をはじめとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)」、「楽天 vs. オリックス(09/12)」、「オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)」、「オリックス vs. 千葉ロッテ(09/22)」など計10試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/15(木)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 前半戦終了時点では5位に甘んじるも、勝率は5割以上をキープ。後半戦の巻き返しを狙う。 10勝一番乗りのエース・山本由伸を筆頭に防御率1点台の山岡泰輔、左腕の宮城大弥、そしてプロ2試合目の先発でノーヒットノーラン目前まで迫ったルーキー・椋木蓮など投手陣の層は厚い。 打撃陣も6月の月間MVPに輝いた昨年の本塁打王・杉本裕太郎の復調に、主軸を担う吉田正尚、福田周平、宗佑磨、中川圭太の活躍に期待。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う楽天イーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大をはじめとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)」、「楽天 vs. オリックス(09/12)」、「オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)」、「オリックス vs. 千葉ロッテ(09/22)」など計10試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/16)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/16(金)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/16)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ終盤戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 オールスター前まで勝率を5割で乗り切った広島東洋カープ。 6月後半に加入した秋山翔吾は既にチームの主軸として活躍。主軸を打つ坂倉将吾、R.マクブルーム、菊池涼介とチームをけん引する。西川龍馬もオールスター明けから復帰の見通し。さらに打線に厚みが増してくる。投手陣はエース・大瀬良大地や森下暢仁を始めD.アンダーソンや床田寛樹らが先発陣をけん引。クライマックスシリーズ進出を果たすにはさらに1、2枚先発ピッチャーの台頭が必要不可欠だ。「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しに期待! 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとする先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 横浜DeNA(09/02)」、「楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)」、「広島 vs. 中日(09/18)」など計7試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/16)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/16(金)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/16)』 (楽天生命パーク宮城) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ終盤戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【広島】 オールスター前まで勝率を5割で乗り切った広島東洋カープ。 6月後半に加入した秋山翔吾は既にチームの主軸として活躍。主軸を打つ坂倉将吾、R.マクブルーム、菊池涼介とチームをけん引する。西川龍馬もオールスター明けから復帰の見通し。さらに打線に厚みが増してくる。投手陣はエース・大瀬良大地や森下暢仁を始めD.アンダーソンや床田寛樹らが先発陣をけん引。クライマックスシリーズ進出を果たすにはさらに1、2枚先発ピッチャーの台頭が必要不可欠だ。「逆転のカープ」としてシーズン後半戦の巻き返しに期待! 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとする先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 1では、「広島 vs. 横浜DeNA(09/02)」、「楽天 vs. 福岡ソフトバンク(09/15)」、「広島 vs. 中日(09/18)」など計7試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 北海道日本ハム(09/16)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/16(金)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 北海道日本ハム(09/16)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 前半戦終了時点では5位に甘んじるも、勝率は5割以上をキープ。後半戦の巻き返しを狙う。 10勝一番乗りのエース・山本由伸を筆頭に防御率1点台の山岡泰輔、左腕の宮城大弥、そしてプロ2試合目の先発でノーヒットノーラン目前まで迫ったルーキー・椋木蓮など投手陣の層は厚い。 打撃陣も6月の月間MVPに輝いた昨年の本塁打王・杉本裕太郎の復調に、主軸を担う吉田正尚、福田周平、宗佑磨、中川圭太の活躍に期待。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う楽天イーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大をはじめとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)」、「楽天 vs. オリックス(09/12)」、「オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)」、「オリックス vs. 千葉ロッテ(09/22)」など計10試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 北海道日本ハム(09/16)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/16(金)17:30~22:00

[初] J SPORTS STADIUM2022 『オリックス vs. 北海道日本ハム(09/16)』 (京セラドーム大阪) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【オリックス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2年連続のリーグ優勝そして26年ぶりの日本一を目指すオリックス・バファローズ。 前半戦終了時点では5位に甘んじるも、勝率は5割以上をキープ。後半戦の巻き返しを狙う。 10勝一番乗りのエース・山本由伸を筆頭に防御率1点台の山岡泰輔、左腕の宮城大弥、そしてプロ2試合目の先発でノーヒットノーラン目前まで迫ったルーキー・椋木蓮など投手陣の層は厚い。 打撃陣も6月の月間MVPに輝いた昨年の本塁打王・杉本裕太郎の復調に、主軸を担う吉田正尚、福田周平、宗佑磨、中川圭太の活躍に期待。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差以内にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う楽天イーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大をはじめとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 3では、「オリックス vs. 福岡ソフトバンク(09/10)」、「楽天 vs. オリックス(09/12)」、「オリックス vs. 北海道日本ハム(09/15)」、「オリックス vs. 千葉ロッテ(09/22)」など計10試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[多][初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/16(金)17:55~22:00

[多][初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

[多][初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

09/16(金)17:55~22:00

[多][初] J SPORTS STADIUM2022 『中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)』 (バンテリンドーム ナゴヤ) ※野球延長により後番組の変更・休止の場合あり

ペナントレースもいよいよ後半戦!リーグ優勝、クライマックスシリーズ争いに注目! 【中日】 最下位で前半戦を終えた中日ドラゴンズ。 しかし上位とのゲーム差はわずか、後半戦の巻き返しを期待したい。 注目は投手転向で話題を集めた根尾昂。高校時代は大阪桐蔭高校で甲子園優勝投手の経験もあ。転向直後は負けている展開での登板が多かったが着実に結果を残している。後半戦では重要な場面での起用も期待したい。 野手では、前半戦終了時点でチーム最多出場、最多安打の岡林勇希。若干20歳の若竜は規定打席を目標に掲げているが、この調子を維持すればその目標も十分達成可能だ。 若手だけではなく、大野雄大や柳裕也、大島洋平、阿部寿樹ら主力陣の奮起で後半戦の上位進出を狙っていきたい。 【楽天イーグルス】 オールスター前まで、5チームが5ゲーム差の中にひしめく混戦模様のパ・リーグ。 2013年以来、9年ぶりのリーグ優勝そして日本一を狙う東北楽天ゴールデンイーグルスは、5割をキープしており、後半戦の上位進出を狙っている。 岸孝之、田中将大、則本昂大を始めとした先発陣は相変わらず層の厚さを見せる。 打撃陣は、主力の浅村栄斗がホームランランキング2位の17本と完全復調、クリーンアップを組む島内宏明とチームを引っ張っていく。 J SPORTS 2では、「楽天 vs. 北海道日本ハム(09/02)」、「楽天 vs. 千葉ロッテ(09/10)」、「中日 vs. 横浜DeNA(09/13)」、「中日 vs. 東京ヤクルト(09/16)」など計16試合を生中継! J SPORTSでは広島・中日・オリックス・楽天イーグルス4球団の主催試合を生中継!

GAORAプロ野球中継 37番組

SWALLOWS BASEBALL L!VE 2022 20番組

LIONS BASEBALL L!VE 2022 14番組

検索し直す検索し直す

一般番組 成人番組

キーワードから探す

配信番組を探す配信番組を探す

チャンネルから探す
  • このサイトでは、当日から1週間分はEPGと同等の番組情報が表示され、その先1ヶ