“ツール・ド・フランス”の番組検索結果 (シリーズ別)

一般番組 成人番組

検索ワード

絞り込み

放送日を選択
週、曜日、日指定はカレンダー上を選択

ジャンル

チャンネル

シリーズ別表示 放送日時順表示

Cycle*2022 ツール・ド・フランス 98番組

Cycle*2022 ツール・ド・フランス 休息日TV 14番組

Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 34番組

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第5ステージ (2022/08/24) ※放送開始時刻未定

08/24(水)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第5ステージ (2022/08/24) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第5ステージ (2022/08/24) ※放送開始時刻未定

08/24(水)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第5ステージ (2022/08/24) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第5ステージ (2022/08/24) ※放送開始時刻未定

08/24(水)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第5ステージ (2022/08/24) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第6ステージ (2022/08/25) ※放送開始時刻未定

08/25(木)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第6ステージ (2022/08/25) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第6ステージ (2022/08/25) ※放送開始時刻未定

08/25(木)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第6ステージ (2022/08/25) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第7ステージ (2022/08/26) ※放送開始時刻未定

08/26(金)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第7ステージ (2022/08/26) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第7ステージ (2022/08/26) ※放送開始時刻未定

08/26(金)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第7ステージ (2022/08/26) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第8ステージ (2022/08/27) ※放送開始時刻未定

08/27(土)20:05~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第8ステージ (2022/08/27) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第8ステージ (2022/08/27) ※放送開始時刻未定

08/27(土)20:05~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第8ステージ (2022/08/27) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第9ステージ (2022/08/28) ※放送開始時刻未定

08/28(日)19:35~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第9ステージ (2022/08/28) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第9ステージ (2022/08/28) ※放送開始時刻未定

08/28(日)19:35~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第9ステージ (2022/08/28) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第10ステージ (2022/08/30) ※放送開始時刻未定

08/30(火)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第10ステージ (2022/08/30) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第10ステージ (2022/08/30) ※放送開始時刻未定

08/30(火)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第10ステージ (2022/08/30) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第11ステージ (2022/08/31) ※放送開始時刻未定

08/31(水)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第11ステージ (2022/08/31) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第11ステージ (2022/08/31) ※放送開始時刻未定

08/31(水)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第11ステージ (2022/08/31) ※放送開始時刻未定

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第12ステージ (2022/09/01)

09/01(木)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第12ステージ (2022/09/01)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第12ステージ (2022/09/01)

09/01(木)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第12ステージ (2022/09/01)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第13ステージ (2022/09/02)

09/02(金)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第13ステージ (2022/09/02)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第13ステージ (2022/09/02)

09/02(金)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第13ステージ (2022/09/02)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第14ステージ (2022/09/03)

09/03(土)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第14ステージ (2022/09/03)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第14ステージ (2022/09/03)

09/03(土)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第14ステージ (2022/09/03)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第15ステージ (2022/09/04)

09/04(日)20:00~01:30

無料

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第15ステージ (2022/09/04)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第15ステージ (2022/09/04)

09/04(日)20:00~01:30

無料

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第15ステージ (2022/09/04)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第16ステージ (2022/09/06)

09/06(火)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第16ステージ (2022/09/06)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第16ステージ (2022/09/06)

09/06(火)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第16ステージ (2022/09/06)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第17ステージ (2022/09/07)

09/07(水)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第17ステージ (2022/09/07)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第17ステージ (2022/09/07)

09/07(水)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第17ステージ (2022/09/07)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第18ステージ (2022/09/08)

09/08(木)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第18ステージ (2022/09/08)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第18ステージ (2022/09/08)

09/08(木)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第18ステージ (2022/09/08)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第19ステージ (2022/09/09)

09/09(金)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第19ステージ (2022/09/09)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第19ステージ (2022/09/09)

09/09(金)22:50~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第19ステージ (2022/09/09)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第20ステージ (2022/09/10)

09/10(土)19:25~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第20ステージ (2022/09/10)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第20ステージ (2022/09/10)

09/10(土)19:25~01:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第20ステージ (2022/09/10)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第21ステージ (2022/09/11)

09/12(月)00:20~04:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第21ステージ (2022/09/11)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第21ステージ (2022/09/11)

09/12(月)00:20~04:30

[二][初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 第21ステージ (2022/09/11)

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 6番組

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第1ステージ~第9ステージ』

08/29(月)21:00~22:00

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第1ステージ~第9ステージ』

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第1ステージ~第9ステージ』

08/29(月)21:00~22:00

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第1ステージ~第9ステージ』

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第1ステージ~第9ステージ』

08/29(月)21:00~22:00

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第1ステージ~第9ステージ』

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 8月23日の週から山岳ステージが続くクライマー向けのコース設定で、最初の本格的な山岳ステージは第6ステージで、カンタブリアのサン・ミゲル・デ・アグアヨにある標高1127mでカテゴリー1のピコ・ハノへ頂上ゴール。 8月30日の第10ステージはバレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルからスタートし、アンダルシア地方を東から西へ移動。週末には第14ステージに、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラと、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!8月29日には「休息日TV」も生放送!

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第10ステージ~第15ステージ』

09/05(月)21:00~22:00

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第10ステージ~第15ステージ』

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第10ステージ~第15ステージ』

09/05(月)21:00~22:00

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第10ステージ~第15ステージ』

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第16ステージ~第21ステージ』

09/12(月)21:00~22:00

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第16ステージ~第21ステージ』

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第16ステージ~第21ステージ』

09/12(月)21:00~22:00

[初] Cycle*2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV 『第16ステージ~第21ステージ』

「ジロ・デ・イタリア」「ツール・ド・フランス」と並び、世界三大サイクルロードレース“グランツール”として数えられる「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。 スペインを舞台に開催されるシーズン最後のグランツール。見渡す限りの荒野、あるいは果てしない灼熱のオリーブ畑の中をプロトンは延々と進む。 直後の世界選手権へ向けた調整レースとしても捉えられている。 2022年大会のスタートはオランダ・ユトレヒト。当初は2020年のスタートになる予定だったが新型コロナウイルスの影響で中止となった。オランダでは3ステージが行われ、休息日を挟んでレースはスペインへと進んでいく。 バレンシア州のアリカンテでの個人タイムトライアルを終え、その後アンダルシア地方を東から西へ移動。第14ステージでは、標高1819mでカテゴリー1のシエラ・デ・ラ・パンデラ、第15ステージに標高2510mでカテゴリー超級のシエラ・ネバダで山頂フィニッシュが設定されている。 9月6日からの最終週はマドリードに向けて北上。第17、18ステージに山頂フィニッシュの2ステージを挟み、第20ステージではカテゴリー1のプエルト・デ・ナバセラダを2回上り、そして最終日9月11日にスペインの首都・マドリードでフィナーレを迎える。 J SPORTSでは全ステージを生中継!9月5日、12日には「休息日TV」も生放送! あわせて開催される、UCIウィメンズワールドツアーレース「チャレンジ by ブエルタ・ア・エスパーニャ」第5ステージも生中継!

検索し直す検索し直す

一般番組 成人番組

キーワードから探す

配信番組を探す配信番組を探す

チャンネルから探す
  • このサイトでは、当日から1週間分はEPGと同等の番組情報が表示され、その先1ヶ月後まではガイド誌(有料)と同等の番組情報が表示されます。番組や放送予定は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • このサイトは、ウェブブラウザーMicrosoft Edge最新版、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版、Safari最新版での動作を確認しております。上記以外のウェブブラウザーで閲覧されますと、表示の乱れや予期せぬ動作を起こす場合がございますので、予めご了承ください。

現在マイリストを更新中です。

番組情報を読み込み中